後妻業の女のレビュー・感想・評価

メニュー

後妻業の女

劇場公開日 2016年8月27日
124件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

大竹しのぶさんの演技って凄い!

今で言う「結婚詐欺」の話。

後妻業のという言葉を初めて知りました。昭和臭さがファッションからも、言動からも滲み出ている感じの作品。

「汚い」という言葉がぴったりの悪行のオンパレードに、泥臭い人間模様を感じます…。

お金がたんまりあって、孤独に生きるご老人の寂しい気持ちにつけ込んだ詐欺行為は、殺人事件に片足突っ込んでいるかのような犯罪すれすれの行為です…。

キャストの面々のキャラクターの濃さが、話を盛り上げています。

やはり、大竹しのぶさんは圧巻の演技、さらに豊川悦司さん風間俊介さんのガラの悪さは完璧でした!

ガーコ
ガーコさん / 2018年2月4日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ザ・大竹しのぶ

まさにハマり役。圧巻の演技です

おのもん
おのもんさん / 2018年1月28日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

この映画はまずいだろう。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

『後妻業の女』(2016)

日本映画専門チャンネルから。最初から汚い話の設定なのがわかる。高齢者マッチングが表向きだが、サクラの女性が入っていて、早く死にそうな富豪と結婚して大金をせしめる会社員らしい。簡単に言えば、結婚詐欺師の女で相手を早期に死なせて遺産をせしめる手口である。結婚相談所の男性経営者も結婚詐欺を組んでいる。過去に8人くらいか殺しているのに、9人めを薬物などで脳梗塞にまで追い込んで、犯罪が発覚しないように徐々に死を誘導しながら遺産を狙う。怖く汚い内容である。社長は結婚詐欺相談所の若い美人の事務員などスタッフたちとは性行為済みらしい。原作は直木賞作家か。監督は日本テレビ系列でドラマを作ってきた人か。危篤状態の老人の金庫から妻の詐欺師は社長と、家の金庫を開けて、数千万円の貯金通帳を発見し、翌日、二人で銀行に行き、全額現金引き出しをもくろむが、受付の銀行員も金額に驚いて次長まで出動する。銀行では本人の意志確認が必要だろうと、危篤中の老人にまで一緒に会いに行く。老人は何を言っているかわからないのに、雰囲気で全額引き下ろし承諾と銀行員たちに確認させる。
そして現金を2000万円近くを折半し、次の大口がいるからと、早くなんとかして老人を始末しようという相談をする。そしてわからないように殺人した。葬儀で棺の中の死人に口付けをする。被害者には娘が二人いるが、相続は私が全部しますと犯人は言う。遺言状をみせる。偽装だろうが。
これは法律では、遺言状に全部相続すると書いてあっても、娘には配当がある法律な気がするが、私自身の能力不足でわからないが、事実婚で入籍してなかったために、全額相続なのだというらしい?法律事務所に二人の娘が行くと、それは後妻業といって、遺産目当てのプロだろうと説明される。ここら辺がどこまでも悪徳の話というわけではなく、後妻業と戦う構図で、倫理的な側面をとっているのだろうか。そうでもしないとフィクションとしてでもやりきれないだろう。現実のほうが、逃げ隠れ通してしまっているのだろう・・・。そして、法律事務所の紹介で、探偵のような男が登場する。そして犯人たちは、次の大物を表向き結婚相談所の婚活で知り合いとなる。犯人の女はうまいテクニックで相手を誘導する。一方で探偵は調べ続ける。その前の被害者の親族に聞きこむが、その時の葬儀の時には、突然親族のところに初めてきて、妻だといって葬儀を取り仕切ったという。なぜ表沙汰にしなかったかと探偵が聞くと、とても恥ずかしい話を表向きにできないと。相手はテレビ局の偉い人間だった。スキャンダル隠しを利用したのか。犯人の女は次のターゲットとデートするが、配役が犯人は大竹しのぶで、相手は笑福亭鶴瓶なのだが、キスシーンなどあるが、これが明石家さんまだったらどうだったのかなどと思ったりした。探偵はけっこうすごくて悪徳結婚相談所に乗り込む。こんなに直接向かってしまって大丈夫なのか。探偵は永瀬正敏で、社長は、豊川悦司。この2人の対面のシーンは雰囲気がある。しかし後妻業という犯罪が最近あるようですねと直接社長に話して去る探偵はすごいな。危険でないのか。ここら辺、警察を介さずに、弁護士と探偵と被害者の勝気な娘の3人のチームで探っていこうとするのだが。この、警察を介さずにというのがどうしたものか。私にはわからない。危険性もあると思うが。関係者に聞き取り調査をするときに、謝礼10万円というと、話し出すが、ここら辺で、探偵業も予算がいるのだろうか。問題解決に対してもカネがいるかと思うと辛いシーンである。しかしなかなか探偵業もすごくて、10万円のうちの1万円だけ渡して、全部が謝礼とは言ってないとして出ていく。すごいな。複数の相手を殺し続ける中で、30歳の一人娘が犯人の女にいるのだが、その息子と口論するシーンがアクセントになっている。すごいことに、探偵と娘(尾野真千子)は直接犯人の女に会う。民事訴訟から始まって多くに訴えると説明する。警察を介さずに、被害者周辺が弁護士と探偵と組んで、直接犯人に疑惑を説明して、民事訴訟を起こすぞという。ここで、『後妻業』という犯罪の概念をはっきりとさせる言葉があるのはわかりやすい。探偵は結婚相談所社長の愛人にも探りを入れる。付き合い始めたのがわずか2年半前なのだが、もう別に愛人は社長を擁護しようともせず、探偵の調査に応じるが、「私は人殺しとセックスしたっていうの」と大声を酒飲み場の周囲の客が振り向くほどの声をあげるが、探偵になにやら証言を与える。徳島県での何番目かの夫の事故死についてだが、社長と女が一緒にその夫を海かどこかに車ごと突き落として殺していた。被害者側の作戦の警察を介さずに、民事訴訟からワイドショーで大事件発覚狙いというのもすごい話である。加害者側は
それを懸念するが、同時に、新たなターゲット(笑福亭鶴瓶)と結婚相談所の社長と会員として、3人で会う。しかしそこまで言っておきながら、人殺しまでしている犯人の女と二人きりで、といっても居酒屋でだが、会ってしまう被害者の娘。大丈夫なのか。犯人の女は、お前ら娘2人は親を放っておいて、わいが世話したんやないかい。何が悪いんかい。と啖呵を切り、娘も勝気なので、この人殺しが。と返して、居酒屋で取っ組み合いの喧嘩になる。ここで暗殺しないのが殺人犯の心理はわからない。さらに探偵も怖いもの知らずなのだろう、社長が新たな愛人といちゃついているところに顔を出す。一緒にドリンクを頼んだりするのだが、クスリを入れられたりしないのか。探偵はどこまでもストレートに、殺人をしただろうという証拠書類を社長に見せつける。実は、探偵は社長から証拠書類を取引しようとした。500万か。と社長が言うがつり上げ、2000万で探偵は社長の顔にタバコの煙を吹きかけ、5000万円にあげたところで、あんた探偵やろうと社長がいうが、探偵は、公立の探偵は刑事ですとセリフを残して出て行く。なんとも刑事と民事の違うことか。そして社長と新たな愛人のセックスシーンが出て来る。愛人役はもろだしのヌードになって、社長は後ろから迫るが、アダルトビデオがあるとは言え、こうした映画はこうしたシーンがある。そして、社長は当然のごとく、探偵を殺そうと犯人の女に持ち掛ける。女(男)とカネと殺人。怖く汚いのオンパレードが出てきて、正義の人かと思うと、それもカネ目当だったりするという・・・。この映画に救いはあるのか。最後はどうなるのだか。その後、探偵は社長から金を5千万を脅し取ろうとしたり、犯人の息子を取引のときに暗殺させようと仕向けたが、痛み分けとなり、探偵もワルだったという。探偵は裏切ってしまっていて、どうなるかわからなくなってしまったし、勝気の次女に長女が私たちも親をさみしがらせて悪かったのではないかとなだめてしまうし、これでは複数殺人の凶悪犯が逃げ切ってしまいそうで、どうなるんだろうか。しかし意外なところで女は終わる。あっけないものだった。息子は泣きわめく。ここら辺に因果の倫理性をみせているのだろうか。残るは社長と女の息子。この残った悪はどうなるのか。と思ったら、悪が不滅になってしまった。どうしようもない。やりようのない終え方で、どうこうした悪い映画を評していいかわからない。せめて最低に近い点数にしておくしかない。封印して欲しい。

Takehiro
Takehiroさん / 2018年1月11日 / PCから投稿
  • 評価: 0.5
  • 印象:  難しい
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

なかなか ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

最後、何も裁かれずに終わっちゃう感じ、物足りないような、ちょうど良かったような…

soleilヾ(´ε`○)
soleilヾ(´ε`○)さん / 2017年10月29日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

さあ、次行こか

当の本人が納得してるなら後妻業もありだが、殺人はダメだよな。

上みちる
上みちるさん / 2017年10月28日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

やばいやつら大集合

大竹しのぶってほんとに凄い女優さんだよね。黒い家も凄かったけど彼女の演じる頭のイカれた悪人はほんとにやばい。

目がいっちゃってるもん

多分ニュースでも話題になった後妻業殺人をベースに映画にしたんだろうけど、本当にこんな人達が金目当てに金持ち老人を殺したんだろーなー

それにしても豊川悦司の劣化具合には驚いたわ

大変面白くみれました。
エンディングのとぼけた感じも、まだまだ世の中に密かにはびこる後妻業者を想像させて良いね

madamA
madamAさん / 2017年10月19日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

大竹しのぶさん

素晴らしい大女優さんだなと改めて思う作品。
後妻業という内容が気になりDVDが出たら借りようと思ってました。
結果的に内容の面白さより素晴らしいキャスティングの素晴らしさで観続けれました。

ツイストを踊る大竹しのぶ、可愛かった..

後妻業に肯定は出来ないけど
津川雅彦さんが演じた色恋おじーちゃん達には最期の恋であり幸せではあったのかなと。
もちろん殺されてしまったら元もこうもないけど。

そして最後のオチ、予測は出来たけどシュールで面白かったです。

cocoまる
cocoまるさん / 2017年10月13日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

うん

なにか始まる感じとリズム感がワクワクさせられる。

好きな感じ。

ストーリーとしてはよくわからんけど笑

序盤から中盤はワクワクする。音楽なのかやりとりなのか?

taki
takiさん / 2017年10月3日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

少しだけこころ揺らぐ

終始イライラさせるような芝居、圧感。
その中で後妻業側の意見として鋭い一面もある。
尾野真千子と焼肉屋でやり合う所なんて最高やね。
独り身だった男達は、最後は少し幸せだったんじゃないかとも思う。
しかし、殺しまでいってるともう少し裁きがあってもよいのかなとも思う。
こうゆうブラックユーモア的な作品は久しぶりだ。

もーみん
もーみんさん / 2017年7月27日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

大竹しのぶの怪演はすごいが内容は薄い。

大竹しのぶの怪演はすごいが内容は薄い。

hctcl
hctclさん / 2017年7月17日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

豪華ですね。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

出ている人が豪華なため見ました。
大竹しのぶさんは、すごく演技が上手いですね。
後妻業とゆう内容でしたが楽しく見れました。
でも最後結局逮捕になったのかならないのか、お金を払っておしまいだったのか、終わり方がふわってしてました。
でもまぁ最後まで見れました。

ゆっこ
ゆっこさん / 2017年7月9日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

大竹しのぶの真骨頂!

とにかく出演陣が豪華!けれど、何よりも主演の大竹しのぶと豊川悦司の二人が際立っていて、とにかく目が離せず。犯罪の内容も人柄も、えげつない内容なのに、エンディングはなんだかホッコリとして、爽やかですらあった。

もふもふ
もふもふさん / 2017年7月5日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

素晴らしい

BSで鑑賞。昨年見逃した映画。見事に引き込まれた。邦画がつまらない時代って本当に終わったのかもしれない。キャスティング、音楽、その他色々、映画好きテレビ好きが思わずニヤリとしてしまう目配せがとてもうまい。レビューを観て案外星が少ないので驚いた。評価が低い。私は劇場で観ても料金分楽しんだろう。オススメします。

ぴこちゃん
ぴこちゃんさん / 2017年7月2日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

原作はどういう締め方だったのか気になる

原作はルポではなく小説なのでどういう風に描かれているのか。
実際の事件を見聞きしているだけにシリアスな方を想像していたらそうでもなく。
オチのつけ方が難しいかと思ったら案の定ぱっとしない〆方
キャストは皆ええ感じ
大竹しのぶの関西弁はだめ
樋井明日香だけがおっぱいをだす

eli
eliさん / 2017年7月2日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  笑える
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

お金に取りつかれた女は怖いな。

9人も結婚して次々に死んでいく中で、平気でいられるのが怖いな。むしろ喜んでいる様子に戦慄。
お金の為の結婚とはなんとも言えず気持ち悪い。
結末は後味が悪い。

凛
さん / 2017年6月30日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  怖い
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

後半の失速感とフラストレーション ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

作品に興味があり録画したものを鑑賞。
探偵の本多(永瀬正敏)がゆすりをはじめたあたりから、中だるみ感が一気に増し、柏木(豊川悦司)の犯罪後の高揚感から女を抱くシーンも無駄に長い。
繭美を演じた水川あさみは脱がなかったのに、理沙を演じる脱いだ樋井明日香より色香があった。

ストーリーは、あれほど調べ上げていた本多のその後がうやむや。
小夜子演じる大竹しのぶが、最後に発見された遺言書によって朋美(尾野真千子)と尚子(長谷川京子)に遺産を取り戻され、柏木との犯罪が白日の下に晒されるラストだったら、
「私、演技上手いでしょう?」臭がプンプンしていても、フラストレーションなく鑑賞出来たのに・と思う。

yuyu
yuyuさん / 2017年6月29日 / PCから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  笑える
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

独り者の爺さんは要注意

終活と婚活が合体したような集まりで、財産家の爺さんを探し、結婚もしくは事実婚、遺言を書かせて殺すという職業が後妻業。
大竹しのぶはやり手のオバサンで、結託しているのが豊川悦司、やっていることは残酷だが、コメディタッチで描いているので見られる。
現実にこんな事件は起きており、これに認知症が加わることで絶望的な社会になりつつある。

いやよセブン
いやよセブンさん / 2017年6月28日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

思ったほど面白くはなかった

大竹しのぶは、はまり役だったが、ストーリーはイマイチか。

あっちゃんのパパと
あっちゃんのパパとさん / 2017年6月27日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

金のために人殺して、何もなかったように生活できちゃうなんて、もう狂...

金のために人殺して、何もなかったように生活できちゃうなんて、もう狂ってるね!

へまち
へまちさん / 2017年5月13日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

演技力のおかげでかなり笑える ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

大竹しのぶと豊川悦司が持ちつ持たれつの柄の悪いクズコンビを演じているただただ面白い映画だった。
実際にあったらと思うと木嶋佳苗を彷彿とさせるタイトルで、どうやって寂しい老人達の後妻になるかが描かれているのかと思ったが、内容は後妻をする裏で手を引く豊川悦司との手口に焦点が当たっていた。男によって違う魅力的な女を演じつつ、裏は機転が利くけどアホで自分中心で柄の悪いただの大阪のオバチャンな大竹しのぶと、表の顔は結婚相談所長だがそちらにも裏のえげつなさがなんとなく滲み出た雰囲気を醸し出す豊川悦司の駆け引きやテンポの良い会話がかなり面白い。不思議と観た人に勧善懲悪を求める気持ちを抱かせない作品で、見るとアホだね〜と凄惨な犯罪を重ねるクズを客観的に傍観して笑ってしまう。
言葉の速さや抑揚や歩き方や服装の細かなところまでキャラが徹底されていて演技力がすごいし、スーツケースにまで入る大竹しのぶは本当に仕事がデキて突き詰める女優さんなんだなと感嘆してしまった。キャスティングが最高で、被害者遺族の尾野真千子も演技の役が広いし、風間俊介ももがき役が上手ではまっていたし、裏世界の人々に溶け込んで成り立つ水商売役の水川あさみも自然な演技だし、ぬらりひょん鶴瓶はぴったりの役。キャスティングが最高だが、水川あさみの後輩の女の子役の人は若いのにこの作品に出て何の得があるのだろうか。。

MAPLE
MAPLEさん / 2017年5月4日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

124件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi