愚行録のレビュー・感想・評価

メニュー

愚行録

劇場公開日 2017年2月18日
148件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

全てが

最後にあっとされた。
愚行。。。

なるほどね

yomo
yomoさん / 2017年11月19日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

妻夫木くんの表情が全てを語る

正直、小説の方が面白かった。
小説の方が遠回りしながら物語が繋がって行きゾッとした記憶があったけど、映画版は時間の問題もあると思うけど、すんなり物語が進んでしまって、まぁそうだろうな。と言う感じでインパクトは薄く感じた。

映像化するとこんな鬱映画になるのか!とズンと重かったけど、妻夫木聡、満島ひかり兄妹の演技はいつもの事ながら素晴らしかった。見てるだけで子どもの頃の辛い経験が透けて見えたし、特に妻夫木くんの表情は見てるだけで辛かった。

それにしても大学ってのはろくでもない所だな。

奥嶋ひろまさ
奥嶋ひろまささん / 2017年11月18日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ありのままの一般的な群像 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

作品を見ていると、時間の経過とともにどんどん嫌な気分になります。それは登場するキャラクターの殆どすべてが所謂「感じ悪い人」だからでしょう。そういうキャラクターの多さに「人間ってこんなものじゃないはず・・・」と否定したい気持ちが湧きますが、実はその否定感情の方が綺麗ごとでしかなく、案外普通の人間像を描いてる事に気が付きます。
ミステリー作品として筋立てはよく練られており、妻夫木聡さんの感情を抑えた冷淡かつ生命力を感じない演技や、逆に田中光子(満島ひかりさん)の情念的で、ある意味純真さすら感じてしまう存在感は見ごたえがありました。
全体としての出来の良さは理解できます・・・が、私はこの作品が嫌いです。
こういう作品に対して、一定の需要があることに不安を感ぜずにいられない臆病ものなんですよね。自分は。

まんてん
まんてんさん / 2017年11月2日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  悲しい 怖い
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

こういうのが見たかった!

こういう淡々とした、ダラダラとしない展開の早いサスペンスが私は好きです。
事態の残酷さや深刻さを無理に重苦しく描いているということもありません。
1つ1つのことを詳しく説明しすぎないところもこの映画の良さだと思います。
若者特有のいやらしさを上手に描いている気がします。
全て見終わった後にこの作品のタイトルを見ると、なるほどな〜〜と思うはずです。

プリマベーラ
プリマベーラさん / 2017年10月23日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

満島ひかりの演技がたまらない。 不穏感。心の闇。

満島ひかりの演技がたまらない。
不穏感。心の闇。

まどかす
まどかすさん / 2017年10月10日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

で、結局なんなのよ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

何かね、母親の表情から最後の衝撃を描こうとか、そういう観客頼みなシーンが多すぎなんだわ全体的に。
性的虐待とか一家惨殺とか、スクールカーストみたいなこととか現代の闇みたいなのふんだんに入れりゃいいみたいな安易さを感じる。

そもそも妻夫木が何で妹の満島に手を出してたの?
何からその異常性を学んだの?両親はマトモだったのに彼だけが急におかしい人間性だったの?そんなわけなかろうが。父からの虐待、母からの性的虐待、そういう背景があったんではないの?みたいな疑問が頭をもたげて本編に沿って楽しめない。
筋が通らねー

ke_yo
ke_yoさん / 2017年9月27日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  怖い 単純
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

モヤモヤ感がのこる ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

ちょっとモヤモヤ感がのこるが考えれば考えるほど気持ち悪くなる話です
兄は妹のした事を全部知っていて、田向一家殺人事件を調べたのかも知れないとかやはり小説読んだ方が楽しめるのかな?でもこういう作品は嫌いでは無いです

おさみん
おさみんさん / 2017年9月27日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

しょうもない録!!

新鋭監督で小説の映画化というのは貴重ですが、話自体は不快を詰め込んだもので、演出がリアル調なので抵抗する者や善い部分がないというのはかえってバランスが悪く感じつまらなかったです。同じ原作者の「慟哭」は読んだ事があるので、結末ありき&人間の描写が一辺倒で面白くはないんだろうなと推測していましたが、様々な人の黒い部分が重なって殺人事件になったというプロットは一応知的な作りでした。小出恵介容疑者が女たらし役で出てくるので素の姿じゃないかと思う訳で、ネタ映画になる以前に商品価値が下がっています。直接的ではなく雰囲気がエロいのは「悪の法則」みたいで好みですが、題材は実在の慶大広告学研究会そのものなのでエロ描写はかなり抑えたのでしょう。仕方なく愚行を犯したという事は長い人生ではありますが、これは仕方ないというよりは全編しょうもない奴のオンパレードでした。

アンジェロ
アンジェロさん / 2017年9月17日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  単純 知的 寝られる
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

鬱になりたい人は見たらいいです。

そんな映画。
何処にも救いがない。

個人的には人にお勧めしたくない映画ナンバーワンです。
同じような境遇の方がいたら絶望して自殺し兼ねない。
それぐらい衝撃的。

どこまでも救いのない陰鬱とした映画で、個人的な趣味ではありませんでしたが、確かに満島ひかりさんの演技は流石でした。

が、皆さんかなり絶賛されてますが、私個人の意見としては会話や設定がかなりぎこちなく感じましたね。
冒頭の大阪弁もめちゃくちゃ違和感がありましたし、
カーディガン羽織った学生なんて今時いませんし、
田舎に住んでる田向の元カノの台詞はやたら映画的でしたし、
プールサイドでひっぱたかれたシーン、大丈夫(ニコニコ
)じゃなくて普通はどうしたの!?みたいなリアクションになるだろ。学生間の引っ叩かれ合いは日常茶飯事かw
等、とにかく気になる違和感は多々ありました。

まー、暗い映画が好きな人なら見れるんですかね。
私は鑑賞後の夜は予想通り悪夢を見ました。

KID
KIDさん / 2017年9月12日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

妻夫木、満島ともにいい意味で狂ってる作品。人間の感情の壊れていく姿...

妻夫木、満島ともにいい意味で狂ってる作品。人間の感情の壊れていく姿や脆さなどが見えてよかった。しょうもないホラーを見るよりも全然怖い

ふちふち
ふちふちさん / 2017年9月9日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

貫井ワールドの真骨頂、初の映画化!

貫井徳郎氏による原作『愚行録』が大好きであの叙述系をどう映像化するのが見所でした。

原作⇒映画のほうがすんなり入るかも。やはり原作を上回ることが出来なかったが忠実に再現されさらに独特の世界観が出ていたと思う。

なにより役者の演技力に脱帽する。配役は適役だったと思う。

強いて言えばもう少し大どんでん返し感みたかったです。

圭
さん / 2017年9月6日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

題名通り愚かです。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

キャストの方々が演技が上手い人が多くて、見ていてしっかり引き込まれました。
原作を知らずに見たのでどんな内容かも分かりませんでしたが、いろんな人の人間模様が描かれていました。
ラストの愚かな行為は、衝撃的でした。
さすがに予想はしてませんでした。
水島ひかりさんは本当に演技が上手いですね。
そしてこの兄妹の過去が本当に本当に悲しいです。
1回観た後にもう一度見返すと全てが理解しながら観れてさらに面白いです。
個人的に、1回目より2回目の方が断然面白かったです。

ゆっこ
ゆっこさん / 2017年9月5日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

原作も読め

上映館が少なくてDISCASで借りてやっとみることが出来た。脚本も良く出来ていてそれで外国資本も入っているのだろうけれど、やはり映画は自体は暗い、これでは万人受けはしないだろう、それに原作読んでなかったら理解できないかもしれない。世田谷一家殺人事件をモチーフにしているが、実際の犯行は朝鮮人だろうと思うが、被害者が高学歴というところに着目してこういう物語が生まれたのだろう、しかしこのモデルとなった慶應大学は最近では集団レイプ事件を起こすなどほんとうにゲスな大学に成り下がったようである。あっそうそう小出恵介も頑張ってたよ。

kouhei1813
kouhei1813さん / 2017年9月2日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  知的
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

愚かで、憐れで、惨めで、哀しいから好きだ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

アニメ映画や漫画の実写化ばかり話題になる日本映画界だが、本当に話題になって欲しいのは本作のような作品。
また同時に、本作のような力作がちゃんと作られる事に安心もした。

いわゆる“イヤミス小説”の映画化。
一年前に起きた裕福で幸せな一家の惨殺事件。
週刊誌記者の田中は関係者を訪ね歩くと…
事件の背後に浮かび上がる関係者たちの黒い人間模様…ってのは特別目新しいものではないが、やはりどうしても見入ってしまう。

被害者のエリート・サラリーマン、田向。
同僚は彼の死を涙を流して惜しむほどだが、調べれば次から次へと出てくる彼の過去の女性関係。
その同僚と同じ女性を分け合い、就職の為に利用して別の女性と付き合い、元カノとヨリを戻し…。
殺されるほど恨みを持たれるのは当然…?

同じく被害者、田向の妻、友季恵。
才色兼備、大学時代からマドンナ。
しかし、大学という華やかな世界の“外部”から“内部”へ昇格した成り上がり。
魅せられた男も多い一方、彼女に人生を壊された女性も少なくなく、彼女もまた妬みや恨みを…。

羨望からの嫉妬、劣等感。階級・格差…。
渦巻く負の人間模様と交錯して語られるのが、育児放棄で逮捕&精神鑑定を受けている田中の妹、光子。
何やら“秘密”を抱えている兄妹。
その暗い生い立ちは相当なもの。

一見、何の接点も無いような一家惨殺事件と妹の事件。
しかし、意外な繋がり、思わぬ衝撃の真相へ展開していく…。

終始陰のある抑えた妻夫木の演技もさることながら、本作はさながら女性たちの愛憎劇と言っても差し支えないほど、女優陣の演技が光る。
満島ひかりの精神不安定演技はさすが。
友季恵の大学時代を知る臼田あさ美、田向の元カノ・市川由衣も印象を残す。

展開は淡々と。人間関係もちと複雑。
惨殺事件の真犯人、衝撃の真相などある程度予想は付いたり出来る。
が、不穏な緊張感は持続。
見終わった後、人間関係を整理して、伏線など、もう一度見たくなる。
本作でデビューの石井慶監督の演出力は確かなもの。
『凶悪』の白石和彌もそうだが、ダーク・サスペンスを手掛けた新鋭監督は気になってしまう。次回作が楽しみだ。

登場人物誰もが、愚かで、憐れで、惨めで、哀しい。
印象的なのは、序盤とラストのバス車内。
自分たちは愚か。でも、愚かじゃない人間なんて居るものか。
一見普通そうにしてる人々の姿を、スローモーションでじっくり映し出す。
後味は悪い。
だけど、こういう映画がどうしても好きだ。

にしても、キャストの一人に本当にタイトル通りの愚かな行いをした者が居るという笑えない冗談。
でも、演技は見事だった。嫌悪させる演技が。

近大
近大さん / 2017年9月2日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい 怖い 知的
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

求不得苦

私が毎晩違う男と夜な夜な遊んでいた頃。
まだ出演している殺された俳優(名前は伏せる)が
スキャンダルを起こしていなかった頃。
私がまだ新宿に希望を抱いていた頃。
映画館で働いている男が
セックスしたあとに、
観た方がいいよ、と言っていた映画。
レンタルで見つけたので今更ながら観てみた。

この物語の重さ、歯痒さは異常だけれど
逆に思い切り針を振り切っているため
なんだか現実味が無いのが
正直な感想。
まあ、エンターテインメントとしては
最高じゃないのかしら。

白田あさ美の演技が良かったわ。
満島ひかりは 「THE_女優」

観て損は無いと思う。

まあ、要するに
欲しい物が手に入らない苦しみは
これ程ない苦しみなんだよってことよね。
寂聴が言ってたわ。

タテスジコ
タテスジコさん / 2017年9月2日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 1 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

映画の宇宙

監督の略歴を知って納得。
遠過ぎず、近過ぎないカメラ
執拗な映像トーンの一貫性
違和感を一切感じさせない音楽の浸透力
顔芸にならない演出
ストーリーの描写ではない。起こることの描写から内部のフィクションに至る。
そういう全体をこの映画の宇宙が飲み込んで、そのシッポをまたそれが飲み込んでいる。こんな日本映画見ましたという感想。
懐かしの東欧映画へのオマージュか。
次回作楽しみです。

ソウイチ
ソウイチさん / 2017年9月1日 / PCから投稿
  • 評価: -
  • 印象:  知的
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

愚か ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

救いようがないとしか言い様のないお話でした。
世の中には実際あってはならないことが知らないところで行われていると、恐怖を感じるお話でした。

ねこみ
ねこみさん / 2017年9月1日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  怖い 悲しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

見ごたえあり

面白くて見ごたえのあるストーリー展開でしたが重苦しい内容だったので、見た後のモヤモヤ感がありました。
妻夫木聡と満島ひかり、とても演技が凄かったです。

ブロッコリーミー
ブロッコリーミーさん / 2017年8月31日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

面白い

原作のかなり忠実な再現。

ただ事件な関する関係者のさまざまな語りで構成される小説に比較すると謎が解き明かされタイミングが少々早い。

小説と映画の構造上の問題もあるが、別のストラクチャーもありえたと思うし、その方が傑作になったはず。まあないものネダリながら。

満島ひかり、松本若菜の女優陣がいい。

小出がまるで現実の人生を再現するかのような浅薄さを見事に、不気味なまでに表現している(笑)

Radio21
Radio21さん / 2017年8月10日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

いや〜!今後が楽しみな監督のデビューが本当に嬉しい。 原作は未読な...

いや〜!今後が楽しみな監督のデビューが本当に嬉しい。
原作は未読なので原作との違い等、解らない部分は多いのですが。
例えば昨年公開された『怒り』と比べたら、観客の受けは絶対的に悪いでしょうね。
最後にスッキリ出来る『怒り』に対して、胸にモヤモヤが全然抜けないのだから。

でも、このどうして良いのか解らない感情の残り火は消えないままなので、観る人を選ぶ映画だと思って下さい。
カメラのアングル等、個人的にゾクゾクとする演出が随所に見受けられましたね。
そして、何と言っても満島ひかりだ!

満島ひかり。

彼女の存在は一見すると小さな存在だ!
だが、やはり満島ひかりは満島ひかりだった。
その事実を観客は最後の最後に思い知らされる。
いや〜!凄かったわ( ;´Д`)

(2017年2月18日 イオンシネマ板橋/スクリーン7)

松井の天井直撃ホームラン
松井の天井直撃ホームランさん / 2017年7月13日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

148件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi