ある朝の思い出
ホーム > 作品情報 > 映画「ある朝の思い出」
メニュー

ある朝の思い出

解説

「シルビアのいる街で」の名匠ホセ・ルイス・ゲリンによる中編ドキュメンタリー。韓国の全州(チョンジュ)国際映画祭のプロジェクト「チョンジュ・デジタル・プロジェクト」(「デジタル3人3色」)の1作品として製作された。2008年1月21日、バルセロナの集合住宅の4階に住む中年男が投身自殺したことを受け、ゲリン監督が近隣の人々への取材を通して男の生前の様子や自殺当日の状況を映し出し、死者の記憶と人生をよみがえらせる。17年1月、ゲリン監督の特集上映「ミューズとゲリン」で劇場公開(「思い出」と併映)。

作品データ

原題 Recuerdos de una mnaana
製作年 2011年
製作国 スペイン
上映時間 45分
オフィシャルサイト  

他のユーザーは「ある朝の思い出」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi