愚行録 : 関連ニュース

ホーム > 作品情報 > 映画「愚行録」 > 関連ニュース
メニュー

愚行録

劇場公開日 2017年2月18日

関連ニュース:愚行録

第27回日本映画プロフェッショナル大賞は「勝手にふるえてろ」!松岡茉優は主演女優賞戴冠(2018年3月23日)

映画ジャーナリスト・大高宏雄氏が主宰する第27回日本映画プロフェッショナル大賞(略称:日プロ大賞)のベストテン、および、個人賞が発表された。ベストテン1位に輝いた大九明子監督作「勝手にふるえてろ」は、個人賞の作品賞、主演女優賞(松岡茉優)も受賞している。なお、授賞式は4月26日に東京・テアトル... 続きを読む

妻夫木聡、映像化初企画の「イノセント・デイズ」で追求した“当たり前”という概念(2018年3月17日)

俳優・妻夫木聡が初めて自ら映像化を企画したドラマ「イノセント・デイズ」が、3月18日からWOWOWプライムで放送される。2014年に発表され、第68回日本推理作家協会賞(長編及び連作短編集部門)を受賞した早見和真氏の同名小説(新潮文庫刊)を、「愚行録」の石川慶監督の演出で映像化。妻夫木が、幸せ... 続きを読む

妻夫木聡、ハイエナのように企画を横取り?(2018年3月13日)

妻夫木聡が主演・企画したWOWOWの連続ドラマW「イノセント・デイズ」第1話の完成披露試写会が3月12日、東京・丸ビルホールで行われ、出演の妻夫木聡、竹内結子、新井浩文、芳根京子、石川慶監督、原作の早見和真氏が挨拶に立った。同作は元交際相手のアパートに火を放ち、妻子を死なせたとして死刑が確定し... 続きを読む

竹内結子が死刑囚に!妻夫木聡主演「イノセント・デイズ」に新井浩文、芳根京子ら集結(2018年1月25日)

妻夫木聡主演で、早見和真氏の小説を映像化する連続ドラマW「イノセント・デイズ」に、竹内結子、新井浩文、芳根京子らが出演することがわかった。今作は、第68回日本推理作家協会賞(長編及び連作短編集部門)を受賞した同名小説(新潮文庫刊)を、「愚行録」の石川慶監督が映像化したもの。佐々木慎一(妻夫木)... 続きを読む

妻夫木聡「愚行録」の石川慶監督と再タッグ!ドラマ「イノセント・デイズ」に主演(2017年12月20日)

俳優の妻夫木聡が、早見和真氏の小説を映像化する連続ドラマW「イノセント・デイズ」に主演することがわかった。妻夫木にとって連続ドラマへの出演は「若者たち2014」以来3年半ぶりのこと。「連続ドラマW」枠への参加は初となり、女性死刑囚の無実を信じ続ける男性を熱演している。第68回日本推理作家協会賞... 続きを読む

「新藤兼人賞」は海外でも活躍する長谷井宏紀監督が金賞、石川慶監督が銀賞受賞(2017年12月8日)

将来性のある新人監督と優秀なプロデューサーに授与される2017年度の「新藤兼人賞」授賞式が12月8日、都内で行われた。同賞は、日本の独立プロダクション52社によって組織される日本映画製作者協会に所属する、日本映画界の人材育成を目指す製作者(プロデューサー)たちにより96年に創設され、「この監督... 続きを読む

パリの日本映画祭キノタヨ 観客が選ぶ最高賞に女性監督の3作品(2017年11月21日)

第12回目を迎えたパリの日本映画祭キノタヨが11月2日(現地時間)から18日間にわたって開催され、20日に閉会式を迎えた。今年のコンペティションは計10本。過去にキノタヨに選出されたことのある廣木隆一監督や荻上直子監督から、初長編を出品した石川慶監督、小森はるか監督ら新世代まで実力派が揃い、作... 続きを読む

満島ひかり、綱渡りだった「愚行録」で“新しい自分”を発見!(2017年10月27日)

第135回直木賞候補作になった貫井徳郎氏の小説を映画化した「愚行録」が10月27日、第30回東京国際映画祭Japan Now部門の特集企画「銀幕のミューズたち」で上映され、満島ひかり、メガホンをとった石川慶監督がTOHOシネマズ六本木ヒルズでのティーチインに臨んだ。本作は、未解決のエリートサラ... 続きを読む

安藤サクラ×蒼井優×満島ひかり×宮崎あおいを蜷川実花が撮影!東京国際映画祭ビジュアル披露(2017年10月8日)

第30回東京国際映画祭(10月25日~11月3日)のスペシャルビジュアルが、このほど披露された。「Japan Now」部門の特集企画「Japan Now 銀幕のミューズたち」に登場する安藤サクラ、蒼井優、満島ひかり、宮崎あおいを、写真家・映画監督の蜷川実花氏が撮影。公式サイト(www.tiff... 続きを読む

第9回TAMA映画賞作品賞は「散歩する侵略者」&「夜空はいつでも最高密度の青色だ」(2017年10月5日)

国内映画賞の先陣を切る第9回TAMA映画賞の受賞作品および、受賞者が発表された。作品賞は、黒沢清監督作「散歩する侵略者」と、石井裕也監督作「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」に決定した。TAMA映画フォーラム実行委員会は、「散歩する侵略者」を「侵略者の地球襲来を通して不穏さを帯びる現代社会... 続きを読む

27件中、1~10件目を表示

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi