太平洋のGメン
ホーム > 作品情報 > 映画「太平洋のGメン」
メニュー

太平洋のGメン

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「恋と太陽とギャング」の石井輝男が脚本・監督を相当したアクションもの。撮影は「地獄の底をぶち破れ」の西川庄衛。

ストーリー

玄界灘で夜釣を楽しんでいた流れ者の健次は、奇妙なブイを釣り上げた。その帰り途、彼は二人の男に襲われ、ある屋敷につれ込まれた。そこへ現れた水原と名乗る男は他人に口外しないことを条件に健次に五十万円を与えた。だが出された酒を口にした健次はそのまま意識を失ってしまった。気を失ったまま走るモーターボートへ乗せられていた健次は、広上という男に救われた。翌朝、屋敷へ金を取り戻しに行った健次は、そこが新歌舞伎中村枝雀の別荘で水原などという男は居ないことを知った。土地のボス藤村をあたれという広上の言葉にキャバレークインピーを訪ねた健次は、ホステスの朱実からその男が福岡へ行ったことを聞かされた。福岡で巡業中の枝雀を訪れた健次は、偶然そこで若い男が枝雀を刺し殺すのを目撃した。だが、彼は犯人とまちがえられ危ういところを広上に救われた。五十万円出しても手に入れたい品物とは一体何か。神戸が臭いとにらんだ二人は、神戸へとんだ。健次に一目惚れの朱実もこれに加わった。推定通り、水原は取引のため神戸に来ていた。水原の取引相手の影山と陳は、水原から品物を横取りしようと企てた。それを知った広上は自分を加えろと強要した。取引の当日、広上の前に現れたのは水原ではなく子分の松本だった。水原は広上らの企みを感づいたのだ。陳の子分の拳銃が火をふき、松本の手にする袋から宝石が散乱した。その時、玄界灘から水原をずっとつけて来た宗方一味が乱入し混戦となった。逃げようとする松本。だがそこへ駆けつけた健次の拳銃に肩を射抜かれ、虫の息で枝雀殺しを自供した。ボスは横浜の松野……と言い残してこときれた松本。一方、本物の宝石を持った水原は横浜へ向った。松本のはにせものだったのだ。それを尾行して健次も横浜へ。だが横浜で水原を待っていたのは宝石を一人占めしようとするボス松野の銃口だった。翌日、単身南米行きの船に乗ろうとした松野は、健次に助けられた水原の銃弾を浴びて息をひきとった。船上では松本の子分と広上の壮烈な銃弾戦が始まった。近づく海上保安庁の巡回船。一味はついに一網打尽にされた。広上は密輸取締り官だったのだ。次の仕事で対馬へ向う広上を見送る健次と朱実の顔は明るかった。...

スタッフ

監督
脚本
石井輝男
企画
植木照男
製作
大川博
撮影
西川庄衛
美術
進藤誠吾
音楽
河辺公一
録音
加瀬寿士
照明
元持秀雄
編集
祖田富美夫
スチル
田中牧夫

キャスト

作品データ

原題 G-Men in the Pacific
製作年 1962年
製作国 日本
配給 東映
上映時間 86分

提供:株式会社キネマ旬報社

DVD・ブルーレイ

勢揃い東海道[DVD] 水戸黄門[DVD] 忠臣蔵 櫻花の巻・菊花の巻[DVD] 赤穂浪士[DVD]
勢揃い東海道[DVD] 水戸黄門[DVD] 忠臣蔵 櫻花の巻・菊花の巻[DVD] 赤穂浪士[DVD]
発売日:2016年1月6日 最安価格: ¥1,728 発売日:2016年1月6日 最安価格: ¥1,728 発売日:2011年11月1日 最安価格: ¥2,419 発売日:2003年12月5日 最安価格: ¥3,759
Powered by 価格.com
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi