ウォルト・ディズニーの約束
ホーム > 作品情報 > 映画「ウォルト・ディズニーの約束」
メニュー

ウォルト・ディズニーの約束

劇場公開日

解説

米ウォルト・ディズニーが、自社の映画製作の裏側を初めて描いた作品で、1964年の名作ミュージカル映画「メリー・ポピンズ」の製作秘話をトム・ハンクス&エマ・トンプソン主演で映画化した。ウォルト・ディズニーは娘が愛読している児童文学「メリー・ポピンズ」の映画化を熱望し、原作者パメラ・トラバースに打診するが、トラバースは首を縦に振らない。やがてイギリスからハリウッドへやってきたトラバースは、映画の製作者たちが提案する脚本のアイデアをことごとく却下。なぜトラバースは「メリー・ポピンズ」を頑なに守ろうとするのか。その答えが、幼い頃の彼女と父親との関係にあると知ったディズニーは、映画化実現の最後のチャンスをかけ、トラバースにある約束をする。監督は「しあわせの隠れ場所」のジョン・リー・ハンコック。

作品データ

原題 Saving Mr. Banks
製作年 2013年
製作国 アメリカ
配給 ディズニー
上映時間 126分
映倫区分 G
 

受賞歴

第86回 アカデミー賞(2014年)

ノミネート
作曲賞 トーマス・ニューマン

第71回 ゴールデングローブ賞(2014年)

ノミネート
最優秀主演男優賞(ドラマ) トム・ハンクス
最優秀主演女優賞(ドラマ) エマ・トンプソン

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

構成の妙と名優2人の演技で魅せる「メリー・ポピンズ」誕生秘話
ウォルト・ディズニーの約束の映画評論・批評

無愛想で厳しく、子どもに媚びず、すぐに気を悪くする、鼻をフンとならしてあしらう。しかも窓に自分の姿を映してはうっとりするナルシスト。誰のことかって? メアリー・ポピンズ。ただし映画の「メリー・ポピンズ」ではなく、児童文学者パメラ・L・...ウォルト・ディズニーの約束の映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.7 3.7 50 (全71件)
  • メリー・ポピンズを読みたくなる・観たくなる 一人で見ていたら絶対泣いていた作品です。 ウォルトとトラヴァース夫人の作品への思いが伝わりました。 私は小説を書いたりもするので「自分の作品はここまで愛せ!」みたいな事が伝わりました。 トラヴァ... ...続きを読む

    紗礼 紗礼さん  2015年4月1日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • 感激した この映画をみて 私も過去にとらわれずに自分でどう生きるかを切り開いていかなければいけないと感じました。 ラスト30分間ずっと泣いていました! 何かにくじけそうなった時にまた、 みたいと思いました。 ...続きを読む

    mm mmさん  2015年3月11日  評価:5.0
    このレビューに共感した/0人
  • 英題が好み! Saving Mr.Banks この英題そのままのストーリー。邦題もこのままにしてほしかったな〜(´ρ`)映画を見てから英題を知り、なるほどと感動しました!メリーポピンズにもつ執拗なこだわりには... ...続きを読む

    なかじー なかじーさん  2015年3月6日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「ウォルト・ディズニーの約束」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

採用情報