ほんだら捕物帖
ホーム > 作品情報 > 映画「ほんだら捕物帖」
メニュー

ほんだら捕物帖

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

前作「ほんだら剣法」でコンビの笠原良三がシナリオを執筆、森一生が監督した“ほんだら”シリーズ第二作目。撮影は「処女が見た」の牧浦地志。

ストーリー

江戸後期。さる大藩の江戸上屋敷に、お人好しで正義感に溢れた馬廻り役、目白六平太が居た。だが、この種の善人が機構の中で住みにくいのは、今も昔も変りない。六平太は、この腐り切った侍社会に愛想をつかして、気楽な稼業とばかり長屋で浪人暮しを始めた。そうしたある日、三味線の師匠お勢という年増美人が、心臓を一突きにされて殺された。土地の岡っ引、花川戸の花七親分と子分の千八は、行動の怪しい盲の松の市、太鼓持ちの眼鯨、伊勢屋の若旦那栄之助らを取り調べるが、みんな各々にアリバイがあった。そんな時、こまり切った花七親分に、眼鯨が長屋に越してきた狼人目白六平太が怪しいと告げ口した。早速花七親分は、与力の安田伸山に逮捕状を請求するが、証拠不十分で断わられてしまった。が、そうするうちに、今度は当の六平太が、松の市が怪しいと言って来た。松の市は、実は眼が見えるというのだ。早速花七親分は松の市逮捕に向った。だが、すでに松の市は殺されていた。こまりきった花七の姿をみかねた花七の妻お勝は、六平太に援助を求めた。六平太も、ふとしたことから、吉原へ売りとばされようとした娘お蔦を助け、彼女をお勝のところにあずけた手前、無下に断わることも出来ず、これを引受けた。やがて、六平太と花七のコンビよろしく、捜査はトントンと進み、長崎の廻船問屋松浦屋の番頭の刺殺事件で、関係者として浮んできた茶坊主頭の宗仙の悪事が暴露された。宗仙は松の市などを使って、高利貸や、密輸、人身売買などをやらせていたのだ。六平太と花七は、バクチ場で、常連の馬さんと宗仙が勝負をしているすきに、宗仙の悪事を記した証拠書類を盗みだし、与力に逮捕状を要請した。ところが与力の安田は、それを拒否したばかりか、逆に六平太らを逮捕してしまった。それから一カ月。裁判が始った。意外にも、この裁きをする南町新奉行というのは、馬さんこと、遠山金四郎であった。金四郎は、六平太らを釈放し、参考人として呼んであった、宗仙を、逮捕した。六平太らをたくみに利用して、宗仙の悪事の証拠を集めた末の、金四郎の英断であった。...

スタッフ

監督
脚本
笠原良三
企画
川崎治直
撮影
牧浦地志
美術
太田誠一
音楽
萩原哲晶
録音
大谷巖
照明
伊藤貞一
編集
谷口登司夫
スチール
大谷栄一

キャスト

作品データ

製作年 1966年
製作国 日本
配給 大映
上映時間 81分

提供:株式会社キネマ旬報社

DVD・ブルーレイ

クレージーだよ天下無敵【期間限定プライス版】[DVD] 日本一のゴマすり男[DVD] 連続テレビ小説 こころ 総集編 第2巻[DVD] 連続テレビ小説 こころ 総集編 DVD-BOX[DVD]
クレージーだよ天下無敵【期間限定プライス版】[DVD] 日本一のゴマすり男[DVD] 連続テレビ小説 こころ 総集編 第2巻[DVD] 連続テレビ小説 こころ 総集編 DVD-BOX[DVD]
発売日:2014年11月19日 最安価格: ¥2,700 発売日:2006年5月26日 最安価格: ¥3,759 発売日:2004年4月23日 最安価格: ¥4,060 発売日:2004年4月23日 最安価格: ¥11,779
Powered by 価格.com

他のユーザーは「ほんだら捕物帖」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi