リバー・フェニックス“幻の遺作”「ダーク・ブラッド」本編映像が公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年4月25日 > リバー・フェニックス“幻の遺作”「ダーク・ブラッド」本編映像が公開
メニュー

リバー・フェニックス“幻の遺作”「ダーク・ブラッド」本編映像が公開

2014年4月25日 12:55

孤高のカリスマがスクリーンによみがえる!「ダーク・ブラッド」

孤高のカリスマがスクリーンによみがえる!
(C)2013 Sluizer Films BV
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 1993年の急逝によって長らく未完の状態が続いていた、リバー・フェニックスさんの“幻の遺作”「ダーク・ブラッド」の本編映像が公開された。

同映像は、フェニックスさん演じるミステリアスな青年“ボーイ”が、孤独に暮らす荒野の住居に、自動車の故障で立ち往生したハリウッド俳優夫婦のハリー(ジョナサン・プライス)とバフィ(ジュディ・デイビス)を招き、3人で初めて会話を交わすシーン。先住民の旧居住地であり、度重なる核実験によって世界の果てと化したという設定の荒野は、国立公園で撮影されたということもあって壮大なスケール感がたっぷりだ。

やがて美しいバフィーにひかれ、狂気と正気のはざまへと落ちていくことになるボーイだが、すでにその片りんが、雄弁に語る姿からかもし出されているところにも注目だ。

フェニックスさんは、「スタンド・バイ・ミー」「マイ・プライベート・アイダホ」などでそのカリスマ性あふれる魅力を発揮していたものの、薬物の過剰摂取により、23歳という若さでこの世を去った伝説的なスター俳優。キアヌ・リーブスジョニー・デップの良き友人であり、レオナルド・ディカプリオが憧れた人物、そして、実力派俳優ホアキン・フェニックスの実兄である。

ダーク・ブラッド」は、オランダの名匠ジョルジュ・シュルイツァーが、資金集め、権利問題のクリア、未撮影シーンの再現などの数々の困難を乗り越え、20年越しで完成させた異色ドラマ。フェニックスさんがそれまでのイメージを破るダークなキャラクターを演じ、深遠なテーマが描かれていることでも注目を集めている。4月26日から全国順次公開。

なお東京・ユーロスペースでは、「『リヴァー・フェニックス』フェス」と題して、5月3日から「アメリカンレガシー」、5月17日から「マイ・プライベート・アイダホ」の出演作2本が合わせて特集上映される。

スタンド・バイ・ミー[Blu-ray/ブルーレイ] スタンド・バイ・ミー[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,490 スティーブン・キング原作の名作小説を、ロブ・ライナー監督が見事に映画化。4人の少年たちの冒険と成長を描いた不朽の名作。出演:リバー・フェニックス
エクスプロラーズ[DVD] エクスプロラーズ[DVD] 最安価格: ¥991 夢で見た電子回路図をもとに作った手作り宇宙船“サンダー・ロード”で、宇宙に旅立つ3人の少年たちの姿を描いたSFアドベンチャー。出演:リバー・フェニックス

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi