レッドタートル ある島の物語
ホーム > 作品情報 > 映画「レッドタートル ある島の物語」
メニュー

レッドタートル ある島の物語

劇場公開日

解説

2000年に発表した短編「岸辺のふたり」でアカデミー短編アニメーション賞を受賞したオランダのマイケル・デュドク・ドゥ・ビット監督が、8年の歳月をかけて完成させた初長編作品で、第69回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門で特別賞を受賞。スタジオジブリが、同社としては初となる海外作家の映画製作に参加し、高畑勲監督がアーティステックプロデューサーとして、シナリオや絵コンテ作りなどに関わっている。嵐で荒れ狂う海に放り出された男が、九死に一生を得て無人島に漂着する。男は島からの脱出を試みるが、不思議な力で何度も島に引き戻されてしまう。そんな絶望状況の中、男の前にひとりの女が現れ……。

キャスト

作品データ

原題 La tortue rouge
製作年 2016年
製作国 フランス・日本合作
配給 東宝
上映時間 81分
映倫区分 G
オフィシャルサイト  

受賞歴

第89回 アカデミー賞(2017年)

ノミネート
長編アニメーション賞  

第69回 カンヌ国際映画祭(2016年)

受賞
ある視点部門
ある視点部門 特別賞 マイケル・デュドク・ドゥ・ビット
出品
ある視点部門
出品作品 マイケル・デュドク・ドゥ・ビット

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

スタジオジブリとオスカー監督による、詩情と哲学と奇跡が詰まった大人のアニメ
レッドタートル ある島の物語の映画評論・批評

現実の人生がそうであるように、この映画でも理不尽なことが起きる。不条理な場面や衝撃の展開もあり、世界のままならなさに圧倒されてしまう子供もいるかも。だが本作は、まぎれもないスタジオジブリ作品なのだ。ジブリとしては異例の、夏休みにも冬休...レッドタートル ある島の物語の映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.2 3.2 (全65件)
  • 唯一無二の表現の豊かさよ 短編「岸辺のふたり」があまりにも感動的だったので、長編になるとどんなすごいことにならのかという短絡的な考えはいい意味で裏切られた。 短編な尺である親子の人生を描ききってしまった「岸辺のふたり」か... ...続きを読む

    バッハ。 バッハ。さん  2016年10月15日  評価:4.5
    このレビューに共感した/2
  • 生命の普遍 もはや人間というよりも、つがいや家族を構成する生命への讃歌だなぁと。 久しぶりに心が震えました。 こういう時代だから、とかではなく、どんな時代にもこういう美しい寓話は必要なのだと思います。 人間... ...続きを読む

    ヤマネ ヤマネさん  2017年7月13日  評価:5.0
    このレビューに共感した/0人
  • リアリティを忘れて タイトルの通り。赤い亀 ある島の物語、なんだよ。 おとぎ話のような、妄想のような、哲学のようなお話。 リアリティを突き詰めることから頭を切り替えられない人には、まるで面白くないし、全く意味が分か... ...続きを読む

    ke_yo ke_yoさん  2017年7月7日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「レッドタートル ある島の物語」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi