何者のレビュー・感想・評価

メニュー

何者

劇場公開日 2016年10月15日
306件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

"新旧"若手実力派俳優たちが類型を凌駕!

生活のために就活せざるを得ない就活生、人生の理想を実現したい就活生、自分のスキルをどう活用すべきかが実は分かってない就活生、就活になど意味はないと言いつつ説明会会場へと急ぐ就活生、そして、そんな彼らを冷徹な目で分析しているだけの就活生である主人公、拓人も含めて、自分が"何者"かを探しあぐねている若者たちを通して、改めて、我が道を往くことの過酷さが浮かび上がる。各キャラクターを演じる"新旧"若手実力派俳優たちから、類型を凌駕する力演を引き出せたのは、監督の三浦大輔自身が劇作家として険しい道を歩んできた人であり、没個性へとひた走る日本社会に強い危惧感と怒りを感じているからではないだろうか。

MP
MPさん / 2016年10月8日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  笑える 楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 5 件)

難しい

難しい

あさごん
あさごんさん / 2017年8月21日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

これから就活する年代として

まだ就活というものを経験したことがないがずっと気になってた作品。
あの5人の就活部屋のシーンを見る度に「何もないのによく集まるなこいつら」という目で見てしまっていた。
ラストの方で一気に主人公の裏垢ツイートが紹介されたが罵ってはいるが文章が上手い。脚本家目指せばいいのになんて思った。
この映画で伝わってきたこと、教えられたことは就活は「個人戦」だと言うこと。いちいち内定もらった友人のお祝いなんてしてられない。「早く決まって気楽で羨ましい」という感想だ。

여유
여유さん / 2017年8月17日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  怖い 興奮 知的
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

就活を通じて、自分が何者であるかを模索する大学生5人のドラマ。自分...

就活を通じて、自分が何者であるかを模索する大学生5人のドラマ。自分以外の他者を冷ややかにツイートするが、自分自身も結果の出ない状況…人間の嫌な本音の部分が垣間見れ泥臭い。で、何?って印象が残った。

のぐりん
のぐりんさん / 2017年7月29日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

就活生向けの傑作 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

ずっと気になっていて楽しみにして観た分、何とも言えない気分になる作品でした。
見せ方は凄く面白く期待を裏切る物語だったと思います。
けど結末もなく悪く言えば、Twitterと就活の話でした。
何も伝えたいことも感じなくて、ボーナスに入ってる就活講座みたいなのを見て正直気持ちが悪かった。リクナビの就活斡旋映画みたいに見えて凄く残念でした。

yudai8
yudai8さん / 2017年7月22日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  寝られる
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

退屈せずみれたけど、おもしろい!までとはいかなかったです

退屈せずみれたけど、おもしろい!までとはいかなかったです

へまち
へまちさん / 2017年7月11日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

現代の若者の誰しもが抱える心の闇

Twitterというコンテンツを通し、主人公の本音が解るストーリーという、まさに現代の若者の象徴みたいな話な気がしました。

本人の前では、その人の事を励まし何でも無いように振舞って仲良くするけれど、心の中ではその人を妬み、否定し、悪くいう。

私は、Twitterというコンテンツでまさに、こういった経験があり、Twitterが怖くなってしまった人間なので、Twitterという人が簡単に見れると解っていて間接的にひとを傷つけるやり方が凄く苦手です。

話の流れはそれだけな気がして、映画の予告では、就職活動に頑張る若者の話!という紹介ですが、実際は、Twitterで悪口書いてるだけの若者の話

落ちも正直、何が伝えたかったのか解らなかったです。あれだけ、宣伝してた割には…という感じです

涼
さん / 2017年7月7日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  単純
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

現代の象徴

こんな人ばかりな気がする。

夢を追って泥臭く努力する人を、
見下すことで自分を保つ。

ツイッターのアカウントごとに性格を使い分け。人からどう見えるかだけが大事で、自分の中身を磨く気は更々ない。

胸糞悪いけど、必要な映画だと思う。

自らの思考に疑問を持つ人が増えるきっかけになれば。

かく言う私も、無我夢中になれてなかったなと反省し、すこし泣けた。

Miz
Mizさん / 2017年7月4日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

すごくひりひりする

予告を見ていて、ヤダみが炸裂してるな!と感じて劇場鑑賞をスルーしていました。

家でBD鑑賞して、やられた!と!
桐島よりも、ひりひりして、釘づけになりました。
自分を投影してしまって、辟易する一方で愛おしくて、ほんと、上手く社会にでて、仕事して、たくさんの人と出会って学んでいたいめみて、でも幸せ見つけて欲しい…と、ほぼ祈りです。
音楽も、作品を見た後で主題歌をきくと、ささりました…。
劇場で見ればよかった…。

空猫
空猫さん / 2017年7月2日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

これは就職活動をテーマにした作品ではなく、大学5年生の心の葛藤を描...

これは就職活動をテーマにした作品ではなく、大学5年生の心の葛藤を描いたものである。

ツイッター・ラインなど、SNSを駆使した世代の闇の部分が描かれる。

前回同様、キーマンとなる人物が全く出てこず、会話で想像させるところは映画として面白い。

ツイッターの裏アカウントの扱いには気を付けないと。

最後のオチのあたり、分かりづらかった。もう少しストンと落ちるような描き方にしてほしかった。

キッスィ
キッスィさん / 2017年7月1日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

こわっ

人の黒い部分満載。でも、誰でもそうなのかな、とも思う。真っ直ぐな人って、きっと就活の面接でちょっと話しただけで分かっちゃうんだろう。最後の舞台のような演出は題名とマッチして良かった。

いつこ
いつこさん / 2017年6月29日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

人間終わってる

この作品を観ると自分を見うしなう怖い作品でした。
就活活動より先に自分探しが必要だと思う。
自分自信..世に出て何がしたい何ができるかと悩むと自分が、何者でポンコツに思えてきます。
だからタイトルは良い!
メンタルが弱かったりネガティヴな人はお勧め出来ない作品。
人に愛される人間になりたいと心から思う。

アトレイル
アトレイルさん / 2017年6月24日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

菅田くんのライブ姿

就活生にぜひ観てもらいたい映画です。自分を客観視して、いろいろ気づけることがあるはず。菅田くんのライブ姿必見です!

しえこ
しえこさん / 2017年6月13日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

SNSは怖い……。 人の裏の顔は分からない。 就活の様子を客観的に...

SNSは怖い……。
人の裏の顔は分からない。

就活の様子を客観的に見てすごく難しい事を一人ひとり面接官に話してるなぁ〜と思った。自分も同じように喋れるだろうか…。

いわし
いわしさん / 2017年6月7日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

「三浦大輔」を採用した映画

 原作、朝井リョウで監督、三浦大輔なので、早稲田出身のくくりとも言えるが、そんなことはどうでも良いだろう。要するにこの映画は、売れた原作で持って三浦大輔(劇団ポツドール主宰)をメジャーに押し上げようとする意図をもって作られた映画と言えるだろう。だが、その試みは、完全なる失敗に終わった。

 三浦大輔の舞台を原作とした『恋の渦』は、無名の役者を使い、大根仁が撮ったのだが、これは全然話題にならなかった。DⅤDレンタルでは、大根のネームバリューからか、10本以上が棚に並んでいたが、どう考えても多くの人の目に触れたとは思えない。

 逆に自分の舞台を原作として自ら監督を務めた『愛の渦』は、結構話題になっていたはずだ。と言うのも、門脇麦が完全ヌードを披露しているし、見知らぬ男女がセックスするためだけに集うハプニングバーを主題にするあたり、思い切りの良さを感じさせもするからだ。しかし、DVDレンタルでは2本しかなく、なかなか借りることが出来なかった。まあ、この内容では大売れすることはないのだが。

 この二つの映画に共通するのは、舞台が限定された室内に限られていることである。また、そこで展開されるのが、集団の中での不和というか蹴落としあいと言うのも共通している。従って、これは三浦の十八番のテーマと言う事なのだろう。この三浦の特徴を目ざとく見極めた映画関係者が、似た主題をもつ『何者』に三浦を抜擢した、と言うのが私の見立てである。

 ではなぜ、その試みが失敗したのか。正直、私にとってそんなことはどうでも良いのだが、取りあえず分析してみよう。三浦の上の二つの映画に共通するのは、「下衆さ」である。二股を掛けあったり(『恋の渦』)、ハプニングバーに行くこと(『愛の渦』)は、「下衆」以外の何物でもないことは、誰の目にも明らかだろう。だが三浦の特性はそれだけで終わっているわけではない。と言うのも、実はその中に、「純粋」さを一滴もたらすと言うのが、三浦の真骨頂だからである。「下衆」さと言う雑草の中に咲く、「純粋」さと言う一輪の花、この対比が、彼の特性を際立てる重要な要素となる。

 もう大体わかると思うが、この『何者』においては、「下衆さ」が全然足りないのである。確かに仲間で集まっているのに、ツイッターで悪口を書くのは「下衆」なことではある。しかし、別にそんなことは大したことではあるまい。物事がうまく運ばない人が、人の悪口を言ったところで、それは負け犬の遠吠えと言うに過ぎず、誰でも聞き流してしまう程度の発言でしかない。それは言ってみれば、その人の純粋さと表裏一体とも言える。だから、この下衆さによって純粋さが際経つ、と言う構図は成立しない。これが失敗の根源だ。

 そもそも、どの人物にも私は純粋さも下衆さも感じなかった。それは、キャラクターの描き方が中途半端である事が最大の原因だろう。有村の演じるキャラが、突然岡田のキャラに怒るシーンがあるけど、あれはなぜ怒っているのか全然分からない。正確に言うと、無理やり展開上怒らせているようにしか見えなかった。あそここそが、純粋さ(有村)と下衆さ(岡田)の対比のシーンでもあったのだろう。しかし、一皮むけば皆同じような立場・考え方なので、観客からはその対比が見えず、作者だけが対比を意図してしまった結果、あの謎のシーンを招いてしまったと言えよう。

 そもそも就職活動と言うのは、どんぐりの背比べみたいなもので、映画の題材に向くもんじゃない。若者に個性を求めた所で、そんなものは「兆し」にすぎない。せいぜい性格をみるぐらいのもんだろう。明確な目標を持っているなら別だが、そんな人はこんな就職活動は最初からしないだろう。どう分析してみても、「就職活動」そのものに、魅力などありはしない。それが分かっていたからこそ、三浦は劇団と言う要素を、この映画に盛り込んだのだろうが、劇団そのものは決してこの映画の主題を請け負うことはできない。言うまでもないが、それをやったらこの映画の主題は劇団になってしまうからだ。

 三浦がなぜこの映画で失敗したのかは既に述べた。だが本当の結論はそこにはない。真の結論は、誰が撮ったところで、この映画は失敗に終わることが決まっている、と言うことだ。題材の失敗こそが、この映画の失敗の根源である。三浦をこの映画に採用した慧眼の持ち主は、題材の良しあしを見極められなかったのだから、皮肉なものである。

labyrinth
labyrinthさん / 2017年5月31日 / PCから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

不思議。現代って感じ。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

なんだか不思議な気分の映画でした。
ツイッターの裏アカウントとか、そーゆー現代的なものもあり、劇団の話などもありましたが、就活、内定で切羽詰まってる人たちがいるとおもうと、こんな風になってしまうのか?と思いました。
なんか見終わった感想も不思議でした。笑

ゆっこ
ゆっこさん / 2017年5月28日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

痛い

とにかく痛い、痛々しい、さらに恐ろしいのは己の身も痛むこと

zzzzz
zzzzzさん / 2017年5月28日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

途中で終わっている!!

就活大嫌いで自分探しの映画も苦手なので公開時より避けていましたが、思ったより観れました。制作者が飽きたのか話が途中で終わっています。結末をきちっと作れば就活生の心の支えになれたかもしれないのに勿体ないです。山田孝之の役は要らないと思います。私は実名で本音のツイートしかしないので、このヘタレ主人公はダサくていまいちでした。でも女はただひたすらに顔が良い男が好みだから厄介です。

DAIMETAL
DAIMETALさん / 2017年5月25日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  怖い 知的 萌える
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

起承転まで良かったけど、結が締まりない

起承転まで良かったけど、結が締まりない

映画.jp
映画.jpさん / 2017年5月25日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

就活浪人

しとったんかーい、とね。
なかなか深層心理が闇でよかった。
妬みっていやーね。
自分は自分だろって思うけど。
人の喜びとか幸せに共感できなくなったら不幸だね。

Snufkin74
Snufkin74さん / 2017年5月24日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

306件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi