日本のいちばん長い日のレビュー・感想・評価

日本のいちばん長い日

劇場公開日 2015年8月8日
165件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

夢想

当代一の俳優陣を揃えても、岡本喜八版の熱量に遠く及ばなかったです。

事実の圧倒性。
迫り来る字幕。
額に浸る汗。

どこか違う国の話のような当事者性のない映画で残念でした。

あの8月15日に、様々な動きが入り乱れ、交錯し、終戦という避けられない事実に向かっていくという前作の面白さが皆無であります。。

なぜ8月15日より前に話をはじめたのでしょうか?
大衆向けにするにせよ、この作品最大の魅力を削いでしまいました。

REDSTAR
REDSTARさん / 2017年4月14日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

怒りも興奮もないプロパガンダ映画

昭和天皇が戦争慎重派を粛清した2.26なので観ました。第二次大戦について何か目新しい内容があるかと思いましたが、何もありませんでした。松坂桃李のキレキャラが観れるかと思いましたが、そうでもなかったです。リメイク元の作品が作られてから半世紀が経つので、この筋書きを風化させないよう再びプロパガンダ映画が作られたのだと思います。15歳でジョージ5世からガーター勲章を賜り臣下となり、エリザベスと関係を持った昭和天皇は、シルクロード交易の時代からアジアに移動したい金塊の回収を意図する米英と八百長で戦争を始め、アジア諸国で児玉機関らが金塊を回収し潮時となり、いわゆる戦争責任を回避するために三笠宮を使って陸軍将校の8.14宮城偽装クーデターを企てたという骨子から目を逸らすために、意図的に理屈っぽいオブラートに包んでややこしく描かれていると思います。この頃の昭和天皇は赤十字社を通してスイス銀行に預金を移す事に専念していました。新聞やTVのいう事は信じられないのにこの映画を有難がる人々は一定数いるので、プロパガンダとしての役割は十分果たしていると思います。これだけ冷静で理性があって真面目に取り組んでいればただで負ける事はなかったでしょうし、向こうが言う日本人は蛮族で黄色いサルというのもプロパガンダだとよくわかります。抗戦派は若造ばかりでさすがに違和感があります。8.14が濃厚に描かれる訳ではないのでタイトル負けだし、これはこれでもっと楽しめるように作って欲しかったです。陸軍将校決起の不穏な感じは良いし、ここまで役者を揃えたのだから、こんなものより尼港事件での日本軍の戦いや、通化事件での関東軍決死の奮闘を観たいです。

DAIMETAL
DAIMETALさん / 2017年2月26日 / PCから投稿
  • 評価: 0.5
  • 印象:  単純 難しい 寝られる
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

「ただの記録映画」が心揺さぶる

興味ない•••4•好き/並••••5すごい
無•••4•心暖/無•••4•固ゆで
無•••4•社会派
また観る/勧める

俺の満足度 95点
作品賞ノミネート可能性 95%

淡々と、静謐な緊張感のまま、エンディングまで流れ続ける。楽しくも嬉しくもない、いわば「ただの記録映画」がこんなに心揺さぶるのはなぜなんだろう。
全編通して流れるBGMはわずか1曲、それも数十秒だけ。なのに、そのWe are meeting again が何時迄も耳に残る。
大満足。
これも一度は観るべき映画。

役所公司・堤真一・山崎努・本木雅弘はもちろん、松坂桃李うまい。思わず若き参謀の暴走にも思い入れしそうだが、さすがに野火の後で観ているので、俺も戦いたいというヒロイック願望だ。前線に出なかったことが必ずしも幸せではない。特攻の生き残りといい、敗戦に幸せはないという当たり前のことに気づく。

CB
CBさん / 2017年2月18日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

思惑

ひとつのことを進めるにしても、いろんな人たちの意地やプライドが入り混じる。
どの選択も決して間違いではない、大切なことは最後まで信念を持つということ。

taka
takaさん / 2017年2月4日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

エンターテイメント性ほぼなし

ちょっと笑える間とかはあったけど。

歴史の真実を純粋に知りたい人向けでしょうか。

ジンクス
ジンクスさん / 2016年10月7日 / PCから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  難しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

戦時中の中の、さらに戦時中のようなクーデターを描いたスリリングな作...

戦時中の中の、さらに戦時中のようなクーデターを描いたスリリングな作品です。
暴走する軍部や内閣が緻密に描かれ、セットもかなり当時のを再現しており、見応えがありました。

この中で一番好きな役者は山崎努ですが、モックンの昭和天皇もよかった。
印象に残ったのはモックンの牡蠣のシーンです。

BAININ
BAININさん / 2016年9月24日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

クリアな玉音放送

聞き取るのが困難だったと聞き及ぶ。セットが綺麗だったり終戦間際のリアリティが減じられる。阿南陸相の自刃にフォーカスしすぎる。映画の主題がそちらに引っ張られる。陛下も御言葉が多すぎる。侍従の演技はただ馬鹿にしているとしか思えなかった。
岡本喜八は終戦に向ったシビリアンもミリタリーも政治家もそれぞれの立場を敬意を持って丁寧に扱っていた。制作意欲に感心する点も多々あるが、岡本版をお勧めしたい。

Kj
Kjさん / 2016年9月22日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

熱さがあった。

テレビでの放送を録画して鑑賞しました。
「終わりにすることの難しさ」を感じました。

役所広司の深さがありました。
あの人がやると浅はかにならない、不思議です。

はやし
はやしさん / 2016年9月19日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  怖い 難しい
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

何故に ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

これは教科書に載らないお話し。
でも、学校の授業でも、見せて欲しいお話し。
日本が、決断した降伏を、誰が非難できるだろうか?
日本国民はこの決断で終戦となったことを誇りにすべきと思う。
あのとき戦争をやめてなかったら、まさに日本は焼け野原、今の私たちはいなかっただろうし、日本の文化を残させてもらえたことに感謝です。

ただ一つ、阿南陸軍大臣には死なずに、陸軍の若者のクーデターを止めて欲しかったし、戦後の日本復興に力を貸して欲しかったです。

ちゃ♪
ちゃ♪さん / 2016年9月11日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

始めるより終わる方が難しい

戦後20年に記者が関係者に取材して書いた本が原作の映画。'67の岡本喜八監督版も良かったがこれも良かった。
映画なので脚色はあるが、要所は事実である。もちろん取材で全てが明らかになったわけではないし、実際に陸軍関係者が例の件は漏れていないと発言したらしいが、それでも当時を窺い知る大事な作品と言える。
役所広司や山崎努などもちろん素晴らしいのだが、本木雅弘の陛下役がしっかりハマっていたのに驚いた。

佐ぶ
佐ぶさん / 2016年8月21日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい 怖い
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

Oh〰!ハラキリ・ショー

この阿南陸軍大臣ぐらいの覚悟を持ってケジメをつけられる政治家なんて、今のこの日本にいるのかなあ〰。
終盤での切腹シーンは見るからに痛そうだったけど、終戦記念日の日にいいものを拝見させて戴きました。
福島の原発を廃炉にする決断が遅く国益を大きく損失させたあの空き缶(菅)元首相なら何回腹を切らねばならんのか。
鬼気迫る役所広司の渾身の演技に、カミカゼ&ハラキリが好きな外国人もきっと満足したことでしょうね。

みつまる。
みつまる。さん / 2016年8月16日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  寝られる
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

●聖断のその舞台裏。

あらためて思う。なぜこれだけの大事件が、中学校の教科書にないのか。解釈がいろいろあるのはわかるが。繰り返された軍の決起。大義だけで国体を護持できるハズもなく。若者を駆り立ててしまう理不尽さと純真さ。

一方で、天皇陛下を役者が演じられる時代になったんだ、と思う。
その聖断。"subject to”の訳が、制限下か隷属かに関わらず、無条件降伏。軍の暴走があっても譲らないのは、北海道がソ連に攻め込まれるから。ギリギリの攻防だ。鈴木貫太郎首相も阿南惟幾陸軍大臣も、まさに命を賭けて仕事する。
8月にぜひ観たい映画だ。蛇足だが、個人的には、侘び寂びのある旧作も好き。

うり坊033
うり坊033さん / 2016年8月15日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  悲しい
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

戦争の傷痕

昨年にも観たが、終戦記念日に改めて観直してみるとこの映画の奥深さがよくわかる。陸軍と海軍の軋轢、昭和天皇の苦悩、クーデター未遂事件の経緯、鈴木貫太郎の想いと言動、どれもそれぞれに言い分があり、日清・日露・第一次世界大戦と勝ち組の日本が最後に味わうことになる世界大戦敗戦は必然不可避だったのか。戦争を経験したことが無い世代にも分かり易く問いかけている秀作だと思う。一般的な歴史教科書には載っていない部分も多くて敗戦時の本当の姿が浮かび上がったように思える。事実を基にしているとはいえ優れた脚本、素晴らしい監督に敬意を評したい。

computaro
computaroさん / 2016年8月15日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  悲しい
  • 鑑賞方法:TV地上波、映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

阿南の切腹シーン

ポツダム宣言受諾決断までの話。
昭和天皇や鈴木総理、軍人。それぞれにとって本当に長い1日だったんだろうなぁ。
阿南の切腹シーンは目を背けたくなりました。
現代とは時代背景も価値観も全く違うけれど、同じ日本という国で起こった事だと思うと考えさせられる映画です。

向日葵
向日葵さん / 2016年8月15日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

前作と両方見る必要があります

この原作は半藤一利が 1965 年に出版したもので,奇しくも今年が丁度 50 年目に当たっている。出版の2年後の 1967 年には岡本喜八監督によって映画化されており,カラー映画が主流になりつつあった時代にありながら,敢えてモノクロで撮影したこの旧作は,未だに名作として鑑賞され続けている。この時の脚本は名脚本家橋本忍の手によるもので,非常に緊迫した雰囲気を最後まで崩さず,終始誰が殺されても不思議でないような緊張感に溢れていたのが印象的であった。この旧作を,私は何度見たか数え切れないほど見ている。この旧作を見てから本作を見に行かないと,人物関係等が分かりにくいのではないかと感じた。

今作は,監督の原田真人が自ら脚本を手がけ,旧作が描いてなかった部分を実に丁寧に掘り起こしており,リメイクを作るという意識はほとんど感じられず,被っているシーンも驚くほど少なく,全くの新作を見ているかのような新鮮さを感じることが出来た。まさに脚本の手柄と言うことが出来るだろう。原作者の半藤氏は護憲派のサヨク的人物であり,原田監督も宮崎駿らと行動をともにしたことがあるなど,やはりサヨク的な言動の多い人物であるが,本作にはあまりそういった姿勢が感じられず,東条英機を悪く描き過ぎている点を除けば,非常に中立的立場で,ドキュメンタリーに徹しているかのような雰囲気を感じさせていたところに好感が持てた。ただ,組閣から話を始めたのでは,いくら2時間半の尺があっても足りないだろうと思ったら,案の定,後半から終盤は非常に駆け足になってしまったのが惜しまれた。

役者は,いずれも好演していたと言えるだろうが,旧作に比べると軍人が軍人らしくなくなっているのが残念だった。まず,声である。軍人にとって声は,戦場で号令や指令を発するための大切な商売道具であり,良く通る芯のある声で話していたはずで,身近な例を挙げれば,鮨よし遊の吉池右亮氏のように威勢の良い張りのある声の持ち主ばかりだったはずである。この点,旧作で畑中少佐を演じた黒沢年男は狂気を感じさせるほど見事な役作りであったが,本作の松坂桃李は終始囁くように喋っていたので,全く迫力が感じられなかった。役所広司は,旧作の三船敏郎にかなり迫るまでに成長したかと感じさせてくれた。山崎努の鈴木貫太郎総理は,旧作の笠智衆よりはるかに頼もしく,旧作の不満が解消された。だが,何と言っても素晴らしかったのは,昭和天皇を演じた本木雅弘であった。旧作と違って昭和天皇のシーンは格段に増えており,表情をほとんど変えずに,その人柄を感じさせる演技というのは非常に難易度の高いものだったに違いないのだが,実に見事に演じ切っていたように思う。

音楽は,「マッサン」を手がけた人だそうである。決して出しゃばらず,しかも各シーンに不可欠な音楽を見事に書いていたと思う。感情に流されることなく,しっかりした情景を描こうとする姿勢が感じられたのだが,これは監督からのリクエストだったのかも知れない。音楽に関しては旧作を上回っていたと思う。

演出は,非常に短いシーンを繋いで構成されており,いかにも原田式であった。もうちょっと見たいと思っているところで切り替わってしまうので,少々もの足りなさを感じることもあったが,それでもあまり大きな不満には感じられなかった。顔を相手に向けたままの敬礼の仕方など,当時の風習を見事に再現しており,丁寧な下調べを行っていることが伺われた。現代的な目で見れば,一斉に同じ敬礼をする軍人は,ロボットのように見えてしまうのだが,これは敢えて行っている演出の意図なのかも知れないという気もした。ただ,やはり尺の問題で,玉音盤の宮廷内での捜索や,佐々木大尉率いる民兵による首相宅の襲撃などは大きくカットされており,これでは佐々木大尉を演じた松山ケンイチが可哀想になるほどであった。やはり,この作品だけでは不十分なのではないかという気がする。旧作と本作を2本立てて上映するのが一番いいような気がした。
(映像5+脚本5+役者4+音楽4+演出4)×4= 88 点。

アラカン
アラカンさん / 2016年8月15日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

モダンな戦争映画 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

理解力がないので誰がだれだか、
場所がどこなのかなど映画が始まってしばらくしないとわからなかった…

現代風に爽やかに仕上がっているな〜と思ったけど
特に印象に残る演技の役者さんがいなかった
豪華なキャストのはずなのに

松坂君演じる若い将校も、いい意味で現代風になっていたし
女性もたくさん出てきて、オリジナルではいない役がたくさんあったので
時代をかんじました

とば
とばさん / 2016年7月30日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  難しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

国体護持とは・・

半藤一利の原作本を読んだ。日本は第二次世界大戦で無条件降伏をしたが、そこに至るまでの政府や軍部の紛糾は想像を絶する。そもそも日本は歴史的には出雲国の古代から神国で、明治維新で王政復古を遂げてからは完全に天皇を中心とした国家だった。天皇は現人神(あらひとがみ)であり、戦後に出来た人間天皇の象徴天皇という概念は、GHQの草案した日本国憲法に寄る。ただ現代の国民の85%は現在の天皇制に納得している。そもそも天皇制という言葉自体が戦後使用されるようになったらしいが、政府と軍部は無条件降伏であっても国体護持にあくまでこだわった。その辺りのことは原作本を読まないと理解出来ない。とにかく日本は戦時中、神風が吹くと国民の誰しもが本気で考え「天皇陛下万歳!」と唱え若者の多くは玉砕していった。国体護持にこだわらない戦争終結という陛下のご聖断は現在の日本国存続に繋がる。戦犯にされなかった昭和天皇と、降伏か本土決戦かに揺れる軍部との軋轢はまさにドラマである。映画だが、無条件降伏を決めた御前会議と陸軍の青年将校らが起こしたクーデター宮城事件を克明に追っている。日本人なら、そして現代社会に生きる人間なら歴史を学ぶ上にも必ず観るべきである。今年も真夏の暑い8月15日の終戦記念日が来ようとしている。日本人として原爆投下やソ連の参戦、無条件降伏そして日本国憲法について深く考えるべきだろう・・2015年の邦画。

亮一君
亮一君さん / 2016年7月29日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

歴史を知るということ。

今を生きる私たちは、歴史を学び、語り継いでいかなくてはいけない。
そのためにも観るべき作品かと。

要所要所に、海外の方からの目線を意識しているのかな…と思う部分もあり、日本人として、より多くの方に観て頂けたら素晴らしいと思う。

ただ、大きな隔たりというか、庶民との違いというか、おいてけぼり感というか。何か引っかかりを感じたのも事実。
とにもかくにも豪華なキャスト陣で見応えもありますし、時代の中で翻弄されながらもそれぞれ闘っている方々の気持ちはわかるのだけれど…

個人的には、放送局での戸田恵梨香さんのシーンが一番好き。又、役所広司さん演じる阿南陸軍大臣の奥様(神野三鈴さん)の慎ましさと強さに涙。

旧作もものすごいメンバーなので、機会があれば是非観てみたい。

平和への祈りを込めて。

runa
runaさん / 2016年7月16日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

いまいち

それほど深い内容ではなかった。訳者は良かったと思う。

素子
素子さん / 2016年6月21日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

授業では教わらなかった阿南惟幾陸相と宮城事件

玉音放送を端折ったのは残念。
切腹シーンをがっつりみせるのは、この映画を海外に売り込むためか

eli
eliさん / 2016年6月19日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

165件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi