銀の匙 Silver Spoonのレビュー・感想・評価

銀の匙 Silver Spoon

劇場公開日 2014年3月7日
67件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

うーん。

作品的には物足りなさが否めないけど
いろいろと考えさせられたし、
見てよかったとは思う。

あとは、広瀬アリスさんの様々な表情に
とても引き込まれました。

天才姉妹なんですね。

@crimson

@crimson_1216
@crimson_1216さん / 2016年5月27日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

●経済動物とのつきあい方

意外とグッときた。なかなか深い。
原作読んでない者勝ちか。

経済動物。なるほど。
商売上はそう割り切るしかない。
情をかけるとロクなことがない。
どう折り合いをつけるか。

一方、人は逃げ道のない経済動物とは違う。
生きるための逃げは、あり。
逃げた先で、どうするか。

北海道開拓民の血。

「外国の言い伝えでは、銀の匙をもって生まれた子は、生涯、食うに困らない。」
「そうか。農家は食いっぱぐれないですもんね」
「そう願いたいもんですね」
深い。

農家の倅と、将来像が描けない主人公。
逆にいえば、将来は自分次第で自由に描ける。

なかなか刺さるセリフといい展開だっただけに、ラストが残念。
校長先生はなぜ、銀のスプーンでなく、わざわざ匙と言い換えたんだろ。
ここだけズレた。尺がなかったんだろか。

主役やベテランはもちろん、脇をかためる市川知宏、安田カナの存在感。
彼らの今後が楽しみだ。

うり坊033
うり坊033さん / 2016年5月15日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

あなどっていた

原作、アニメを知らずに観ました。てっきり若い俳優さんばかりなので、青春をテーマとしているだけかと思っていました。
食育、酪農家の実体を知ることができる考えさせられた映画でした。
教育の題材にも出来そうと思いました。

ちぃ
ちぃさん / 2016年5月8日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい 楽しい 知的
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

空気が美味しそう

原作は未読ですので、原作に忠実かどうかという見方は出来ませんでしたが、
1本の青春映画として
爽やかで明るくて
夏に観たくなると思いました

中島健人くんが冴えない進学校出身の男子高校生に
想像以上にハマっていて
結構びっくりしました
吹石一恵さんの役柄が違和感
あの先生は少し漫画チックすぎ?
まあ、漫画原作だからそのくらいがちょうどいいのかも
黒木華ちゃんは自然な演技が
飾らなくて心地よい

競馬にクライマックスを持っていくために
もう少し時間をかけて欲しかったのはありますが
両親が競馬の後に主人公の様子を
成長したなあ…
って感じで遠くで見ているとか
そういうリアルな空気感がよかったです

雰囲気勝ちですね

ヒヨ
ヒヨさん / 2016年3月30日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

60点

映画評価:60点

アニメから見ているのですが、実写版良かったです。

むしろ農業というテーマはアニメにする方が珍しく、実写版の方が自然で現実的で楽しめました

命を頂く

農業の厳しさ

夢と青春

色んなものが詰まった素晴らしい作品でした!

【2016.2.27鑑賞】

ヨコタス@名作探検家
ヨコタス@名作探検家さん / 2016年2月28日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  楽しい 幸せ
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

考えること

私は八軒のように高校への進学を決めなかった。むしろ真逆。

八軒は突然放り投げられた環境でさまざまな経験を積み、様々な感情とかいろんなものを学ぶ。とてもうらやましい。

それくらいの柔軟性が自分にもほしいし、もっと自分と見つめあっていろんなことをやってみてこれからの人生の糧にしたいと強く思った。

農業高校を扱っている作品とだけあって、確かに経済動物との線引きだったり、実際に私たちが生きていくために食べているものだったりと食に関するテーマでも見れる面白い作品だと思った。

けれど、全体的にメインとなっていたのは八軒含む高校生たちの悩みなどだったのかなぁと思う。
同世代の私が見ると今、ちょうどこんな気持ちかもしれないと気づかせてくれる。自分と向き合い、外の世界と向き合いながら自分の生きる道を見つける私たちにぴったりの作品である。

個人的に、自分も寮住まいなので主演の中島健人君が寮の中でクロックスを履いていることにはなぜか感動と興奮をしていたし、なによりご飯がおいしそうでうらやましい。

みい
みいさん / 2016年2月26日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

命をもらっている

この映画を見る人の多くは若者。
動物を殺めて人は、命を貰って生きていること。
それだけが理解できれば十分かな、と思いました。
そして酪農の厳しさを改めて感じました。
そして、友達同士のやり取りが素晴らしかった。
けんかして、でも仲直りして、思い合って青春だなぁ…

別件ですが福山雅治の奥様、すごく細かった。
見とれてしまいました。

みきねこ
みきねこさん / 2016年2月25日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

経済動物とペットの線引きは難しい

原作を何冊か読んでいたので、話の流れは良く分かったのですが、読んでた中でかなり印象的だった釜のシーンがなくて残念でした。
ただ、広瀬アリスさんのサバサバした演技はとても可愛かったです!たま子がすごく原作に忠実だったのにあまり役が際たたず勿体ないなぁ。
農業の楽しさ、辛さより、高校生の葛藤にフューチャーされていたように思います。

向日葵
向日葵さん / 2016年2月21日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

酪農の現実を、ユーモラスな青春像を通して知る

2014年上映とは、思えないほど、今をときめく若手俳優達が初々しくて、おすすめです❗
題名から、あの名作小説だと思ってましたが、マンガが原作なんですね‼北海道出身者には開拓民の血が流れている‼という台詞が印象的でした。主人公の男の子は、有名進学校の落ちこぼれとしても、ちょっとしっかり育ち過ぎで、リアルではなかったかな?

moo\(^-^)/
moo\(^-^)/さん / 2016年2月20日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 楽しい 知的
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

原作は知らないんだけど、リアルな農業高校、農家が観れたのは良かった...

原作は知らないんだけど、リアルな農業高校、農家が観れたのは良かった。ストーリーは特に印象に残らず。

マサロック
マサロックさん / 2016年2月19日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

原作漫画がある以上

内容は近くするべきとは思う。
ただし、時間が限られた作品の中で、長編の漫画を活かしきるのは無理がある。
そこそこ頑張った作品ではあると思うので、原作ファンでない人は十分ではないかと思う。

うにたん♪
うにたん♪さん / 2016年2月4日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  楽しい 単純
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

全然ダメ。

原作を読んでいて、実写化された映画はどんな感じかを見ていたら、原作の世界観を壊していましたね。普通の原作を実写化したものは、登場人物などは原作の世界観を壊さぬように似せたりするものですが、銀の匙は似せるどころか、原作にいるはずのキャラクターが映画には登場しないのです。原作ファンの私からすれば、これには怒り心頭でした。
著作権の問題もあって、内容は少し変えないといけないところもあると思いますが、銀の匙は原作とは全く違う内容が多々ありました。原作では農業を面白く伝えようとする作者の気持ちが伝わりますが、映画はただ農業を伝えるドキュメンタリー性が富んでました。全く面白くありませんでした。

りのてぃー
りのてぃーさん / 2015年10月12日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 0.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

凄くいいな〜のほほんと見れる〜て感じで好きでした。 家畜と人間とを...

凄くいいな〜のほほんと見れる〜て感じで好きでした。
家畜と人間とを題材にしてる原作ゆえに、そこらへんがちゃんとしてる。見てて教科書的で、教材としてもいいんじゃないか?とか思う。農業の現実も見れるし、本当のところは知らないんですが、なにより面白いし広瀬アリス可愛いしで、満足いったな。原作読んで、もう一度見直したらあれ?とかって思いそうなので、原作だけみることにします。
癖なく見れた。中村獅童の先生ぶりがいいですな〜。

VANeRop
VANeRopさん / 2015年7月23日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

農業のこと知らなかったって改めて思いました。

経済動物って思いながらも、動物として接して世話している農業の人たちの感覚って素晴らしいなって思いました。
そして、いつも食べさせてもらってる動物や食物、それを世話している皆さんに感謝しなきゃなぁって思いました。
実際に農業やってる人たちや原作知ってる人たちから見たらツッコミ所があるかもしれないけど、少なくとも農業について興味は出ました。

あとキャストが良かったと思いました。どの役も合ってたかと。
校長先生役が上島竜兵でビックリしたけど、雰囲気すごく良かった。
そして、Sexy Zoneの中島健人くん…TVで見た時に「セクシー○○」とか言ってて、なんじゃこのアイドル?!って正直思ってましたが(笑)、この映画では八軒くん合ってると思うし、応援したくなりました。

あめゆず(*ё*)まぁーる
あめゆず(*ё*)まぁーるさん / 2015年7月22日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  楽しい 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ほぼ原作どおりに、すごくうまくまとめてあるけれど、この作品は細かいところを端折ってはいけないと思う。

ほぼ原作どおりに、すごくうまくまとめてあるので感心した。

でも、ストーリー重視で、あまりにもうまくまとまりすぎていて、原作を読んでいる人には退屈かもしれない。

読んでない人はいいかもしれないけど、読んでいる人には完全にネタバレ状態で、きびしい。

実写化されたキャラクターを見てみたいという気持ちもあるけど、合っているのは富士先生役の吹石さん(なんとなく胸や腰のあたりが・・・)くらいで、他の人はいまいち合ってない。

合っていないのだけれど、驚いたのは黒木華さん。

最初はまったく気づかなかったのだけれど、よく見ると黒木華さん(”小さいおうち”のタキさん)だった。

この人やっぱりすごい。原作のキャラのイメージには合っていないのだけれど、それなりに映像に溶け込んでいて、まったく違和感がない。

この人なら、どんな役でも、それなりにできるような気がした。

でも、この作品の場合、ストーリーやキャラクターより細かいところを重視してほしかった。

農業や酪農のことなど、普通の人は知らないし、ましてや農業高校、しかも北海道のことなど、行った人でなければわからない。

すごく身近な食料のことなのに、まったく知らなかったので、その奥深さや、独特の世界観に驚く。

その辺のところが面白いところなのに、尺があるのでしかたないかもしれないけど、ストーリー重視で、その辺のところがカットされているのが残念でした。

よく考えてみると、普通、当たり前と思っていることでも、当たり前のことなど一つもない。

毎日食べる食料だって、スーパーに行けば、当然のように買えるけれど、けっして当たり前というわけではない。

いろんな人々のたいへんな仕事と、他の生物の犠牲の上で、そこにあるものである。

普段はそんなこと考えもしないけど、あだやおろそかにできないものである。

映画とは関係ないけれど、同じように、毎日飲む水道水だって、普通の人は蛇口をひねれば出ると思っているだろうけど、けっして当たり前ではない。

そのルートや設備を作る人の苦労はもちろんのこと、そのシステムを毎日管理する人や、日々水質を調べ、検査している人がいることで成り立っている。

そういう人の仕事や苦労、他の生物の犠牲に感謝しながら、食べたり飲んだりするべきだと気づかせてくれる作品でした。

でも、他の国の人はわからないけど、大多数の日本人は”銀の匙”持って生れてきていない思う。(そもそも食料自給できないし・・・)

どちらかというと”地獄の食事”の長いSpoon(匙)に近い。

そのまま”地獄の食事”をするなら、どうしようもないことになりそうが気がする。

Push6700
Push6700さん / 2015年5月2日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  笑える 楽しい 幸せ
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

原作をなぞった

どうしてだろうか、原作をなぞった感じが否めない。まあ、原作がマンガの映画はどうしてもそうなるのか。
八軒がなんか違う。

乗馬をしたくなりました。

タカヒロ
タカヒロさん / 2015年4月29日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  単純
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

あの、予告編での期待はどこへ?

予告編ではとっても面白そうでしたね。
しかし、そのシーンも本番ではあっさり・・・・
話としては重く始まって、ギャグ的な予告編と ? でした。
結局どっちつかずで中途半端な映画となってしまいました。

シネパラ
シネパラさん / 2015年2月23日 / PCから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

そこカットするんかい ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

おいおい、ピザ窯の話はカットですかい!
って言うね。あの話が一番八軒成長の話につながるかなと思ったけど
あれが丸々豚丼の燻製とそのあとの馬場づくりになるわけか・・・・
んー、まぁそれでもいいけどそれだと中村獅童を大仏先生に据えた価値がないんじゃ?
もうちょっとはっちゃけてくれても良かったよね。先生。

でも案外トサツ場のとかもリアルに出しちゃうのね。
まぁそんな決定打はなかったけど、チラガー出てたしなぁ。
まぁチラガーだけどな。

それと
たま子!!!たま子がビジュアル良いだけに何か残念なんだけどっっっ!!!
たま子の良いとこ出てないぞっっ!!!たま子!!!!
たま子の無駄遣い!!!!

みやんこ
みやんこさん / 2015年2月23日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  楽しい 難しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

要らない解毒剤 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

これまで「毒」を振りまいてきた吉田監督。堀北真希さんという究極のピュアネスを使っても、猛毒を振りまいた「麦子さんと」。今度は中高生中心、いや、ピンポイントにした題材の映画だ。

なるほど、ちょうど「WOOD JOB!」と正反対の映画だ。

決定的に違うのは、いわゆるリアリティの演出で、本作はドキュメンタリーチックな語り口のなかを人気俳優が自身のキャラクターそのまんまを演じて、結果リアリティからほど遠い世界を見せているのに対し、「WOOD・」は役者はキャラを主張し、世界観は決して壊さない。

これは、間違いなく「客層」を考慮した上での興行的戦略の差だろう。

結果、これまでの吉田監督の毒にうなされつつも、毒を求めてきた俺としては、見るも無残な青少年映画となってしまったことに、一応の納得はした。オレの言う無残とは無毒、といってもいい。

だからまず、俺がガタガタ言う映画ではない、ということだ。

しかし、なにより、ずいぶんとハズした役者をあえて揃えてきたなあ、と。ここまでくるとわざと、としか思えない。「麦子さんと」の堀北真希さんはだからこそ、の配役だったが、本作の役者陣にその意味はない。

また、ドキュメンタリータッチについて、「ばしゃ馬さん・」の老人ホームのシーンでものすごい違和感を感じた、やっすいドキュメンタリー感な絵がここでは全編に渡って繰り広げられる。

今回、とる題材が合わなかった、とか、メジャーに合わないとかは、関係なく、明確なターゲット層の作品で、求められる結果を出せなかったように見える。

しんざん
しんざんさん / 2015年1月24日 / PCから投稿
  • 評価: 0.5
  • 印象:  怖い
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

原作を上手く整理してまとまってる

原作マンガは未読だが、アニメ化されたテレビの方は見ていた『銀の匙』の実写映画化。マンガ『はじまりのはる』と同じように、農業高校・酪農高校「あるある」を描いた作品。
アニメでは、もっと淡々と時間をかけて丁寧に「あるある」を描いていたが、映画化に際して、割りと上手く整理してまとめたと思う(まぁ原作未読で断言できないのだけど……)。経済動物を「生産」する現場の厳しさ。それは、命を喰うことでもあり、営農の困難さでもある。そんな現実に向き合いながら成長する主人公の姿は、それなりに表現できていた。
『さんかく』『麦子さんと』の吉田恵輔監督は、まだまだ絶賛するレベルではないが、彼の描く思春期成長物語は、今後も期待してみたい。

CRAFT BOX
CRAFT BOXさん / 2015年1月8日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  楽しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

67件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi