ヒューマン・ハイウェイ
ホーム > 作品情報 > 映画「ヒューマン・ハイウェイ」
メニュー

ヒューマン・ハイウェイ

劇場公開日

解説

ミュージシャンのニール・ヤングが300万ドルの自己資金を投じ、バーナード・シェイキー名義で自らメガホンをとった反核ブラックコメディ。核廃棄物処理場によって放射能汚染された街。ガソリンスタンドで働く自動車修理工の青年は、夢の中でネイティブアメリカンと一緒に歌ったりコンサートを開いたりする。ガソリンスタンドの隣にあるダイナーには、気まぐれなウェイトレスや狂気に満ちたコックがいた。やがて、原発事故が発生し地球は滅亡してしまう。核廃棄物処理場の作業員をロックバンド「DEVO」のメンバーたちが演じ、ヤングの代表曲「Hey Hey, My My」を一緒に演奏する。デニス・ホッパーが狂ったコックを怪演した。共演に「ウエスト・サイド物語」のラス・タンブリン、「パリ、テキサス」のディーン・ストックウェル。オリジナル版は1982年製作。日本では劇場未公開だったが、2015年「日本初公開!世界のどす黒い危険な闇映画」の第4弾作品として、14年のトロント映画祭で上映されたディレクターズカット版が劇場公開。

作品データ

原題 Human Highway
製作年 1982年
製作国 アメリカ
配給 キングレコード
上映時間 80分
映倫区分 G
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
2.0 2.0 (全2件)
  • つまらない オリジナルは1982年でしたか。見ていた時はコメディのセンスが古すぎるし幼稚すぎると思っていた。まあ、面白味は全くない。 ...続きを読む

    とむ とむさん  2015年9月23日  評価:0.5
    このレビューに共感した/0人
  • センスの違いか スリーマイルの事故を皮肉る設定だけはわかる気がするけど、時代のせいか国の違いか殆ど全部がつまらないギャグ…ていうかギャグにすらなっていない? 最後は盛り上げてスパッと切ればまだしも、余計なエピロ... ...続きを読む

    Bacchus Bacchusさん  2015年9月19日  評価:1.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi