有村昆、リバー・フェニックスの魅力を分析 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年4月22日 > 有村昆、リバー・フェニックスの魅力を分析
メニュー

有村昆、リバー・フェニックスの魅力を分析

2014年4月22日 16:45

(左より)コメンテーター、そしてファンとして、 熱く語り合った伊藤さとりと有村昆「ダーク・ブラッド」

(左より)コメンテーター、そしてファンとして、
熱く語り合った伊藤さとりと有村昆
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 1993年に23歳という若さで急逝した、俳優リバー・フェニックス“幻の遺作”「ダーク・ブラッド」の公開を記念し4月21日、都内の劇場で映画コメンテイターの有村昆と、映画パーソナリティの伊藤さとりによるトークイベントが開催された。

「僕の愛する妻・丸岡いずみも71年生まれで、リバーと同世代なんですよね。『今日はトークショーがんばってきて!!』と送り出されました」という有村は、「最初に見たリバー・フェニックス作品は、やっぱり『スタンド・バイ・ミー』。あとは『インディ・ジョーンズ 最後の聖戦』で、インディの若い頃をリバーが演じていてカッコ良かったですねえ」と述懐。「男の目から見ると、リバーの魅力は、彼の生きざまだと思うんですよ。メジャーに屈しない生きざま。スターになるほど、自分は俳優をやりたいのに、どうしてもビジュアルを求められてしまう。そのはざまですごく苦しみつつ、それでも『マイ・プライベート・アイダホ』や『ダーク・ブラッド』のような、主張のある作品を選んで出ている。自分の考えにブレない魅力を感じますね」と、フェニックスの魅力を分析した。

日本で世界初の劇場公開を迎えることになる「ダーク・ブラッド」は、重要なシーンの撮影を残したままフェニックスが急死ししたため、長らく未完の状態が続いた作品。しかし07年に、監督を務めたオランダの名匠ジョルジュ・シュルイツァーが75歳で余命宣告を受けたことから一念発起し、キャリア最後の作品として完成させることを決意。資金集め、権利問題のクリア、未撮影シーンの再現など、数々の問題をクリアすることに成功した。

「本当に『監督、作ってくれてありがとう』って、心から思える」と話す伊藤は、「セリフで説明する映画ではなく“感性で感じてほしい”映画に出たかったというリバーの思いを、すごく感じます」と解説。有村も「確かに“感じてほしい”リバーの思いは良く伝わってきますね」と返し、「この映画は、砂漠でひとりで暮らしているボーイことリバーのところに、ハリウッド俳優の夫婦がやってくる。その奥さんにボーイが恋するのですが、彼女を後ろから抱いて誘惑する場面がすごい! セリフは少ないのですが、セリフの“間”の部分に言葉にできない、なんともいえない感情がギュッと込められているんです。この映画は、未完成の部分を想像できる余地がたくさんあって、そこも素晴らしいなと思いますね」と見どころを伝えた。

ダーク・ブラッド」は、4月26日から全国で順次公開。また、東京・渋谷のユーロスペースでは、「『リヴァー・フェニックス』フェス」と題し、5月3日から「アメリカンレガシー」(日本劇場初公開)、同17日から「マイ・プライベート・アイダホ」の出演作2本が合わせて特集上映される。

インディ・ジョーンズ 最後の聖戦[Blu-ray/ブルーレイ] インディ・ジョーンズ 最後の聖戦[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥2,063 不老不死の力を秘めた聖杯をめぐり、インディとナチスが再び激突する、【インディ・ジョーンズ】シリーズ第3弾!出演:リバー・フェニックス
スタンド・バイ・ミー コレクターズ・エディション[DVD] スタンド・バイ・ミー コレクターズ・エディション[DVD] 最安価格: ¥1,000 スティーブン・キング原作の名作小説を、ロブ・ライナー監督が見事に映画化。4人の少年たちの冒険と成長を描いた不朽の名作。出演:リバー・フェニックス

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi