エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に
ホーム > 作品情報 > 映画「エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に」
メニュー

エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に

劇場公開日

解説

リチャード・リンクレイター監督が1980年代の大学野球部を舞台に描いた青春群像劇。70年代の高校卒業式前夜を描いた出世作「バッド・チューニング」や、ひとりの少年が大学生になるまでを12年間かけて撮影したオスカーノミネート作「6才のボクが、大人になるまで。」の精神的続編とも言える作品で、大人への扉をあける青春のひと時を描いている。大学野球部の仲間たちが、新学期が始まるまでの3日間に織り成す人間模様を、懐かしの80'sサウンドに乗せて描き出す。出演はテレビシリーズ「glee」のブレイク・ジェンナー、「ヴァンパイア・アカデミー」のゾーイ・ドゥイッチ、テレビドラマ版「ティーン・ウルフ」のタイラー・ホークリン。

作品データ

原題 Everybody Wants Some
製作年 2016年
製作国 アメリカ
配給 ファントム・フィルム
上映時間 117分
映倫区分 PG12
オフィシャルサイト  

特集

「6才のボク」の“続編的な物語”にして青春ムービーの新たな傑作が登場!“青春マイスター”リチャード・リンクレイター監督が描く バカやってばっか! だけどものすごく深い、みんな輝いていたあの時間!
特集

「6才のボクが、大人になるまで。」「ビフォア」3部作のリチャード・リンクレイター監督、待望の最新作「エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に」が11月に公開を迎える。80年のテキサス州の大学を舞台に、野球部メンバーたち...特集

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

青春という名の鮮やかな夢を、まどろむように追体験する2時間
エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中にの映画評論・批評

楽しい夢から覚めたとき、あの夢の中へ戻れたらいいのにと思う。かつて“青春”と呼べる時代を過ごした人なら、折に触れ懐かしく思い出し、やはり――無理だとわかっていても――あの頃に戻れたらと願う。その意味で、青春は夢に似ている。本作は端的に...エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中にの映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.7 3.7 (全26件)
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi