FOUJITA : 関連ニュース

ホーム > 作品情報 > 映画「FOUJITA」 > 関連ニュース
メニュー

FOUJITA

劇場公開日 2015年11月14日

関連ニュース:FOUJITA

オダジョーがチェ・ゲバラと共闘した日系人演じる「エルネスト」10月6日公開決定!(2017年5月12日)

オダギリジョー主演、阪本順治監督作「エルネスト」が、10月6日に全国公開されることが決定し、あわせてポスタービジュアルがお披露目された。約50年前にキューバ革命の英雄チェ・ゲバラと共闘した、実在のボリビア日系2世“フレディ前村”の生涯を描く今作。オダギリ演じる前村の毅然とした表情と、キューバの... 続きを読む

キノフィルムズ初のラインナップ発表会!2017~18年に「エルネスト」など24作(2017年3月9日)

配給会社キノフィルムズの2017~18年ラインナップ発表会が3月9日、都内で行われ、オダギリジョー主演の阪本順治監督作「エルネスト」など24作品(後日発表の邦画3作含む)の概要と公開時期が明らかになった。設立6年目で初のラインナップ発表会。同社取締役会長の木下直哉氏は「まだまだ未熟ですが、映画... 続きを読む

三浦友和、結婚記念日に男優賞!TAMA映画賞にオダジョー、蒼井優、松岡茉優らズラリ(2016年11月19日)

第8回TAMA映画賞の授賞式が11月19日、東京・パルテノン多摩で行われた。最優秀男優賞は「64 ロクヨン」「葛城事件」の三浦友和と、「オーバー・フェンス」「FOUJITA」のオダギリジョーが受賞。オダギリが「11月19日は、あの有名な松崎しげるさんの誕生日。そんな日に賞をいただけるとは」と挨... 続きを読む

ピカソ初来日作、クリス・マルケル「ラ・ジュテ」など仏20世紀芸術の傑作ずらり「ポンピドゥー・センター傑作展」(2016年6月10日)

フランスを代表する近現代美術の殿堂、ポンピドゥー・センターのコレクションを紹介する「ポンピドゥー・センター傑作展 ピカソ、マティス、デュシャンからクリストまで」が、6月11日から東京・上野の東京都美術館で開催される。美術史的な枠組みにとらわれず、フランスに関係がある作家、あるいはフランスで制作... 続きを読む

浅野忠信、主演男優賞に輝き「期待以上」 新人賞・山田涼介は「貢献できる役者に」と気合(2016年5月26日)

第25回日本映画批評家大賞(実写部門)の授賞式が5月26日、東京・池袋の東京芸術劇場で行われ、「岸辺の旅」で主演男優賞を受賞した浅野忠信、「ピース オブ ケイク」で主演女優賞を受賞した多部未華子、「グラスホッパー」で新人賞を受賞した山田涼介らが出席した。第68回仏カンヌ国際映画祭の「ある視点」... 続きを読む

「FOUJITA」小栗康平監督 フジタの芸術は「時間を超えて語られる力がある」(2015年11月15日)

第43回カンヌ映画祭審査員特別グランプリと国際批評家連盟賞を受賞した「死の棘」をはじめ、「泥の河」「伽揶子のために」「眠る男」など、その芸術性が世界で高く評価されている小栗康平監督10年ぶりの最新作「FOUJITA」が公開中だ。戦前戦中のフランスと日本という二つの文化と時代を生きた画家、藤田嗣... 続きを読む

「FOUJITA」夫婦役で初共演、オダギリジョーと中谷美紀が語る唯一無二の小栗映画の世界観(2015年11月15日)

小栗康平監督10年ぶりの最新作「FOUJITA」が公開中だ。オダギリジョーを主演に迎え、フランスと日本という二つの文化と時代を生きた画家、藤田嗣治を描いた。画家の晩年まで寄り添った5番目の妻、君代を演じたのは中谷美紀。夫婦役で初の本格共演を果たした、日本映画界を代表する俳優二人が、唯一無二の小... 続きを読む

オダギリジョー「FOUJITA」の演技に自信「これからはフジタのオダギリでお願いします」(2015年11月14日)

オダギリジョー主演で日本人画家・藤田嗣治の半生を描く「FOUJITA」が11月14日、全国15館で公開。オダギリをはじめ、共演の中谷美紀、メガホンをとった小栗康平監督が東京・角川シネマ有楽町で舞台挨拶に立った。オダギリが登場すると、客席の男性から「オダギリさん!」と声援があがる。オダギリは思わ... 続きを読む

小栗康平監督が会田誠、椹木野衣と藤田嗣治のパリ時代&戦争画を語る(2015年11月13日)

画家・藤田嗣治の半生を描いた映画「FOUJITA」の公開と書籍「戦争画とニッポン」刊行を記念し、小栗康平監督、美術家の会田誠氏、美術批評家の椹木野衣氏によるトークイベントが11月12日、都内で開催された。映画は小栗監督10年ぶりの新作で、オダギリジョーを主演に1920年代単身フランスへ渡り、フ... 続きを読む

「日本映画の世界発信柱にさらなる発展を」椎名保ディレクター・ジェネラルが掲げる野望(2015年11月6日)

ようやく国際映画祭としての体裁が調ったというのが実感ではないだろうか。就任3年目を迎えた東京国際映画祭の椎名保ディレクター・ジェネラル。これまでは世界へ向けた認知度アップに注力してきたが、土台が固まったことで攻めの姿勢を打ち出した印象が強い。大きな軸としたのが「日本映画の情報発信」で、「Jap... 続きを読む

22件中、1~10件目を表示

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi