ウカマウ
ホーム > 作品情報 > 映画「ウカマウ」
メニュー

ウカマウ

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

アンデス先住民の現実を描いた作品をつくり続けるボリビアの映画制作集団「ウカマウ」が、1966年に手がけた長編デビュー作。ティティカカ湖にある太陽の島を舞台に、妻をメスティーソ(白人と先住民の混血)の仲買人に暴行・殺害されたインディオ農民の青年が、長い時をかけて復讐を果たすまでを描く。ボリビア史上初の長編映画であり、キャストには先住民族の素人俳優を起用、台詞には先住民の母語であるアイマラ語が使用されている。カンヌ映画祭青年監督賞を受賞するなど批評的にも興行的にも成功をおさめ、本作のタイトルが集団名として採用された。

スタッフ

監督
原案
オスカル・ソリア
ホルヘ・サンヒネス
ヘスス・ウルサガスティ
脚本
ホルヘ・サンヒネス
オスカル・ソリア
撮影
ウーゴ・ロンカル
ヘナロ・サンヒネス
編集
ホルヘ・サンヒネス

キャスト

  • ネストル・ペレド
  • ベネディクタ・メンドサ
  • ビセンテ・ベルネロス

作品データ

原題 Ukamau
製作年 1966年
製作国 ボリビア
上映時間 75分
オフィシャルサイト  

他のユーザーは「ウカマウ」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi