アベルの小さな世界
ホーム > 作品情報 > 映画「アベルの小さな世界」
メニュー

アベルの小さな世界

解説

「天国の口、終りの楽園。」などで知られるメキシコの人気俳優ディエゴ・ルナがメガホンを取った家族ドラマ。父親の失踪によるショックから心を閉ざし、話すことができなくなった9歳の少年アベル。ところがある日、突如として話し出したアベルは、自分が子どもたちの父親だと言って大人のように振る舞いはじめる。家族はそんなアベルの様子に戸惑いながらも、次第に彼を頼りにするようになっていく。そんな矢先、失踪していた父親が2年ぶりに家族のもとへ帰ってくる。2010年・第7回ラテンビート映画祭および13年・第10回ラテンビート映画祭にて上映。

スタッフ

監督

キャスト

  • クリストファー・ルイス=エスパルサ

作品データ

原題 Abel
製作年 2010年
製作国 メキシコ
上映時間 85分
オフィシャルサイト  

映画レビュー

平均評価
4.0 4.0 (全1件)
  • キュートなストーリー 陰惨な映画の多い中南米の作品の中でコミカルかつハートウォーミングなよい作品でした。 日本の侘び寂びのような主張しすぎないラストですが、ただ目線を動かすというだけの行為が映画としての結末を表すとい... ...続きを読む

    ヤンド ヤンドさん  2013年12月31日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「アベルの小さな世界」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi