湾生回家
ホーム > 作品情報 > 映画「湾生回家」
メニュー

湾生回家

劇場公開日

解説

戦前の台湾で生まれ育った日本人を指す「湾生」たちが、故郷である台湾に里帰りし、懐かしい人びとを訪ねるドキュメンタリー。1895年の下関条約締結から、終戦の1945年まで、日本の統治下にあった台湾。この時代に公務員や企業の駐在員、移民として海を渡った農業従事者などが日本から台湾へと移り住んだ。彼らの大半は日本の敗戦後、中華民国の方針により、日本本土に強制送還された。その数は50万人にもおよび、そのうち、台湾で生まれ育った「湾生」は約20万人といわれている。戦後70年で高齢化した「湾生」たちが、日本から生まれ故郷の台湾の地を訪れる姿を追い、彼らの人生、引揚者の思いが描かれる。本作は台湾のアカデミー賞ともいわれる金馬奨で最優秀ドキュメンタリー作品にノミネート、大阪アジアン映画祭2016で観客賞を受賞。

作品データ

原題 湾生回家 Wansei Back Home
製作年 2015年
製作国 台湾
配給 太秦
上映時間 111分
映倫区分 G
オフィシャルサイト  

映画レビュー

平均評価
3.8 3.8 (全3件)
  • 故郷の記憶 生まれ育った土地の記憶はいつまでも輝きつづける 苦楽を共にした友人、いつも遊んだ場所、故郷とは失わなければ気づかないかけがえのない場所なのかも知れない。 いつまでも当たり前のように存在しているか... ...続きを読む

    フリント フリントさん  2017年1月14日  評価:-
    このレビューに共感した/0人
  • ふるさと 生まれ育った地は、ふるさととして一生心に残る。 遠く引き離されたことが、その思いを一層強くしたのでしょう。 ...続きを読む

    こうめい こうめいさん  2016年12月10日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • 感動の実話 中国残留孤児や北方領土の悲惨な話は有名だが、台湾から引き揚げた日本人の話はあまり語られることはない。この映画は日本統治時代(1895〜1946年)の台湾で生まれ育った人たちの話。台湾のドキュメン... ...続きを読む

    陸恵 陸恵さん  2016年11月14日  評価:4.5
    このレビューに共感した/1
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「湾生回家」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi