ジェイソン・ボーン
ホーム > 作品情報 > 映画「ジェイソン・ボーン」
メニュー

ジェイソン・ボーン

劇場公開日

解説

マット・デイモンが、記憶を失った最強の暗殺者ジェイソン・ボーンに扮する人気アクションサスペンスのシリーズ第5作。「ボーン・アイデンティティー」「ボーン・スプレマシー」「ボーン・アルティメイタム」の3部作を手がけたポール・グリーングラス監督とデイモンが、9年ぶりにシリーズ復帰を果たし、ジェイソン・ボーンの新たな戦いを描いた。世間から姿を消して静かに生活していたジェイソン・ボーンのもとに、CIAの元同僚のニッキーが現れる。ニッキーは、CIAが世界を監視・操作するために極秘プログラムを始動させたこと、そしてボーンにまつわる、ある驚きの真実を告げる。これをきっかけにボーンは再び動き始めることとなり、追跡を任されたCIAエージェントのリーは、ボーンを組織に取り込むことを画策するが……。ボーンの追跡を指揮するCIA長官デューイ役で名優トミー・リー・ジョーンズ、その部下となるリー役で「リリーのすべて」のアリシア・ビカンダーがシリーズ初参加。

作品データ

原題 Jason Bourne
製作年 2016年
製作国 アメリカ
配給 東宝東和
上映時間 123分
映倫区分 G
オフィシャルサイト  

特集

忘れていないか?「ボーン」シリーズこそが《本物の中の本物》「俺たちの最強の男」が帰ってきた!
特集

前作から9年、マット・デイモン主演×ポール・グリーングラス監督によるジェイソン・ボーンが帰ってくる。シリーズ最新作「ジェイソン・ボーン」公開を前に、今こそ「俺たちの最強の男」の衝撃を思い出せ!特集

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

妥協を許さぬ黄金タッグが、圧倒的な臨場感の中で放つ渾身の一撃
ジェイソン・ボーンの映画評論・批評

“ボーン”3部作が映画界に遺したものは大きい。このシリーズはアクション映画が単なる絵空事ではなく、描き方次第で現実世界に肉薄できることを教えてくれた。マット・デイモンは続編の可能性について「グリーングラス監督なしには絶対にありえない」...ジェイソン・ボーンの映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.5 3.5 (全247件)
  • 四十半ばのデイモン奮闘するも物足りない感 序盤のアテネでは、追われるボーンと、追うCIAチーム&ヴァンサン・カッセル扮する凄腕暗殺者のスリリングなチェイスで、最新のインテリジェンス技術を効果的に見せつつ楽しませる。 マット・デイモンはビ... ...続きを読む

    AuVis AuVisさん  2016年10月7日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • ボーンが好きだから見てて違和感&辛かった ネタバレ! 個人的にはボーンスプレマシーが最高傑作だと思っています。 本作を作るためだけにボーンは社会に適応できず辺境でストリートファイトをして生活をしていたという設定で始まった時点で不安と違和感でいっぱい... ...続きを読む

    ILL_akihiro ILL_akihiroさん  2017年1月9日  評価:2.0
    このレビューに共感した/0人
  • 酒と画面に酔う一本 仕事終わりに生ビール飲みながら鑑賞。酒に酔ってるのか?はたまた画面に酔ってるのか?とにかく目の前がグワングワンしてた。シリーズ1作目しか知らず、全く思い入れもなく観たので、まぁこんなもんなんでし... ...続きを読む

    yookie yookieさん  2017年1月7日  評価:2.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

「ジェイソン・ボーン」シリーズ関連作品

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi