14の夜
ホーム > 作品情報 > 映画「14の夜」
メニュー

14の夜

劇場公開日

解説

「百円の恋」で第39回日本アカデミー賞の最優秀脚本賞を受賞した脚本家・足立紳の監督デビュー作。「百円の恋」同様の足立によるオリジナル脚本作品で、1987年の田舎町を舞台に、性への妄想を膨らませる中学生たちの姿を、バカバカしくも真面目に描いた青春劇。町に1軒だけあるレンタルビデオ屋でAV女優・よくしまる今日子のサイン会が開催されることを知ったタカシら4人の中学生は、まだ見ぬ女性の胸への憧れに駆り立てられる。主人公タカシ役はオーディションで選出された新人の犬飼直紀が演じ、光石研、濱田マリ、門脇麦、和田正人、浅川梨奈(SUPER☆GiRLS)、健太郎らが共演する。

スタッフ

監督
脚本
足立紳
製作
間宮登良松
狩野善則
エグゼクティブプロデューサー
加藤和夫
プロデューサー
佐藤現
坂井正徳
アソシエイトプロデューサー
古川一博
撮影
猪本雅三
照明
安部力
録音
西條博介
美術
将多
衣装
天野多恵
ヘアメイク
大久保恵美子
編集
洲崎千恵子
音楽プロデューサー
津島玄一
音楽
海田庄吾
主題歌
キュウソネコカミ
助監督
松倉大夏
監督補
大崎章
スクリプター
佐山優佳
キャスティング
北田由利子
製作担当
村山大輔

キャスト

作品データ

製作年 2016年
製作国 日本
配給 SPOTTED PRODUCTIONS
上映時間 113分
映倫区分 PG12
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
3.5 3.5 (全14件)
  • さえない青春を微熱で活写。ダメ親父な光石研が最低で最高 「中二病」という言葉に象徴される、14歳頃の心の状態。自意識過剰で、性的な興味と妄想で頭が一杯、でも仲間も大事で、やる気が出たり出なかったり。 十代の成長物語といえば、少年ジャンプの三大原則でも... ...続きを読む

    AuVis AuVisさん  2016年12月27日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • ちょいエロな和製「スタンド・バイ・ミー」を聖夜に是非ご覧あれ! ダメ教師を絵に描いたような父親、愚痴ってばかりの母親、ダメ息子を擁護することしか知らない祖母。そんな安らぎも感動もない家で鬱屈した日々を送っている14歳のタカシが、同じく、パッとしない仲間たちと... ...続きを読む

    MP MPさん  2016年12月20日  評価:4.5
    このレビューに共感した/0人
  • こんな奴らもいたっけな それなりに共感できる部分もあった。 が、中学生?。高校生っぽいところもあるような・・・ 彼らが日本を背負えるかは疑問ですが、それなりに頑張っているんだと思えるのがほほえましい。 しかし、女の子は... ...続きを読む

    シネパラ シネパラさん  2017年1月6日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「14の夜」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi