36のシーン
ホーム > 作品情報 > 映画「36のシーン」
メニュー

36のシーン

解説

ロケハン係の女と美術監督の男という映画制作スタッフの男女が織りなす恋の行方を、ワンシーンワンショットで撮影された36の場面で描いたタイ映画。2013年の第26回東京国際映画祭で上映され、ツイッターを全面に取り入れた実験的な演出が話題となった「マリー・イズ・ハッピー」のナワポン・タムロンラタナリット監督が、同作の前年に手がけた長編初監督作品。14年・第27回東京国際映画祭「CROSSCUT ASIA」部門で上映。

作品データ

原題 36
製作年 2012年
製作国 タイ
上映時間 68分
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi