3月のライオン 前編のレビュー・感想・評価

3月のライオン 前編

劇場公開日 2017年3月18日
212件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

将棋の魅力を伝える点では「聖の青春」を超えた

将棋映画の波が来ているのだろうか。一見地味に思える将棋盤に向き合っての勝負が、意外とスクリーン映えすることを作り手が再認識しているのかもしれない。

松山ケンイチ主演の「聖の青春」が昨年11月に公開され、半年もたたないうちに本作。ただ、こちらは前後編二部作のため尺に比較的余裕があるという強みから、盤上のスリリングな勝負を割と丁寧に描いている。基本的な駒の動かし方を知っている程度の観客でも、差し手の妙味がなんとなくわかって楽しめるはず。

対戦中に棋士たちの心の声を流す演出も、原作コミックを踏襲しているとはいえ効果的。中継を見ている人たちの解説も加わって、勝負の面白さを一般観客向けにわかりやすく伝えようとする工夫が感じられて嬉しい。

ひなた役の清原果耶は、「あさが来た」の頃から急に成長した印象。出演作品が一気に増えそうな好演だった。

AuVis
AuVisさん / 2017年3月17日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 1 件)
  • 共感した! (共感した人 3 件)

面白い! ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

もともとアニメを見ていたので、実写も見に行ったのですが、アニメまたは原作を知らないで見ると分からなくなるほど早い展開でしたが、俳優さんの将棋を指すシーンはとてもリアルで迫力がありました。

川本家の三姉妹は、映画でもとても可愛いかった!特に、ももちゃん(新津ちせちゃん)の「ふくふくになって」という台詞が可愛いかった!

桜
さん / 2017年8月18日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 笑える
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

面白い

また観たい。神木くん流石です。

comeyu
comeyuさん / 2017年7月17日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

大人向けの良作です。

とても良かった。元々神木君に興味があって見たのですが、それぞれの心情が必要な所でしっかり描かれていて、場面場面が丁寧に流れていく(特に前編)。また演じてる俳優さん達も実力派揃いで違和感なく感情移入でき、原作の雰囲気と違って、大人向けの良い作品だと思いました。そして、神木君の演技が良かった。彼はこういう役はとても合うんじゃないかと思ったぐらい。しっかりと腹の底で味わう、久しぶりの良作です。是非お薦めです。

Ton
Tonさん / 2017年7月9日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

思いの外、配役がしっくりきたな。寝坊して1回見れんかったが、意地で...

思いの外、配役がしっくりきたな。寝坊して1回見れんかったが、意地でもう一回見に行ったよね。

たね
たねさん / 2017年7月7日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

キャスティングで魅せる映画

ストーリー的には平凡にも思えるのだけれど、キャスティングが素晴らしかった。特に佐々木蔵之介が演じる島田開。原作を知るものとしても納得のキャスティングで、むしろ原作以上だった。実写化については賛否両論あると思うが、こういう原作を超えるキャスティングが見られるのは実写化のおもしろいところだと思う。

ケイト
ケイトさん / 2017年6月18日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

雰囲気は原作と違うような

これはこれで将棋好きなら楽しめます。

anemone
anemoneさん / 2017年6月18日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

続きは気にならないちゃんと一本の映画

このときは原作未読。
後編の前に既読読破という感じです。

改めて原作と比較すると、かなり高い再現度だと思います。
また、主人公のぐちゃぐちゃした心がいろんな場面で垣間見え、
神木さんの演技も合ってとても引き込まれました。

将棋はさせなくても全く問題なく見られます。

続きが気にならないというのは悪い意味ではなく、
後編を見なくてもちゃんと成り立っていると思うと言うことです。

三日月キリン
三日月キリンさん / 2017年6月17日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 悲しい 楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

後編を見るまでは…

原作の漫画は未読ですが、アニメは全話見ました。一人一人の背景や内面が描かれ、登場人物の誰もが人生をもがきながら歩んでいる感じがとてもよかったです。そして本作でもその雰囲気を大切にしようと、神木龍之介くん、佐々木蔵之介さん、伊藤英明さんらが、みごとに演じきっていたと思います。このキャスティングもナイスだと感じました。

作品の中心が将棋であるだけに、派手な盛り上がりはありません。むしろ地味な展開に映る場面が多いです。しかし、それがじわじわと響いてくるあたりが、まるで将棋の対局の息詰まるような消耗戦のようでよかったです。

ただ、全体としては好印象なのに、アニメで感じた感動がイマイチ伝わってこなかったのは、残念というか不思議です。後編を見ればすっきりするかもしれないので、後編に期待です。

おじゃる
おじゃるさん / 2017年6月8日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ハードボイルド

娘とデートである。彼女が3月のライオンのファンなのだ。「君の名は。」「この世界の片隅に」と、コンスタントに2人で映画に行かせていただいている。一緒に映画に行ってくれるまでを楽しみたいものだ。
大友啓史監督の現代劇は初めてみる。期待に違わずとてもよかった。まずキャスティングで絶対に負けない勝負に持ち込んで、端々の役者までキャラを立たせる演出がいい。ヒット作を求められる映画監督に必須のスキルだ。
かつての野球少年は、まず高校野球で、次にプロ野球で、自分が年齢を重ねていくことを客観視する。この映画を見て同じことを感じた。自分より上の豊川悦司がいて、世代が近い伊藤英明や佐々木蔵之介がいて、下手すると子ども世代の神木隆之介、有村架純がいる。10年前「硫黄島からの手紙」で見つけた加瀬亮がいる。あ、あの試合でいいピッチャーだなと思ったな、というような。
普段まったくマンガを読まない僕が3月のライオンに惹かれるのは、ハードボイルドだと思うからだ。「強くなければ生きていけない。やさしくなければ生きている資格がない」永遠のテーマだ。

hideaqui
hideaquiさん / 2017年5月25日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

漫画の映画化のようですが読んだ事は無く、前編後編一挙観です^ ^ ...

漫画の映画化のようですが読んだ事は無く、前編後編一挙観です^ ^

青春映画かなと思ってましたがそうでは無く意外にも見応えあるドラマでした^ ^

里親の元で生きる為に将棋をする零が成長していく上で次々と色んな人を不幸にしてしまう。

義理の父、姉と兄との関係がいい。特に義理の姉の香子は挫折に追い込まれたが家を出た零と縁が切れる事もなく続く絡みがいい。

高校の先生もいい先生。

零を取り巻く人たちとの関係が凄く良く面白かった。

有村架純がいいキャラでした^ ^

heran
heranさん / 2017年5月22日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

2017-25

レビューがいいので気になって、公開終了前にすべりこみで見てきました😆
原作は知りません。

将棋はちっちゃい頃におじいちゃんにちょっと教えてもらったので、駒の動かし方くらいしかわかりませんが、全然大丈夫でした。

前編と後編と分けて、さらに前編だけでも結構尺があるので、丁寧に描ききりましたという印象です。
「他人にも兄弟にもなれない」家で存在するために将棋を始め、強くなって勝っても責められる、というのが新鮮でした。
染谷将太の存在感はすごい!名演(怪演)で完全にスクリーンを占領してた。しかもイイヤツなんだよなあ😎
佐々木蔵之介さんの、勝ったあとの疲労感たっぷりの憔悴しきった表情もすごいです。
加瀬亮は本当の棋士(名人)みたいな雰囲気でした。
将棋をさしているシーンはどれも、こちらも緊張しちゃう、汗や熱が伝わってきました。
前編の終わり方は後編に繋がるみたいな感じではなく、1つの話が完結したって感じだったので、予測つかない後編も楽しみです!

かいり
かいりさん / 2017年5月22日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  幸せ 楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

幸福な大人たちの 「あるある」

私が社会人になった時、教師を長年務めてきた母がひとこと:
「男の子はいじめちゃダメだよ、すぐに偉くなるからね」
この映画を見て、母が最高に幸福な教育者人生を送った人だったことがわかった。・・・つまり、この映画は、誰かの才能を引き出すことに成功した大人たちの、幸せな「あるある集」でもある。

生徒が自分より稼いでいることを羨ましがって見せながら、実は嬉しい高校教師。彼は、肝心要なところで適切なアドバイスができて、ますます嬉しい。
養父は、才能ある少年を拾って自分以上の棋士に育て、負けて嬉しい。自分の子に負けるよりホントは嬉しいはず。だって、単なる「DNAの勝利」じゃなくて自分の指導力の勝利だもの!
何かと心にかけていた子が勝って、思わずハイタッチしてしまう会長さん。・・・あるある。
一番幸せなのは、島田八段(佐々木蔵之介)かもしれません。不幸な生い立ちの男の子は前髪が長く、目を隠して、こっちを見てくれない。でも、大人が良い教育や良い仕事をしていると、そのうち、「やっとこっちを見たな!」と思う瞬間があって、嬉しい。才能ある男の子に「この人すごい!」と思ってもらえたら、最高です。
特に、こっちが死ぬほど頑張った直後に男の子が部屋に飛び込んできて「研究会に入れてくださいっ!」なんて、生きててよかったと思う。
・・・自分の生涯(まだ沢山残っているけど)の幸せな「あるある」を想い出しつつ、楽しく鑑賞し、幸せすぎて数日後にまた見てしまいました。

Lynkeus
Lynkeusさん / 2017年5月19日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

原作だいすきすぎ、キャストほぼほぼ希望通り、 こんなん見に行くしか... ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

原作だいすきすぎ、キャストほぼほぼ希望通り、
こんなん見に行くしかないっしょ!ってことでこの前(3月末に)見てきた。

前編というだけあって後編への序章感があったけど
れいちゃんが叫ぶシーンや、将棋シーンは
さすが実写!というだけの迫力があった。

私は将棋さっぱりわからんけど
将棋に命かけてる棋士のみんなの緊張感とかが伝わってきた気がする。

中でも佐々木さん演じる島田さんが大好きなんやけど
それを大好き佐々木さん(もうこれ佐々木さん以外ありえないけど)が
演じてくれて感動もある上に、めちゃくちゃかっこよかった。。。

前編の主人公は私の中では佐々木さんでした。
ちょこっとだけしか出ないけど、高橋一生演じる先生も大好きなので
高橋一生がいい感じにいい先生でとてもよかった。

後編も期待。

r!eco
r!ecoさん / 2017年5月18日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

染谷将太

染谷将太さん、途中まで気付きませんでしたよ(笑)

EizoG
EizoGさん / 2017年5月16日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

未完の傑作を映画化する試みはいかに。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

羽海野チカ原作の超有名漫画の実写映画です。
アニメ化もされています。
アニメももちろん見ていますし、漫画は発売日には買って、
最新刊を読んでは泣き、前の巻、その前の巻を読み返して行き、
結局最初から読み直しちゃう。そういう力のある漫画です。

その思い入れの強い漫画が、映画化されるというわけですから、
見ないわけにはいきません。

昨今、人気漫画は映画化、アニメ化、ドラマ化されます。
一昔前は、メディアミックス≒原作改悪みたいなイメージを持っていましたが、昨今はそうでもないです。
や、そういうのもあるでしょうが、原作ファンをがっかりさせたくない、そのうえで物語を、映画なりドラマなりアニメという、メディアの中で再構築したい、という意気込みに胸熱になる作品が増えたと思います。

映画三月のライオンもまた、成功したと思います。
大変なプレッシャーだったと思いますが、お疲れ様でしたという気持ちです。

まず、キャストがよかったです。
ここが実写化の最初の関門ですからね。
神木くんが生きていてよかったなーと思いました。
香子は発表の段階ではえー?ちがくね?と思いましたが、有村香純の香子、いいと思いました。
後藤と島田は役者の実年齢と役柄が違いすぎね?と思いましたが、イメージはあってるので、まあよしです。
宗谷さんが、加瀬亮の透明感とよく合ってるなと思いました。

何より、ひなちゃんを、ちゃんとその年頃のお嬢さんで、選んでくれたことがとっても良かったです。
朝ドラの『あさがきた』のふゆちゃんで、
これまたNHKドラマ『精霊の守り人』の少女時代のバルサの、
清原果耶ちゃんですよ。2002年生まれですってよ、今年15歳。
まさにひなちゃんの年齢です。
それが、ほんとにホッとしました。演技もよかったですよー。
初々しくて。中学生らしくて。

あと、チビ零くんが、『ぼくのおじさん』の雪男役だった子ですね。演技うまいなーと思いました。
豊悦に「きみは将棋好きか?」と聞かれ、それにすがるしかなくて、嘘だけど「はい」といって将棋の神さまとの契約をした、というシーンが、たまらなく切なく、そこで最初の涙が出ました。

もちろん、二階堂も林田先生もよかったですよ。地味に重田君が森岡龍だったのもええ、気づいていますとも。あまちゃんで、若いころのアキちゃんパパ役だった彼です。

アニメは、原作漫画をほとんど構成も変えずに頭から順番にアニメに起こしています。なので、とても違和感なく見られますし、アニメならではの表現も味わえて、秀作だなーと思っています。

で、そんな成功したメディアミックスがあったうえでの、映画。
時間枠を考えると絶対構成を組み換え、エピソードを削る必要がある映画。
さてどう料理するんだ?というところにものすごく興味がありました。
しかも映画は前後編で物語を完結させなくてはならない。
でも原作漫画は完結していない、アニメも第二期が決まっていて
現在進行形なんですね。

そんな中でどう、描くか。
その点が注目でした。

前編は、零の生い立ち、川本3姉妹との出会い、幸田家・香子との関わり、将棋の世界での出会いが描かれました。
高橋くんの話がないくらいで、うまくまとまっていた印象です。
香子が漫画よりも踏み込んで描かれているなという感じがありました。
あと、後藤と香子って、どういう関係なのかいまいち漫画でもまだわかっていないんですね。そこんとこがどうなるのかなーっていうのが、後編へのフリとして感じました。

まあ、全編は序章なので、いいね!っていう印象だけです。
相変わらず、将棋の内容はわたしまったくわからないので
(駒の動かし方は知っているけどまともに取り組んだことがないので)、語ることができませんが。
新人王になったところで、後編へと続きます。

お話は、すでに漫画で知っているので、海街ダイアリーと同じで、次こうなるよねって先に想像して泣いちゃう感じでした。

映画の出来を評価するには、まあ、後編を見ていないとな、という感じですね。

だいず
だいずさん / 2017年5月13日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

〝家族”を知った孤独な少年の戦い。その壮絶なる前哨戦。

【賛否両論チェック】
賛:将棋の知識は最低限で大丈夫そう。生きるため、将棋で孤独な戦いを続けてきた主人公が、〝家族愛”に触れて成長していく様や、苦しみながらも更なる高みを目指していく姿に、思わず感動させられる。
否:どうしても同じようなシーンが淡々と続くので、興味がないと飽きてしまいそう。展開もかなりのご都合主義か。

 将棋そのものをよく知らなくても、緊張感はビシバシと伝わってくるので、問題はありません。むしろ将棋をよく知っている方の方が、詳しい試合展開等が分かりにくいので、消化不良かも知れません。
 幼くして家族を亡くし、生きるために必死に将棋の腕を磨き続け、孤独の中で生きてきた主人公。そんな彼が初めて〝家族”というものの温かさに触れ、もがき葛藤し続けながらも、再び自身の目指す高みへと挑んでいく、まさにその前哨戦ともいえる展開に、心が震えます。あまり言うとネタバレになってしまいますが、ラストの対局の終わり方は、思わずシビれました(笑)。
 やや上手く行きすぎな感はありますが、後編へと続く主人公の奮闘を、是非ご覧になってみて下さい。

映画コーディネーター・門倉カド
映画コーディネーター・門倉カドさん / 2017年5月8日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  悲しい 興奮 知的
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

素晴らしい!

熱い将棋の戦いの話でありながらも、
家族愛や人間関係など孤独な少年が抱える
気持ちを見事なまでに映し出していた!
これは後編も期待できる👍

K.N
K.Nさん / 2017年5月7日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

やっぱり無くならない違和感 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

感想を一言で言うと、題名の通り。

①全体的にまだ内容は不明
全編全てをかけて、いろんな人の背景を丁寧に紹介した感じ。
まぁキャストも豪華だし、漫画に忠実だし?悪い気はしてないです笑

②やっぱり違和感!!!何なん?美女家族っておい!!
スタイル抜群、天真爛漫、めちゃくちゃお人よしの倉科カナ率いる家族の異常性にびっくり!!!!
出会い方もおかしいだろ!!!!!!
しかも、全員美人で、全員性格の良くって、セキュリティの甘い家庭など、まずあり得ない!!!!!!!!
原作どうだっけ?全然覚えてないけど、あの時点で幸せものだ!!!
いや、逆はあるよ?男なら、酔った女の子助けると思うよ?
けど、いやいやいや
女側からはないでしょ!!!!
オネェちゃん何でも拾ってくるよね、まさか今回は人間だとはってオーーーーーいいいいいいいいおかしいだろ!!!

③結局主人公は天才でモテモテ人生最高?
背景として親が死にました。拾われた家族でいじめられました。ってそれだけかよ!!!!!!!
今じゃ、天才棋士、さらに美女の家でたまに借りぐらしって、、、、
アリエッティかよ!!!いやいやナシエッティでしょ!!!!!

④総括してまぁまぁ
しゃあなし、後編をみにいくけど、期待は薄いね〜

以上

Matthew93
Matthew93さん / 2017年5月7日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  泣ける 笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

胎動 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

二部作の前編。

まさに、序盤。
作り手側と観客と、差し向かいで将棋を指してるかのように、着々と静かに…でも、確実に盤の上が整えられていく。

主に登場人物たちの背景が描かれる。
未だ、途中。
何も動き出さない。
前編という位置づけには最適な構成ではあるが…一作品としては、出し惜しみ感しか残らず、この作品単体での評価はし辛い。
まるで対局中の棋士のように…静かな外面とは真逆の内面を画面から感じた前編だった。

だが…其々準備は整ったように思う。
物語が動き出すであろう後編を。
この静かな前編があったからこその後編を。

雰囲気のあるキャスティングに煽られつつ期待感が上昇していく。
加瀬さんの佇まいときたら…素晴らしい!
全編でどんな作品になるのか楽しみにしたい。

U-3153
U-3153さん / 2017年5月6日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

212件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi