攻殻機動隊 新劇場版
ホーム > 作品情報 > 映画「攻殻機動隊 新劇場版」
メニュー

攻殻機動隊 新劇場版

劇場公開日

解説

士郎正宗のSFコミックを原作とした人気アニメ「攻殻機動隊」の劇場版。2013~14年にかけて劇場上映された「攻殻機動隊ARISE」シリーズの劇場版となり、同シリーズを手がけてきた総監督・黄瀬和哉、脚本・冲方丁、音楽・コーネリアスといったスタッフが再結集。オリジナルストーリーで、主人公・草薙素子の過去と、彼女が率いる公安9課=通称:攻殻機動隊の誕生を描く。2029年3月、総理大臣暗殺事件という大事件が発生。バトーやトグサら寄せ集めのメンバーと捜査を開始する素子だったが、彼らをパーツ(部品)呼ばわりする素子にメンバーは反発する。それでも、事件の背後に義体開発の行く末を左右する技術的障害「デッドエンド」をめぐる政治的取引や、電脳ウィルス「ファイヤー・スターター」の存在があることを嗅ぎつける素子だったが、捜査の中でつかんだ手がかりが、やがて素子自身の出生の秘密にもつながっていく。

スタッフ

総監督
監督
野村和也
原作
士郎正宗
脚本
冲方丁
キャラクターデザイン
黄瀬和哉
総作画監督
大久保徹
サブキャラクターデザイン
大久保徹
美術監督
竹田悠介
益城貴昌
撮影監督
田中宏侍
3DCG監督
井野元英二
音響監督
岩浪美和
色彩設計
広瀬いづみ
モーショングラフィック
荒木宏文
特殊効果
村上正博
編集
植松淳一
音楽
コーネリアス
主題歌
坂本真綾
コーネリアス
アニメーション制作
Production I.G

キャスト(声の出演)

作品データ

製作年 2015年
製作国 日本
配給 東宝映像事業部
上映時間 100分
映倫区分 G
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

電子や光が駆け巡る未来は現実となり、改めて人とは何かを問う
攻殻機動隊 新劇場版の映画評論・批評

原作発表から25年、初めて映像化され世界を驚かせてから20年、攻殻機動隊の示した斬新な未来像に世界は大きく近づき、かの有名なフレーズ「企業のネットが星を被い、電子や光が駆け巡っても国家や民族がなくなるほど情報化されてない近未来」とはも...攻殻機動隊 新劇場版の映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.7 3.7 (全38件)
  • 未来を創れ ネタバレ! 冒頭の素子・クルツの会話から、この話は2人の対になる考え方がメインになるのだと分からせられます。 少女の正体が分かるシーンを改めて観ると、上位の世界へ行きたくなるほど色んな経験をしてきたんだなあ... ...続きを読む

    ジンクス ジンクスさん  2017年2月23日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • ariseの締めくくりとしてよかった 今作の出来は素晴らしいかった。ナンバリングの4作、オルタナティブアーキテクチャーの伏線とか、疑問点等が個人的に解消された。映像も綺麗で見応えあり、内容にも納得。全て見てからの評価はグンと上がりま... ...続きを読む

    ゆた147 ゆた147さん  2016年1月16日  評価:4.5
    このレビューに共感した/0人
  • 比較的分かったよ! 攻殻機動隊の中では比較的初見で理解できた!嬉しい!そして映像の美しさ。もう一度見たい。 ...続きを読む

    tama tamaさん  2015年10月20日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

動画配信検索

以下のサービス経由で、この作品の全編を今すぐ視聴できます。

攻殻機動隊 新劇場版 攻殻機動隊 新劇場版 攻殻機動隊 新劇場版 攻殻機動隊 新劇場版
攻殻機動隊 新劇場版 攻殻機動隊 新劇場版 攻殻機動隊 新劇場版 攻殻機動隊 新劇場版
2016年8月5日 2016年12月6日 2016年12月1日 2015年10月28日
¥540 ¥972 ¥540 ¥800
Amazonビデオ Google Play バンダイチャンネル bonobo
2日間視聴可能

「攻殻機動隊」シリーズ関連作品

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi