ジェイソン・ボーン : 映画評論・批評

ジェイソン・ボーン

劇場公開日 2016年10月7日
2016年10月4日更新 2016年10月7日よりTOHOシネマズスカラ座ほかにてロードショー

妥協を許さぬ黄金タッグが、圧倒的な臨場感の中で放つ渾身の一撃

“ボーン”3部作が映画界に遺したものは大きい。このシリーズはアクション映画が単なる絵空事ではなく、描き方次第で現実世界に肉薄できることを教えてくれた。マット・デイモンは続編の可能性について「グリーングラス監督なしには絶対にありえない」と語ってきたが、あれから約10年、彼らはおもむろに持ち場につき、遂に念願のミッションを始動させることとなった。

我々が待ち続けた10年は、世界のどこかに身を潜めるジェイソン・ボーンの10年でもある。「ボーン・アルティメイタム」(07)のラストから今日この日まで、きっとボーンは一瞬の安らぎすら得ることなく生きてきたのだろう。その表情は複雑さを増し、自らの肉体を痛めつけることでギリギリの精神状態を保っているようにも見える。そんな矢先、彼の目の前に一人の女性が現れたことで、運命の歯車が回り始めるのだが————。

端的に言うと本作は、かつて彼がCIAの暗殺者養成プログラム“トレッドストーン”に自ら志願した理由を解き明かす物語だ。そして今回もさすがグリーングラス、すっかり様変わりした世情を織り交ぜ、またも観客を“状況”の只中へと突き落とす。とりわけ序盤に描かれるアテネの抗議デモのシークエンスは「ブラディ・サンデー」(02)を彷彿させる臨場感で、そのままボーンの内面に巻き起こる感情のせめぎ合いを投影しているかのようにも思える。

画像1

対するCIA側もスノーデン事件以降の激変ぶりが見て取れ、そこに分析官として登場するアリシア・ヴィキャンデルの存在が新たな価値観、倫理、意志のあり方を突きつける。微塵の笑顔も見せないそのストイックさはボーンに匹敵するほど鮮烈だ。さらにCIA長官を演じるトミー・リー・ジョーンズの一筋縄ではいかない無骨さにも久々にゾクゾクさせられっぱなし。

三者三様のぶつかり合いを描きつつ、すべての点と線はベルリン、ロンドンを経て、眠らない街ラスベガスへと向かう。影の世界にうごめくボーンと煌びやかな街並みというまるで正反対の要素の掛け合わせにも驚かされるが、もっと仰天するのはそこで巻き起こる豪放なアクションだ。シリーズの常識を覆すこのボルテージ、筆者の目にはある意味、ボーンの復活を祝福するボーナス・ステージのように映ったほどである。

かくもあらゆる瞬間にほとばしる濃厚なケミストリーをそのままの熱量で封じ込めた本作。やはり彼らはやってくれた。妥協を許さぬ監督と主演のコンビだからこそ成し得たこの渾身の一撃を、ぜひスクリーンの臨場感に飲み込まれながらリアルに体感してほしい。

牛津厚信

関連コンテンツ

特集

忘れていないか?「ボーン」シリーズこそが《本物の中の本物》「俺たちの最強の男」が帰ってきた!
特集

前作から9年、マット・デイモン主演×ポール・グリーングラス監督によるジェイソン・ボーンが帰ってくる。シリーズ最新作「ジェイソン・ボーン」公開を前に、今こそ「俺たちの最強の男」の衝撃を思い出せ!特集

関連ニュース

関連ニュース

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

映画レビュー

平均評価
3.5 3.5 (全255件)
  • なんかなぁ クライマックスは良かった 人は繰り返すんだなぁと思った でも、私には愛国心っていうものがわからないから、なぜ父親の仇と愛国心を天秤にかけて葛藤するのかわからなかった。アメリカの映画は愛国心を推... ...続きを読む

    lily lilyさん  2017年3月20日 01:27  評価:2.0
    このレビューに共感した/0人
  • 前作までかなぁ 面白かったです。 マットデイモン、年取ったなぁ。 ...続きを読む

    113/cocoro 113/cocoroさん  2017年3月18日 18:09  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • 最高♡♡♡♡♡ ボーンシリーズを忠実に守り抜いた作品 マット・デイ... 最高♡♡♡♡♡ ボーンシリーズを忠実に守り抜いた作品 マット・デイモンのボーンらしさは、 年を重ねても仕草など変わらないから リアリティが増したと感じました(*´ч`*) ボーンファンなら満足... ...続きを読む

    ゆかこ ゆかこさん  2017年3月11日 23:00  評価:4.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

新作映画評論

  • キングコング 髑髏島の巨神 キングコング 髑髏島の巨神 コングの勇姿と敵モンスターとの死闘が、怪獣映画の本質とは何かを教えてくれる。
  • ムーンライト ムーンライト 少年の成長譚から、甘酸っぱく狂おしいメロドラマへ。映画は見事な大変身を遂げる
  • はじまりへの旅 はじまりへの旅 繊細でエキセントリックな魅力を放つ、ヴィゴ・モーテンセン版「リトル・ミス・サンシャイン」
新作映画評論の一覧を見る
Jobnavi