朝日のあたる家のレビュー・感想・評価

メニュー

朝日のあたる家

劇場公開日 2013年9月28日
5件を表示 映画レビューを書く

むずかしいテーマ

評判が良かったので見に行きました。
泣いている方もいたので、感動されているのだと思いましたが
私は複雑な思いで見てしまいました。
どうも、お話しの流れが感動を誘うよう、誘うように作られている気がするのと、ちょっと少女趣味な女性の描き方について行けなかったです。

あと、お父さん役の人がいきなり怒ったりするのが、なんとなく無理強いされて演技しているようで可哀想な気もしました。

一番気になったことは、泣ける映画、、、みたいになってることに違和感を感じました。福島の現実を知って欲しいと作られた気持ちはわかりますが、原発事故で被災された方々は、泣ける存在なのでしょうか?
間違った捉え方をしてるかもしれませんけど、泣かそう、感動させよう、とする事が目的になってるように感じられて、実際に避難生活をされている方たちと最近お話しする機会を持った私は素直に映画に入り込めませんでした。

たくさんの人が感動している映画のようなので、悪く言うつもりは無いのですけど、以前見た「希望の国」の方が現実的に思いました。

cocorin
cocorinさん / 2014年11月24日 / PCから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

これは観ておかないとね!

原発推進ないしは、どちらでも何とも思わない方こそ観て頂きたい。
この映画を観終えた後、その是非を伺いたい。原発によって作られてきたモノ、沢山ある。そして、その恩恵に預かって来たのも解る。しかし、またこのままずっと過去の産物にしがみ付かなければならない理由。
そんな映画かな。
石田イッセイさんの劇中の台詞が全てで、それに翻弄されている社会。

酔いどれ堕天使
酔いどれ堕天使さん / 2013年12月17日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 悲しい 怖い
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

何度観ても、心が震える。魂が揺さぶられる ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

この映画を3度観ました。3度ども感極まりました。それは何故か、この映画は、原発事故による家族の悲劇をまぎれもなく忠実に描いていること。しかも進行形であり、私たちの過去、現在、未来をも描いている。事実だからこそ、感動がひと味違う。
何度観ても同じシーンで、心が震える。魂が揺さぶられる。弱者である母親の良江が立ち上がるシーン。
本当の幸せって、何気ない普通の平凡な日々だったんだね…と、次女の舞が回想するシーン…
この映画は、その人によって感情移入する登場人物が異なるだろう。それぞれが誰かを体感する。
男性なら父親や娘の彼の苦難を体感するだろう。
母親、娘、娘を思う彼…それぞれの立場や思いが、とってもリアルにきめ細やかに描かれている事に驚かされる。
太田監督の人間観察はすごい! と感心しました。
誰かを体感する事で、原発の災害が収束するどころか、どんどん拡大している現実を思い出してほしい。
まだ、観ていない方がおられましたら、DVD化はありませんので、絶対映画館にいくべき! おすすめの作品です。

aquaapple
aquaappleさん / 2013年10月28日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 悲しい 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

涙涙の映画

普通の農家に襲った悲劇。こんなことが、日本でおこっていいのか。お隣の犬がきになって、車のトランクに隠れて家に帰る中学女子学生の妹。姉さんは、ひとごとのようにふりまっていたけど、突然の容態の急変。
きれいな雪のような白いものが降って。
だれもしらされてない事実。
国絡みでいんぺい 皆さんみてください。

yushgenki
yushgenkiさん / 2013年10月26日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 悲しい 知的
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

福島原発が終息していない今だからこそ見るべき映画

現在でも福島原発では放射能に汚染された水が毎日大量に流出されている。
撒き散らされた放射能は関東でも高い値で測定されている。

しかし、世間では終わった事のように国民は事故を忘れ、国は穏便に事を進めている。
テレビや新聞からの情報だけでは原発事故の被害に苦しむ人たちの悲惨さはなかなか伝わらない。
この映画は、全国の人にそれを伝えられる力があります。

原発を抱えている地域の方。
原発とは無縁な地域の方。
実際に今回の原発被害に合われた方。
全てに見て頂きたい映画です。

見廻りくま
見廻りくまさん / 2013年8月15日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 悲しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

5件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi