二人の銀座
ホーム > 作品情報 > 映画「二人の銀座」
メニュー

二人の銀座

劇場公開日

解説

ヒット曲「二人の銀座」の映画化で、雪室俊一の原案を「愛して愛して愛しちゃったのよ」の才質明が脚本化し「おゆきさん」の鍛冶昇が監督した青春もの。撮影は「不死身なあいつ」の山崎善弘。

ストーリー

マコは電話ボックスで、姉玲子のかつての恋人戸田が作曲した楽譜を落とした。拾ったのは東南大学で友人とバンドを結成している健一であった。彼はかねがねプロになりたいと願っていたので、ジャズ喫茶の支配人小泉の所にその楽譜を持って出かけた。やがて楽譜は「二人の銀座」となって登場し熱狂的な受け方をした。マコは健一を訪ね、姉の恋人が作曲したものだから返してくれるように頼んだが、健一の曲への情熱に負け、引き下がらざるをえなかった。マコが毎日のように戸田を探し回る一方では、曲の方は益々大ヒットとなり、心苦しくなった健一は小泉に打ち明けたが、「戸田は盗作問題でレコード界から閉め出された人間だから」と逆に慰められる始末だった。しかし健一はマコと一緒に戸田を探すことにした。ついに二人は戸田が川崎のキャバレー「風車」でピアニストをしていることをつきとめた。健一が無断で使っていたことを詫びると「歌いたい人が歌い、弾きたい人が弾く、音楽は皆のものだから」と言うのだった。そしてマコの「姉は貴方を待っています」との言葉に戸田の顔は一瞬変った。数日後、いよいよ健一たちのプロへの登龍門となるジャズ・フェスティバルの日がやってきた。マコもお祝いに来た。興奮する聴衆を前に健一は今は一切を告白した。一瞬場内にざわめきが起ったが、正直な告白に場内は更にわきかえった。やがて「二人の銀座」の演奏が始った。その中で戸田は一人淋しく会場から消えていった。その後を玲子が追っていった。一方大成功をおさめたマコと健一は友人たちと、「二人の銀座」を合唱しながら、夕暮れの銀座を青春の行進を続けていった。...

スタッフ

監督
脚本
才賀明
原案
雪室俊一
企画
笹井英男
撮影
山崎善弘
美術
木村威夫
音楽
林一
録音
片桐登司美
照明
高島正博
編集
辻井正則
スチール
目黒祐司

キャスト

作品データ

製作年 1967年
製作国 日本
配給 日活
上映時間 79分

提供:株式会社キネマ旬報社

映画レビュー

平均評価
4.0 4.0 (全1件)
  • 単なる歌謡曲映画とあなどるなかれ 山内賢の訃報を聞いたのは数年前のことになるだろうか。私が中学生ぐらいのころの憧れのお兄さんで、「二人の銀座」が大ヒットした。相方の和泉雅子さんの歌も好きだったが、彼女は後に北極点を目指す探検家に... ...続きを読む

    ごいんきょ ごいんきょさん  2014年4月22日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi