戦争と一人の女
ホーム > 作品情報 > 映画「戦争と一人の女」
メニュー

戦争と一人の女

劇場公開日

解説

坂口安吾の小説「戦争と一人の女」「続戦争と一人の女」を映画化した官能文芸ドラマ。太平洋戦争末期から終戦後の東京を舞台に、時代に翻弄された男女の交錯する運命を描く。時代に絶望した作家の野村は、飲み屋を営む元娼婦の女と刹那的な同棲を始め、貪るように体を重ねる。一方、中国戦線で片腕を失い帰還した大平は、戦場での精神的後遺症から妻との性交渉ができなくなっていた。しかしある日、数人の男たちに襲われている女を見て、自分が興奮していることに気がつき……。元文部科学省官僚で映画評論家の寺脇研氏が企画プロデュース。若松孝二監督の下で映画作りを学んだ脚本家の井上淳一が初メガホンをとった。

スタッフ

監督
企画・統括プロデューサー
寺脇研
プロデューサー
片嶋一貴
原作
坂口安吾
脚本
荒井晴彦
中野太
撮影
鍋島淳裕
照明
豊見山明長
美術
磯見俊裕
録音
臼井勝
音響効果
伊藤進一
録音監修
橋本文雄
編集
蛭田智子
音楽
青山真治
山田勲生
助監督
瀬戸慎吾

作品データ

製作年 2012年
製作国 日本
配給 ドッグシュガームービーズ
上映時間 98分
映倫区分 R18+
オフィシャルサイト  

インタビュー

江口のりこ×永瀬正敏×村上淳 “役者”の視点から語る映画論
インタビュー

古今東西さまざまな視点から数多くの反戦映画が作られてきたが、主人公自ら「戦争が好き」と言ってのける反戦映画はなかなか見当たらない。元文部科学省官僚で映画評論家の寺脇研氏が、「見たい映画がないのなら、自分たちで作ってしまおう」と呼びかけ...インタビュー

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
3.3 3.3 (全6件)
  • 戦中、戦後の動乱期の性 ネタバレ! 売春婦を意味する「パンパン」は知ってましたが、「パン助」は今作で初めて知りました。 輪姦(まわ)し、レイプなど、戦中、戦後の動乱期の性がよく表現できている。 江口のり子の性交シーンは“性交で感じ... ...続きを読む

    不死鳥 不死鳥さん  2015年1月8日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 男女の性(サガ)と戦争の本質を突きつけている すみません、海賊版?(韓国版)の「YouTubu」で鑑賞しました。 最近つくられた映画だと知って感激いたしました。子供のころ(55年以上前)は、この種の映画はよく鑑賞していたし、大人たちからは戦... ...続きを読む

    yuto yutoさん  2014年8月21日  評価:5.0
    このレビューに共感した/0人
  • 村上淳よかった ネタバレ! 江口のりこに比べて永瀬正敏のぬぎっぷりが悪かった。あの感じでは服を着たまま挿入しているようで、せめてもうちょっと性器を取り出すような動作をして欲しかった。ぽろっと涙をこぼす場面はすごくよかった。... ...続きを読む

    古泉智浩 古泉智浩さん  2013年8月24日  評価:3.5
    このレビューに共感した/2
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「戦争と一人の女」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi