荻原郁三、六十三才。
ホーム > 作品情報 > 映画「荻原郁三、六十三才。」
メニュー

荻原郁三、六十三才。

劇場公開日

解説

昔ながらの寿司職人が、63歳にして人生の転機に直面する姿を描いたドラマ。寿司を握り続けて40年。今にもつぶれそうな商店街で寿司屋を営む63歳の寿司職人・荻原郁三は、27歳の娘・果林とふたりで暮らしているが、娘とはそりが合わず、ほとんど口をきいていなかった。そんなある日、見た目に風情があり実力もある寿司職人を探していたという外資系資本の大手寿司チェーン店から、銀座にオープンする大型店の店長になってほしいとの誘いが舞い込む。郁三は、新たな仕事で再び羽ばたきたいと思う一方、これまで続けてきた自分の店も守りたいと葛藤し、そんな父を娘はある思いをもって見つめていた。主演は、舞台を中心に脇役生活を続けてきた俳優の五王四郎(本名は役名と同じ荻原郁三)。本業は会社員の長谷部守彦監督が、20年来の友人である五王の「65歳までにブレイクしたい」という言葉にヒントを得て本作を企画・製作。荻原をスカウトする大手企業社長役でも出演している。

キャスト

作品データ

製作年 2012年
製作国 日本
配給 アンデスフィルム
上映時間 82分
オフィシャルサイト  

映画レビュー

平均評価
2.5 2.5 (全1件)
  • お寿司たべたくなった ほかの映画と間違えてレンタルしたのだけど、なんとなく見つづけてしまった。飲食はやってると大変だからいろいろ共感した。あんなにわがままな娘を受け入れる父親もいるのかとも思ったけど、お父さんにやられ... ...続きを読む

    yoppie yoppieさん  2016年9月28日  評価:4.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

動画配信検索

以下のサービス経由で、この作品の全編を今すぐ視聴できます。

荻原郁三、六十三才。 荻原郁三、六十三才。 荻原郁三、六十三才。 荻原郁三、六十三才。
荻原郁三、六十三才。 荻原郁三、六十三才。 荻原郁三、六十三才。 荻原郁三、六十三才。
2016年8月6日 2016年9月3日 2016年7月29日 2016年8月6日
¥324 ¥500 ¥432 ¥400
DMM.com ビデオマーケット GYAO!ストア ShowTime
※プレミアムコースの場合

他のユーザーは「荻原郁三、六十三才。」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi