ヒトラーの忘れもの
ホーム > 作品情報 > 映画「ヒトラーの忘れもの」
メニュー

ヒトラーの忘れもの

劇場公開日

解説

終戦直後のデンマークを舞台に、地雷撤去を強制される敗残ドイツ軍の少年兵たちの過酷な運命を、史実に基づいて描いた。第2次世界大戦後、デンマークの海岸沿いに残された無数の地雷を撤去するため、元ナチス・ドイツの少年兵たちが連れて来られる。彼らを指揮するデンマーク人軍曹はナチスに激しい憎しみを抱きながらも、無垢な少年たちが次々と命を落とすのを見て良心の呵責にさいなまれるようになっていく。2015年・第28回東京国際映画祭コンペティション部門に出品され、軍曹役のローラン・モラーと少年兵役のルイス・ホフマンが最優秀男優賞を受賞した(映画祭上映時タイトル「地雷と少年兵」)。

作品データ

原題 Under sandet
製作年 2015年
製作国 デンマーク・ドイツ合作
配給 キノフィルムズ
上映時間 101分
映倫区分 G
オフィシャルサイト  

受賞歴

第89回 アカデミー賞(2017年)

ノミネート
外国語映画賞  

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

白砂の海岸、地雷、少年兵。詩情あふれる映像で戦争の理不尽を伝える
ヒトラーの忘れものの映画評論・批評

青い海に白い砂浜。あどけなさの残る少年たちが腹ばいになり、細長い棒で砂の中をつつく。しかし、その先に埋まっているのは、一瞬で命を奪い去る凶悪な地雷だ。観客は彼らに同化し、死と隣り合わせの任務に極度の緊張を強いられることになる。1945...ヒトラーの忘れものの映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
4.1 4.1 (全38件)
  • 戦争が残す傷跡と悲劇 戦争が残す傷跡と悲劇を深く考えさせられる作品です。ただ、映画としては内容にもう少し工夫が欲しかったです。 ...続きを読む

    隣組 隣組さん  2017年2月25日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • 心が休まる暇がない、でも観るべき映画 過酷。 軍曹も、辛かっただろう。終わったばかりの戦争、憎むべき敵兵、危険な地雷処理をさせるのもむべなるかな。 しかし、やって来たのは十代の少年兵たちとは。 だからと言ってどうにもならない環境で、... ...続きを読む

    CB CBさん  2017年2月21日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 忘れられない 忘れられない映画になりそうです。戦争は嫌ですねえ …。 ...続きを読む

    koumesan koumesanさん  2017年2月14日  評価:4.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「ヒトラーの忘れもの」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi