アメリカンレガシー
ホーム > 作品情報 > 映画「アメリカンレガシー」
メニュー

アメリカンレガシー

劇場公開日

解説

俳優サム・シェパードが1993年に手がけた監督第2作。米ニューメキシコ州を舞台に、ネイティブ・アメリカンの血を引く妻が亡くなり、悲しみのあまり朽ちていくその遺体から離れることができない白人青年と、そんな彼に新しい妻を与えようとする青年の父、そして彼らの前に現れる亡き妻の亡霊の姿を描いた異色の西部劇。撮影は92年に行われ、93年に23歳の若さで他界したリバー・フェニックスが青年役として出演、父親役をリチャード・ハリスが務めている。日本では第6回東京国際映画祭で上映された後に、ビデオ発売。劇場未公開作品だったが、2014年、フェニックスの幻の遺作「ダーク・ブラッド」(12)の公開にあわせて劇場初公開が実現。

作品データ

原題 Silent Tongue
製作年 1993年
製作国 アメリカ
配給 マジックアワー
上映時間 106分
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
2.9 2.9 (全3件)
  • サムシェパード リバーフェニックス。 全体的にオドロオドロしい日本の幽霊的に感じられる場面が。 ヤングガンのチャベスに因縁ばっかの口をクチャクチャな奴が出ててビックリ。 サムシェパードなので当然の様に渋い作品になっているが地味なのは... ...続きを読む

    万年 東一 万年 東一さん  2016年6月2日  評価:2.5
    このレビューに共感した/0人
  • 沈黙の舌 ネタバレ! 21年ぶりにアメリカンレガシーを見てきました。当時の私は高校生で、まだストーリーも理解出来ていない部分が多かったけれど、あれから長い月日が経過して少し人生経験が増した私には、前回より感じる部分が... ...続きを読む

    summer summerさん  2014年5月10日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • なんだかな ネタバレ! 作品としては好きではない。亡くなった妻から離れられない夫の設定はいいのに、結局変なホラー映画みたいになっている。 馬と景色と役者の演技力は素敵だった。 ...続きを読む

    pucca puccaさん  2014年5月4日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「アメリカンレガシー」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi