雪の轍
ホーム > 作品情報 > 映画「雪の轍」
メニュー

雪の轍

劇場公開日

解説

トルコの巨匠ヌリ・ビルゲ・ジェイランが、2014年・第67回カンヌ国際映画祭で最高賞パルムドールを受賞した重厚な人間ドラマ。監督は「昔々、アナトリアで」「スリー・モンキーズ」など過去作でもカンヌ映画祭で受賞を果たしているが、日本での劇場公開作品はこれが初となった。世界遺産カッパドキアの荘厳な景色をバックに、洞窟ホテルを営む夫婦とその妹が繰り広げる愛憎や、ある一家との確執を描く。カッパドキアのホテル・オセロを経営する元舞台俳優の裕福な男アイドゥンは、若く美しい妻や出戻りの妹と平穏な暮らしを送っていた。しかし、冬の訪れと共にホテルが雪に閉ざされていくにつれ、それぞれが秘めていた思いが浮かび上がっていく。また、アイドゥンは家賃を滞納する一家との関係にも頭を悩ませていた。主人公アイドゥン役に、「ウォリスとエドワード 英国王冠をかけた恋」のハルク・ビルギナー。

作品データ

原題 Kis Uykusu
製作年 2014年
製作国 トルコ・フランス・ドイツ合作
配給 ビターズ・エンド
上映時間 196分
オフィシャルサイト  

受賞歴

第67回 カンヌ国際映画祭(2014年)

受賞
コンペティション部門
パルムドール ヌリ・ビルゲ・ジェイラン
出品
コンペティション部門
出品作品 ヌリ・ビルゲ・ジェイラン

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

チェーホフの影を色濃く感じさせる“めんどくさい人々”の会話劇
雪の轍の映画評論・批評

キノコみたいな奇岩の景観で知られる世界遺産カッパドキア。そこでホテルを営みながら悠々自適の暮しを送る「雪の轍」の主人公アイドゥンの名は監督ヌリ・ビルゲ・ジェイランの母国トルコの言葉で“インテリ”を意味するという。が、チェーホフ(短編「...雪の轍の映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.3 3.3 (全18件)
  • 良心倫理を振りかざす暴君の心変わりを描く映画 初老男性のアイドゥンは、若い後妻ニハル、辛辣な自身の妹ネジラとともに、両親が残したホテルで暮らしている。 彼はかつて演劇の道を志し、それ相応の名声も得ていたが、いまは引退して地元紙にコラムなどを... ...続きを読む

    りゃんひさ りゃんひささん  2016年1月17日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • プレイヤー プレイヤーにならなければどこにも行けないって単純な話の筋はいつの間にか些細な違いになって良心とか尊厳とか追い求める普遍的な物事についても遠くに流れていって小さい村の小さな人間関係の中の人一人一人... ...続きを読む

    tuppo tuppoさん  2015年12月13日  評価:5.0
    このレビューに共感した/0人
  • 人にはオススメ出来ない良作。 圧倒、その一言に尽きる一本。 基本一対一の会話劇、ただそれが196分のボリュームという驚き。 独善的で人の話は聞かない女の言い分はへし折られ。 理論的に事を図ろうと進める男の言い分はへし折られ。... ...続きを読む

    好きこそモノのヘタレなれ 好きこそモノのヘタレなれさん  2015年10月31日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

動画配信検索

以下のサービス経由で、この作品の全編を今すぐ視聴できます。

雪の轍 雪の轍 雪の轍 雪の轍
雪の轍 雪の轍 雪の轍 雪の轍
2016年1月30日 2016年9月27日 2016年1月30日 2016年1月29日
¥411 ¥540 ¥500 ¥500
DMM.com GYAO!ストア ビデオマーケット U-NEXT
※プレミアムコースの場合 ※600円分無料
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi