サラの鍵
ホーム > 作品情報 > 映画「サラの鍵」
メニュー

サラの鍵

劇場公開日

解説

タチアナ・ド・ロネの同名ベストセラー小説を、クリスティン・スコット・トーマス主演で映画化。1942年のフランス、パリ。ユダヤ人の迫害が過激化するある日、幼い弟を納戸に隠したサラは、納戸の鍵を手にしたまま収容所へ送られてしまう。そして現代。アメリカ人ジャーナリストのジュリアは、ユダヤ人迫害事件を取材するうちに、あるユダヤ人家族の悲劇を知り……。第23回東京国際映画祭で監督賞と観客賞を受賞。

作品データ

原題 Elle s'appelait Sarah
製作年 2010年
製作国 フランス
配給 ギャガ
上映時間 111分
映倫区分 G
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

戦禍がもたらす傷痕を<記憶と現在>の問題として描いたミステリードラマ
サラの鍵の映画評論・批評

ナチス占領下でのフランス警察によるユダヤ人迫害の最もおぞましき汚点として語られる<ベルディブ(冬季競輪場)事件>は、これまでにも傑作「パリの灯は遠く」を始めとして幾度か映画化されている。この作品がユニークなのは、対独協力(コラボ)とい...サラの鍵の映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.8 3.8 (全11件)
  • とても 見応えのある作品だった。この歴史的事件をもっともっと詳しく知っていれば、またさらに違った見方ができたかもしれない。 見せ方も素晴らしく、ラストシーンが最高。自然と涙が溢れた。 観て良かったと思え... ...続きを読む

    Riko Rikoさん  2015年7月2日  評価:4.5
    このレビューに共感した/0人
  • ユダヤ人問題 他の人のレビューでも有るとおり、後半はもっと上手い持って行き方があるとは思う。 でも、プロバガンダ的なユダヤ人可哀相映画にはなっておらず、好感が持てた。 ...続きを読む

    佐ぶ 佐ぶさん  2014年6月20日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • サラの鍵 「黄色い星の子供たち」と同じ題材を扱っているが、アプローチが全く違う。どっちも良さはあると思うが、この作品の方がより映画的である。C.S.トーマスの魅力、ラストシーンの秀逸さ。美しい。上手い。泣ける。 ...続きを読む

    Tak Takさん  2013年10月17日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

動画配信検索

以下のサービス経由で、この作品の全編を今すぐ視聴できます。

サラの鍵 サラの鍵 サラの鍵 サラの鍵
サラの鍵 サラの鍵 サラの鍵 サラの鍵
2013年11月26日 2016年11月16日 2016年11月18日 2016年12月5日
¥300 ¥650 ¥1,990 ¥324
Amazonビデオ Netflix U-NEXT 青山シアター
1ヵ月無料 ※31日間無料

他のユーザーは「サラの鍵」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi