静かなるドン
ホーム > 作品情報 > 映画「静かなるドン」
メニュー

静かなるドン

劇場公開日

解説

M・ショーロホフの有名な小説を映画化したもので、監督に当たったのは「リヤザンの農婦」「輝ける都会」のオリガ・プレオプラジェンスカヤ及びイワン・プラーウォフ、撮影は「帰らざる幻」「穴」のD・フェリドマンの手になるもので出演者はN・ポドゴールヌイ、R・プウジナヤ、A・グロモフ、エカテリーナ・マクシーモワ、アンドレイ・アブリコソフ、I・プイコフなど。原作者ショーロホフ自ら製作指揮に当たっている。(音響版)

ストーリー

ドン側の流域--それはコサック達にとっては彼等の祖先の輝く武勲の記念の土地である。彼等はこの豊富な土地はツァー政府がその武勲によって与えたものであると考えていたので暴君の如くふるまい土地の農夫達を虐使していた。貧しいコサックの若者グリゴリイはステパン将軍の養女アクシニヤと互いに愛し合っていたが彼女の養父ステパン将軍は、それに反対して二人の仲を裂こうとしていた。またグリゴリイの父も彼が富豪の娘ナタリヤと結婚することを望んでいたのでアクシニヤとの恋を快からず思っていた。グリゴリイは父の強請によって心ならずもナタリヤと結婚したがアクシニヤのことを忘れかね、遂にナタリヤの許を出奔しアクシニヤと手に手を取って村を逃げ出し、リストニッキイ家の召使いになって貧しいながらも楽しく暮らしていた。時あたかも欧州戦争は始まり、ロシアも出兵することになった。グリゴリイはアクシニヤに悲しい別れを告げて出征した。かねてアクシニヤの容色に心を奪われていたリストニッキイ家の若主人イエフゲニーはグリゴリイの留守を幸いに彼女の心を捉えてしまう。グリゴリイは間もなく傷ついて病院に送られた。この病院生活は、彼にドンの暴君であるコサックについて深い反省を促した。彼は静かに彼自分の周囲を見回した。彼は病院で時間を空費することが堪えられなくなった。彼は遂に病院を逃げ出し、故郷に、アクシニヤのもとに帰っていった。喜びにあふれ沢山の土産物を持って故郷に立ち戻った彼はイエフゲニーと同棲しているアクシニヤを見出した。全てに失望した。しかし新しい生活が新しい希望が彼の前に蘇ってきた。そして全ての古い生活を清算して新しい生活へ力強く踏み出していくのであった。...

作品データ

原題 The Peaceful River Don Tikhii Don
製作年 1931年
製作国 ソ連
配給 扶桑商事

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース

DVD・ブルーレイ

新・静かなるドン5[DVD] 静かなるドン 新章 Vol.1[DVD] 静かなるドン9[DVD] 静かなるドン10[DVD]
新・静かなるドン5[DVD] 静かなるドン 新章 Vol.1[DVD] 静かなるドン9[DVD] 静かなるドン10[DVD]
発売日:2006年5月26日 最安価格: ¥3,201 発売日:2011年6月3日 最安価格: ¥1,299 発売日:2004年6月25日 最安価格: ¥3,201 発売日:2004年6月25日 最安価格: ¥2,856
Powered by 価格.com

動画配信検索

以下のサービス経由で、この作品の全編を今すぐ視聴できます。

静かなるドン
静かなるドン
2010年7月23日
¥500
ビデオマーケット
※プレミアムコースの場合
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi