ミモザの島に消えた母 : 映画評論・批評

ミモザの島に消えた母

劇場公開日 2016年7月23日
2016年7月12日更新 2016年7月23日よりヒューマントラストシネマ渋谷ほかにてロードショー

ノアールムーティエ島の孤立した風光がすばらしく、哀感に満ちた感銘を与える

引潮の時に、束の間の数時間だけ〈海の中道〉が現れる西仏の「ミモザの島」を舞台に、30年前に謎の溺死を遂げた母の記憶に憑りつかれ、そのトラウマから抜け出そうともがくアントワーヌ(ローラン・ラフィット)の苦悩を描く。原作は「サラの鍵」でナチの収容所体験のトラウマを背負った少女サラと彼女の戦後史を探索するヒロインを対比させ、戦争という災厄のおぞましい傷痕を“記憶と現在”という主題として探求したタチアナ・ド・ロネの「ブーメラン」。戦争をある家族の偽史に置き換えただけで、ほぼ同一のモチーフを扱っているといえるだろう。

冒頭、母の30回忌で島を再訪したアントワーヌと妹のアガット(メラニー・ロラン)が、帰路、互いに「現実を直視していない」と口論となり、車の横転事故を起こすシーンが印象的だ。二度にわたって反復されるこの場面は、エピローグで、波打ち際にうち棄てられた事故車の衝撃的な光景に結びつくシンボリックなイメージであったことに気づかされるからだ。

画像1

アントワーヌは離婚、失業、娘との不和とさまざまなトラブルを抱えながら、母の死の真相を禁忌のように封印し続ける父と祖母を、時には激しく指弾し、背後にある謎に迫ろうとする。そこから母にとってかけがえのない一人の人物が浮かび上がってくる。

往年のクロード・シャブロルの田園ミステリのようなダークで苦い味わいがあるのは、祖母を演じた名女優ビュル・オジエの憎々しいまでの存在感ゆえかもしれない。

なによりもヒッチコックの「」の舞台となったボデーガ湾を思わせるノアールムーティエ島の孤立した風光がすばらしい。ラスト近く、〈海の中道〉を一台の車が疾走するだけのシーンが、これほどまでに哀感に満ちた感銘を与えるのは稀有なことである。

高崎俊夫

関連コンテンツ

関連ニュース

関連ニュース

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

ミモザの島に消えた母[DVD] アンタッチャブルズ[DVD]
ミモザの島に消えた母[DVD] アンタッチャブルズ[DVD]
発売日:2017年1月18日 最安価格: ¥3,175 発売日:2013年8月23日 最安価格: ¥2,873
Powered by 価格.com

映画レビュー

平均評価
3.1 3.1 (全11件)
  • 淡々と展開していくようでそれぞれの悲しみが隠れている。 淡々と展開していくようでそれぞれの悲しみが隠れている。 ...続きを読む

    hctcl hctclさん  2017年11月5日 22:31  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • こんな道路は危ない 30年前に亡くなった母の死因に疑問を抱いていた兄妹が、遺体が見つかったミモザの島を訪れる。 祖母、父、お手伝いさんは何か隠して様子。 この島に渡る道路は満潮時は海面下となる危ない代物。 こんな結... ...続きを読む

    いやよセブン いやよセブンさん  2017年8月15日 21:21  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • まあまあかな。 勝手に不倫かなと思ってたけど、こう来たか!って意外だった。 全体的にみんなが怒ってて怒鳴り合ってる、特に主役のお兄さん。そのお兄さんに敬意を表するとか、誇りに思うとか、何言っちゃってんの? 期待... ...続きを読む

    okuy okuyさん  2016年11月5日 23:54  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

新作映画評論

  • ジャスティス・リーグ ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなた 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督) 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
新作映画評論の一覧を見る
Jobnavi