ジーサンズ はじめての強盗 : 映画評論・批評

ジーサンズ はじめての強盗

劇場公開日 2017年6月24日
2017年6月20日更新 2017年6月24日より新宿ピカデリーほかにてロードショー

レジェンズの面目躍如!絶妙なバランス感覚で魅せる痛快コメディ&ドラマ

40年以上働いた会社から年金の支払いを停止された友人トリオが一念発起して銀行強盗を企てる。彼らの奮闘&友情を描く、痛快コメディにしてヒューマンドラマ。

なにはさておき、主人公を演じる80歳のモーガン・フリーマン(ウィリー)、83歳のマイケル・ケイン(ジョー)、82歳のアラン・アーキン(アル)という、アカデミー賞俳優たちの夢の共演が話題であり、最大の見どころであることは間違いない。コメディだからといって大げさな芝居やキャラクター付けをせず、毒舌まじりの掛け合いや、無言の時間を気にしない空気感、言外の意味を匂わせる表情で、3人の関係性を構築するアプローチはさすがレジェンズ。

銀行強盗決行を決意してからは、万引きの実地練習でジョーが運転する電動ショッピングカートの前カゴにウィリーが乗せられて公道を走るシーンや、射撃の訓練でアルがふっとばされてアタアタするシーンなどがあるが、それらも最低限のコミカルさに抑制されている。監督のザック・ブラフがベタな老人キャラという枠に3人をはめず、リスペクトをもって演出していることが伝わってくるから、本作は徹頭徹尾、喉越しがいいのである。

画像1

一方で、強盗にびびった銀行員がお小水を漏らし、クリストファー・ロイドが振り切った老人キャラで爆笑を誘う。必要最小限のザ・コメディ的アクセントを脇役に振り分けることで、引っかかりを残すバランス感覚も見事である。

社会的弱者の彼らが、失った年金相当額だけを、圧倒的強者の銀行から取り返すという法的にはアウトだが共感できるシナリオを手掛けたのは、ビル・マーレイ主演の「ヴィンセントが教えてくれたこと」や、「ドリーム」の脚本&監督を務めたセオドア・メルフィ。年金不安が叫ばれる少子高齢化社会の日本人ならずとも、彼らが直面する問題は他人事じゃない。だから住宅ローンや病気、恋愛にまつわるサイドストーリーに関しても、心のなかで声援を送りっぱなしだ。

気づけば優れたケイパー映画でもあった物語がエンディングに到達しようかという頃に、ジョーと観客は、本筋に影響のない意外な事実を知らされるのだが、それがすさまじく粋! コース料理で観客を満足させたのに、邪魔にならないお土産も持たせてくれるメルフィの仕事にも注目だ。

須永貴子

関連コンテンツ

特集

主演全員がオスカー俳優! 面白くないわけがない!《3人のレジェンド》が教えてくれる「人生あきらめるのはまだまだ早い!」
特集

アカデミー賞受賞の名優、モーガン・フリーマン、マイケル・ケイン、アラン・アーキンが一堂に会し、奪われた年金を取り戻すべく銀行強盗に挑むジーサンたちを快演する「ジーサンズ はじめての強盗」が、6月24日に公開される。大いに笑った後は、き...特集

関連ニュース

関連ニュース

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

映画レビュー

平均評価
3.6 3.6 (全73件)
  • 愉快痛快、ほっこり最高 とにかく、最高です。 3人の「爺さんなりに、生きている」名演技もそうですが。 巧みな話の展開、伏線、そしてそれがわかったときの驚き。 手をたたいて笑い、びっくりし。忙しかったです。 100分弱に... ...続きを読む

    fukui42 fukui42さん  2018年4月6日 15:56  評価:5.0
    このレビューに共感した/0人
  • 元気だなー 歳をとるのは生きてる上で当たり前のこと 動けるうちに出来るだけ動いておかなきゃ めんどくさいとか言って何するにも億劫になり 自分で自分に言い訳して諦めていつのまにか引きこもりになったりする人を何... ...続きを読む

    カルヴェロ1952ll カルヴェロ1952llさん  2018年3月19日 18:15  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • ジーサン なんといっても、ジーサンズ3人の関係がステキでした。「世界一不幸なのは日本のオジさん」という記事を読んだ事がありますが、不幸な要因に「孤独」「友人がいない」とあったので、幸せになるのはジーサンズ... ...続きを読む

    ミカ ミカさん  2018年3月18日 06:53  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

新作映画評論

  • 君の名前で僕を呼んで 君の名前で僕を呼んで ティモシー・シャラメの輝かしい魅力に満ちた主演デビュー作
  • リズと青い鳥 リズと青い鳥 手を強く握るだけではなく、その手を解くことの大切さ。静かで細やかな演出が見事
  • パティ・ケイク$ パティ・ケイク$ 三世代の母娘を演じた役者たちの “生き様”と呼ぶしかない、演技を超えたヤバさ
新作映画評論の一覧を見る
Jobnavi