唄祭ロマンス道中
ホーム > 作品情報 > 映画「唄祭ロマンス道中」
メニュー

唄祭ロマンス道中

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「第三波止場の決闘」の芝野文雄の脚本を、「自由ケ丘夫人」の佐伯幸三が監督した喜劇。撮影も「自由ケ丘夫人」の飯村正。

ストーリー

江戸一番の糸問屋「糸万」の一人娘おチエは、降る星のごとく持ちこまれる縁談を片端から断っていた。すっかり頭を痛めた喜三郎、お篠夫婦は祈トウ師の「四国徳島で阿波踊りの日に天狗の面をかぶった男がおチエの夫」という言葉を信じて、出入りのトビ職三吉をつけ、おチエを徳島へ旅立たせた。こうして四国へ渡ったおチエと三吉は、宿場の旅籠「鳴戸屋」へ入ったが、主人の才兵衛おやす夫婦のがめつさに腹を立てたおチエ、向いにある旅籠「小松屋」へと宿を替えた。ところがこの小松屋が大変な貧乏旅館で、お人好しの善兵衛おむら夫婦を見るに見かねたおチエは、持ち前の義侠心から宿の前で歌をうたって客引に大わらわ。おかげで小松屋は満員の盛況。そこへこの宿場に稲葉三万石の城主の妹君、夕姫の輿入れ行列が急に宿ることになった。その昔、夕姫に仕えていた小出陽之助は彼女と恋仲であったが所詮、添われぬと知った彼は身を引いて浪人となり、夕姫の輿入れを一目みんとして小松屋に宿っていた。その頃、本陣では大騒動が持ち上っていた。陽之助を思う夕姫が縁談を嫌って逃げ出していたのだ。本陣を逃げ出した夕姫は小松屋の裏でおチエと三吉に救われ、事情を聞いたおチエは夕姫を町娘に変装させた。一肌ぬぐ決心をしたおチエは、夕姫の婿となる稲垣頼母が彼女に対面にくる当日、直接にぶつかって夕姫の心を打ち開け頼母の男気にすがった。おチエの真心に粋人頼母は、夕姫頓死を稲葉家中に伝えてくれた。すっかり喜んだ夕姫、おチエ、三吉が小松屋へ帰ってくるが、陽之助は徳島へ旅立った後だった。三人もその後を追った。折から、徳島の城下町は阿波踊りの真最中、おチエはここで祈トウ師の言葉通り天狗の面の男にバッタリ遭遇、それが陽之助の変装と知った彼女は、夕姫と彼の手をしっかりと握ると、なつかしい江戸をめざして三吉とともに帰り旅を続けるのだった。...

スタッフ

監督
脚本
芝野文雄
製作
杉原貞雄
撮影
飯村正
美術
北辰雄
音楽
神津善行
和楽
望月太明蔵
録音
鴛海晄次
照明
小西康夫
編集
庵原周一
助監督
加藤秀夫
振付
花柳典穣
玉田祐三

キャスト

作品データ

製作年 1960年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 97分

提供:株式会社キネマ旬報社

DVD・ブルーレイ

銀座の恋の物語[DVD] 銀座の恋の物語[DVD] ロマンス娘[DVD] ひばり・チエミの おりしどり千両傘[DVD]
銀座の恋の物語[DVD] 銀座の恋の物語[DVD] ロマンス娘[DVD] ひばり・チエミの おりしどり千両傘[DVD]
発売日:2002年9月27日 最安価格: ¥3,175 発売日:2013年2月2日 最安価格: ¥1,763 発売日:2005年3月25日 最安価格: ¥3,849 発売日:2005年6月21日 最安価格: ¥3,759
Powered by 価格.com
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi