ディストラクション・ベイビーズのレビュー・感想・評価

ディストラクション・ベイビーズ

劇場公開日 2016年5月21日
75件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

全部クソ

俳優の演技力がすばらしい!

映画自体についてはリアリティを追求してイかれた作品作るんだ!
変わった映画を作るんだ!
リアルな暴力や悲鳴、血で底知れない恐怖を伝えるぞ!
って安い思いが伝わってくる
して空回りしてクソ映画になりましたって感じ
センスも感じない メッセージ性もない
1番怖いのは映画見終わった後に時間を無駄にしたと思った時かな
内容がないクソ映画

Yoshitaka
Yoshitakaさん / 2017年2月14日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 0.5
  • 印象:  泣ける
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ヒリヒリ痛い

柳楽優弥演ずる泰良はご飯を食べる様に人を殴る。この映画の罪人は泰良や菅田将暉演じる裕也だけのものなのか?彼の狂気を創り上げたものは罪の意識のない世の中のそれなのではないかと思う。

バッキバキの暴力で始まり108分ほぼ暴力シーン。けれど不思議と泰良には不快感は湧かなかった。私も水を飲む様に彼の暴力をただ見つめていた。

そして、ラストの終わり方もよい。泰良に将太がシンクロする。

苦手な人もいるでしょうが私は好きだ。非常に無駄のない108分監督真利子哲也映画を堪能。ちなみに菅田くんは超最低男役ですw

#柳楽くんほぼ台詞なし#音楽は向井秀徳#リアルな暴力シーンだらけなのでそういったシーンが苦手な人は多分冒頭からもう無理でしょう#小松菜奈の殺人っぷりが異常にはまっている#演技あんま上手くないけどw#菅田将暉映画出すぎな#ディストラクションベイビーズ#真利子哲也#こんな世の中じゃ戦争が無くなるなんて夢のまた夢#映画館は映画がみたいのか菅田くんが柳楽くんがみたいのかわからない女子がわんさか#多分後者#ほぼ満員でびびる#そら菅田くん起用するわw#mmhhシネマ

しとらす
しとらすさん / 2017年2月14日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

おい、まだいけるやろ

・・・こいつはやべえ。既存の映画文法では語れない危険なテイスト。不穏と不快感が渦を巻いた末のえもいわれぬ境地。

大嫌いという人がいるのもよくわかるが、自分は支持するぞ。

こんな不穏な空気が漂い続ける映画はそうは見当たらない。ラストシーンに痺れた。

散歩男
散歩男さん / 2017年1月27日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

うーん ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

ストーリーとかない。
何でそんなことしてるのって映画。
結局女の子は2人も殺しといてお咎め無しなの?
俳優陣の演技は良かった。

ポリプロピレン
ポリプロピレンさん / 2017年1月17日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

若手は豪華

若手俳優陣は豪華だが、ただのどつきあいで全く感情移入できない。はっきり言って見る価値なし。この映画のせいで柳楽優弥が嫌いになりそう。

プラド
プラドさん / 2017年1月15日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

求めてた刺激の強さ!!

初っ端から刺激が強く、2005年に初めて「龍が如く」をプレイした時のような興奮を味わう事ができましたが、終盤はひたすらクールダウンを強いられる残念な感じでした。園○温作品とは比べ物にならないくらい暴力描写が素晴らしかったので、ラストに向けての失速ぶりと曖昧な着地点が残念です。菅田君が退場した時点で映画としては終わっていた気がします。スーパーの商品をそのまま食ってるシーンも良いし、アーケード街の衝撃を超えるシーンがラストにあれば最高でした。松山ロケも良かったです。中盤まで★5の予感がした映画でした。

DAIMETAL
DAIMETALさん / 2017年1月6日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  楽しい 単純 興奮
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

役者は凄い!

セトウツミを観たあとだったので、菅田将暉の演技幅に驚きw

柳楽優弥も大好きな役者さんなので面白かった。

が、ストーリーは難解。というか考えちゃだめなのか。
個人的には、「ヒメアノ~ル」が楽しめる人なら
楽しめるのでは?と思う。
まあ、思想はちょっと違うけど。

ぶれいきん
ぶれいきんさん / 2017年1月3日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  悲しい 怖い 難しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

暴力の形

ただただ不快感、だけど目が離せない。3人の暴力の形のコントラストがよくでていてただのバイオレンス映画ではなかった。起承転結を求める人には向いてないかも。

なお
なおさん / 2017年1月1日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

わが生の痛み

昨年同時期5月公開の「ヒメアノ~ル」も衝撃のバイオレンスだったが、あちらは前半ラブコメからの後半サイコ・スリラーのエンタメ性があったのに対し、こちらはひたすら不条理。故に好き嫌いもはっきり分かれる。
ストーリー性もほとんどナシ。あらゆる感情を削ぎ落とし、感動も共感もメッセージ性もクソもあったもんじゃない。
理解しろと言う方が無理。
だから本作を見て、何を訴えたかったのか何を得たのかなんて言えやしない。
が、ヒリヒリするほどのパワーはしかと感じた!

本作が商業デビューとなる真利子哲也監督。
インディーズ時代の作品も見た事無く、正直初めましての監督だが、その演出力には恐れ入った。
手掛けた作品を全て見ている訳でもないし、以前の作品はバイオレンスではないかもしれないが、その手腕は園子温や「凶悪」の白石和彌を彷彿させ、また一人、次回作が楽しみな才能がほとばしった。

本作の要と言って過言ではないのが、柳楽優弥。
やはりどうしても「誰も知らない」の子役としての印象が強く、一時不遇の時期もあったが、「包帯クラブ」「許されざる者」などひと度映画に出れば演技力の高さは疑いようもなく、そして出演した本作は、キャリアベストと断言してよい。
圧倒される存在感!
台詞はほとんど無いが、やさぐれ感を漂わせる佇まい、獣のような目付きに身震いする。
あの子役がこんなにも堂々とした風格を持って…!
一切共感出来る役所ではない。が、鬼気迫るオーラから目が離せない。

柳楽演じる主人公・泰良は、強そうな相手を見つけると、誰彼構わず喧嘩を吹っ掛ける。
そんな彼に興味を持ち、共に行動するようになるのが、菅田将暉演じる裕也だが、彼は弱者には強気に出る。女性を殴るシーンは胸クソ悪い。
ギャーギャーうるさいくらい喚き、見る側にイラッと感じさせるのは菅田のさすがの演技力だが、彼が体現するのは人の弱い姿。

最近可愛らしい役が続いていた小松菜奈だが、鮮烈なデビューとなった「渇き。」以来となる体を張った熱演。(でもそれ以上に、彼女みたいなキャバ嬢が居るなら毎日行きたいくらいである)
本作の真の主人公なのが、村上虹郎演じる泰良の弟・将太。
彼の視点で本作を見ると、初めて何かしらの感情が浮かび上がってくる。

何故主人公が無軌道な行動を繰り返すのか。
ただ喧嘩がしたいだけ? 町中のクズどもを成敗する為?
百戦錬磨でもなく、たまにはボコボコにやられる。
欲望の赴くままに狂気と暴力を爆発させ、“痛み”で知る生。
暴力の負の連鎖と、その末路。

近大
近大さん / 2017年1月1日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい 怖い 難しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

「ザ・ワールド・イズ・マイン」の縮小再生産

他のレビュアーの方も多く指摘しておられるが、これ、
「ザ・ワールド・イズ・マイン」の縮小再生産だよね。

いっそこのキャストで映画化した「ザ・ワールド・イズ・マイン」を
観てみたい。

柳楽優弥演じるモンちゃん、菅田将暉演じるトシ、けっこういけるかも。
ヒロインのマリアはちょいブスキャラなので、小松菜奈は10キロぐらい体重増量してもらえばいけるかも。

RON
RONさん / 2016年12月25日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

暴力からは目を背けられない

この映画を暴力的だ野蛮だと拒絶する人がいるのも無理はない。見たくないものを見せつけられるのだから。でも、これは確かに日本に存在する暴力であり、私たち個人や社会のなかにいるもの。それをここまで平然と描く映画は他にない。

フェネック
フェネックさん / 2016年12月23日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ピュアを取り巻く黒 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

唯一のピュアな人物は主人公なのだろう。彼はただゲームをしたいだけ。それにふさわしい相手を探し、挑んでいる。それに勝手に仲間意識を持って近づき、自滅した彼、それを利用して自分をアイドルにした彼女、友達の兄貴をバカにしてくだらない嫌がらせをする彼、ピュアな主人公を取り巻く黒い心。唯一血の繋がりがある弟はただ兄を探し続け、やはりピュアだった。
こまつなな、特に今まで気にしていなかったが、女優として興味を持った。

いつこ
いつこさん / 2016年12月20日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

これはダメ❗

暴力だらけ❗
小松菜奈ちゃんも怖い❗
すべてが壊れてる映画。
見てて疲れた

花形右京
花形右京さん / 2016年12月18日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  怖い 悲しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

なんなんこれ

評価の高い意味が…??胸糞悪いだけでなく内容が意味不明。

Snufkin74
Snufkin74さん / 2016年12月17日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ただただ暴力が楽しい、というのは自分に無いものだったので難しかった...

ただただ暴力が楽しい、というのは自分に無いものだったので難しかった。
何も恐れずただ暴力を振るう柳楽と、世間の目や警察を恐れる菅田が対照的で面白い。
若さの過激さ、危うさ、不気味さ、怖さが詰まっていた。

ますん
ますんさん / 2016年12月17日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

純粋な暴力

青い春に近いしものを感じた!柳楽優弥の台詞ほぼないけど、なんというか、、、。見ないとわからないキャラクターの演出力がすごい。悪意のない暴力ってえげつないなー。

workerholic_s
workerholic_sさん / 2016年12月12日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

とてもよかった

柳楽優弥最高!

うんこたれぞう
うんこたれぞうさん / 2016年11月12日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

なんかヤバイ。

終始ヤバイなにこれって感じでした。気分も悪い。
でもなんかとてもいい映画だなって不思議と思えた作品です。
あと役者さんがみなさんすごい。あんな怪演されると観る側としては役者さんの本性があれなのでは?と疑ってしまうほど。もちろん違うんでしょうけど。
主人公はあれからどうなるのか。続編があるのなら、絶対に観に行きます。

なおと
なおとさん / 2016年10月17日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

斬新

喧嘩しか脳のない若い男が、いろいろな人間に良くも悪くも影響を及ぼしていく話です。

演技は素晴らしかった。
序盤はコミカルな部分もあって、何度か吹き出してしまいましたw

一方、終盤にガラリと雲行きが怪しくなり、登場人物が深刻な事態に陥ります。

一見すると、暴力がエスカレートしていって破滅するというような単純な話にも思えます。が、普通の人間も、若い世代であれば、いろんな者に翻弄されて、忽ち破綻してしまう危険があるということを、この作品は伝えたいのかなと自分なりに解釈しました。

この映画の意味をあれこれ考えて消化できないと、見終わってから、本当に「で?何がしたかったの?」という感想になりかねません。少しクセのある映画です。

lava
lavaさん / 2016年9月19日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

本物の殴る音

柳楽優弥のオーラが画面から漏れてました

∢∾∾ℍ⊛₤℮₥∢п
∢∾∾ℍ⊛₤℮₥∢пさん / 2016年9月12日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

75件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi