FOUJITA
ホーム > 作品情報 > 映画「FOUJITA」
メニュー

FOUJITA

劇場公開日

解説

1920年代からフランスを中心に活躍した日本人画家・藤田嗣治の半生を、オダギリジョー主演で映画化。「泥の河」「死の棘」の小栗康平監督が10年ぶりに手がけた長編監督作で、日本とフランスの合作映画として製作された。共演は中谷美紀、加瀬亮、岸部一徳ら。1913年、27歳で単身フランスへ渡ったフジタは、「乳白色の肌」で裸婦を描き、エコール・ド・パリの寵児となる。そして40年に帰国し、戦時下で戦争協力画を描くことになったフジタは、日本美術界の中で重鎮として登り詰めていくが、疎開先の村で敗戦を迎える。

作品データ

製作年 2015年
製作国 日本・フランス合作
配給 KADOKAWA
上映時間 126分
映倫区分 PG12
オフィシャルサイト  

インタビュー

夫婦役で初の本格共演、オダギリジョーと中谷美紀が語る唯一無二の小栗映画の世界観
インタビュー

小栗康平監督10年ぶりの最新作「FOUJITA」が11月14日公開される。オダギリジョーを主演に迎え、フランスと日本という二つの文化と時代を生きた画家、藤田嗣治を描いた。画家の晩年まで寄り添った5番目の妻、君代を演じたのは中谷美紀。夫...インタビュー

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
2.6 2.6 (全33件)
  • PG12でこれはやめて欲しい。 伝記っぽく、教育にいいのかななんて思い見たのですが裸体の描写が多く、子供が見るのは嫌だな思いました。リリーのすべてはR15なのに、こちらPG12?もう 指定の意味がわかりません。内容も少し大人向... ...続きを読む

    RA RAさん  2017年1月29日  評価:0.5
    このレビューに共感した/0人
  • 藤田嗣治 藤田嗣治(オダギリジョー)のパリでの活動を、当時の雰囲気を見事に表現している。 名声を得た藤田嗣治は戦争を日本で経験する。 ストーリーはよくわからないが、映像と音響は素晴らしく、よくぞここまで作... ...続きを読む

    いやよセブン いやよセブンさん  2016年11月22日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • 生涯を見たかった 映像は美しかったが静かすぎた。美術館のようなのだろうか、戦争を背景にしているからなのか。終盤は個人的には監督の狐よりフジタが戦争責任を追われる決断まで見たかった。エンディングにフレスコ画は最高で... ...続きを読む

    usakae usakaeさん  2016年9月7日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「FOUJITA」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi