そしてAKIKOは… AKIKO あるダンサーの肖像
ホーム > 作品情報 > 映画「そしてAKIKOは… AKIKO あるダンサーの肖像」
メニュー

そしてAKIKOは… AKIKO あるダンサーの肖像

劇場公開日

解説

日本のモダン・ダンス界の第一人者で、2011年9月に75歳で他界したアキコ・カンダの最後の姿をとらえたドキュメンタリー。40代の円熟期のアキコを記録した「AKIKO あるダンサーの肖像」(1985)で文化庁芸術作品賞を受賞するなど高い評価を獲得した羽田澄子監督が、再びアキコを追った。70代半ばを迎え肉体的な衰えに直面するアキコが、どのようなダンスを生み出していくのか、羽田監督は新たなアキコのドキュメンタリー製作のためカメラを回し始めるが、ほどなくしてアキコがガンに侵されていることが発覚。アキコは10年秋のリサイタル終了直後に入院し、退院後も治療を続けながら真摯にダンスと向き合い続ける。11年9月の他界直前に行われたリサイタルの模様も収められ、最後までダンスに全てをかけたアキコの生涯をさかのぼる。

スタッフ

監督
製作
工藤充
製作協力
佐藤斗久枝
撮影
宗田喜久松
河戸浩一郎
録音
滝澤修
ナレーション
羽田澄子
アキコ・カンダ
ピアノ
高橋アキ

キャスト

作品データ

製作年 2012年
製作国 日本
配給 自由工房
上映時間 120分
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

「AKIKO あるダンサーの肖像」シリーズ関連作品

他のユーザーは「そしてAKIKOは… AKIKO あるダンサーの肖像」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi