ジュラシック・パーク
ホーム > 作品情報 > 映画「ジュラシック・パーク」
メニュー

ジュラシック・パーク

劇場公開日

解説

最新のバイオ・テクノロジーによって現代に甦った恐竜たちを小さな島で放し飼いにしているテーマ・パークが、完全制御の不備によりおちいるパニックを描くSFドラマ。監督は「フック」のスティーヴン・スピルバーグ。製作は「生きてこそ」のキャスリーン・ケネディと「デイズ・オブ・サンダー」のジェラルド・R・モーレン。マイケル・クライトンによる同名小説(早川書房)を原作に、クライトン自身とデイヴィッド・コープが脚本を執筆。撮影は「永遠に美しく…」のディーン・カンディ。音楽は「ホーム・アローン2」のジョン・ウィリアムス(2)が担当。SFXはアメリカを代表する2大スタジオ、スタン・ウィンストン・スタジオとILMで作業がなされ、ウィンストンは実写シーンの恐竜たち、ILMは恐竜の遠景シーンのコンピュータ・グラフィックスなどを担当した。出演は「透明人間(1992)」のサム・ニール、「ランブリング・ローズ」のローラ・ダーン、「ディープ・カバー」のジェフ・ゴールドブラム、「チャーリー」の監督、リチャード・アッテンボロー、テレビ出演のアリアナ・リチャーズ、「ラジオ・フライヤー」のジョセフ・マゼロなど。

ストーリー

アリゾナの砂漠地帯で恐竜の化石の発掘調査を続ける生物学者のアラン・グラント博士(サム・ニール)と古代植物学者のエリー・サトラー博士(ローラ・ダーン)は、突然やって来たハモンド財団の創立者ジョン・ハモンド氏(リチャード・アッテンボロー)に、3年間の資金援助を条件にコスタリカ沖の孤島へ視察に来るよう要請される。視察には、数学者のイアン・マルカム博士(ジェフ・ゴールドブラム)、ハモンド氏の顧問弁護士ドナルド・ジェナーロ、それにハモンド氏の2人の孫、レックス(アリアナ・リチャーズ)とティム(ジョセフ・マゼロ)も招かれていた。島に到着した彼らの目の前に現れたのは群れをなす本物の恐竜たちだった。このジュラシック・パークは、ハモンド氏が巨費を投じて研究者を集め、化石化した琥珀に入っていた古代の蚊から恐竜の血液を取り出し、そのDNAを使い、クローン恐竜を創り出した夢のテーマ・パークだった。グラントたちはこのプロジェクトの未来に不安を感じるが、遅れて来た2人の子供たちと共に、コンピュータ制御された2台の車に分乗して国内ツアーに出かけた。一行は、病気のトリケラトプスに出会った。エリーは恐竜の様子を見るため居合わせた獣医と共にそこに残った。その頃、パークの安全制御を担当するコンピュータ・プログラマーのネドリーは、ライバル会社に恐竜の胚の入ったカプセルを売り渡すために陰謀を企てていた。ロックを解除してカプセルを盗み出したネドリーは嵐の中、東桟橋へ急いだ。同時にグラントたちの乗った車も停車してしまい、恐竜を防護するフェンスの高圧電流も止まってしまった。彼らの目の前に巨大なティラノサウルスが現れ、襲いかかってきた。ジェナーロが食われてしまい、子供たちを助けようとしたマルカム博士は重傷を負ってしまう。グラントと子供たちはフェンスの向こうへ逃げ、ヴィジター・センターへと急ぐ。ネドリーはティロフォサウルスに襲われてしまう。グラントたちを捜しに出たエリーは、マルカムを助け、ティラノに追われながらもセンターへ帰還する。システムを元に戻すため一度電源を切り、落ちたブレーカーを戻すためエリーは電気室へ。しかしそこには凶暴で知能の高い小型恐竜ヴェロキラプトルが潜んでいた。エリーは命からがら逃げ出すが、同行した警備係は惨殺される。センターにやって帰り着いたグラントと子供たちだったが、グラントが他の人たちを探しに行っている間に2頭のヴェロキラプトルが現れ、子供たちを追いかけ回す。グラントはエリーと合流し、2人と子供たちは恐竜と闘いながらコントロール・センターに入り、安全装置と通信機能を回復させるが、ヴェロキラプトル2頭についに追いつめられる。そこにティラノサウルスが現れ、恐竜たちが闘っている隙にグラントたちは、地下室に隠れていたハモンド氏やマルカムと共に島を脱出するのだった。...

作品データ

原題 Jurassic Park
製作年 1993年
製作国 アメリカ
配給 ユニヴァーサル映画=UIP

提供:株式会社キネマ旬報社

受賞歴

第17回 日本アカデミー賞(1994年)

受賞
外国作品賞  

第66回 アカデミー賞(1994年)

受賞
視覚効果賞  
音響賞  
音響効果編集賞  

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
3.9 3.9 (全39件)
  • リアル いつ見ても、心が踊る作品の一つです。 恐竜がとてもリアルです。 ...続きを読む

    gun gunさん  2016年9月28日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 一大恐竜ブームの火付け役 わたくしが映画が好きになったきっかけとなったとてつもなく思い入れが強い作品です。 アニマトロニクスを駆使してあたかも本当に生きてんじゃね⁉︎ え⁉︎え⁉︎ これ生きてんじゃね~! しゅごーーーい... ...続きを読む

    アンドゥ アンドゥさん  2016年8月20日  評価:5.0
    このレビューに共感した/0人
  • ●恐竜たちがリアル。 恐竜たちがリアル。映画館で観たかった。恐竜の血液のDNAを使って、クローン恐竜を創り出す。これをテーマパークにするってあたりがいかにもアメリカ人らしい。サファリパークの恐竜版なのだろう。これはこ... ...続きを読む

    うり坊033 うり坊033さん  2016年6月29日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

動画配信検索

以下のサービス経由で、この作品の全編を今すぐ視聴できます。

ジュラシック・パーク (吹替版) ジュラシック・パーク(日本語吹替版) ジュラシック・パーク (字幕版) ジュラシック・パーク
ジュラシック・パーク (吹替版) ジュラシック・パーク(日本語吹替版) ジュラシック・パーク (字幕版) ジュラシック・パーク
2013年11月26日 2013年12月28日 2014年8月25日 2016年2月24日
¥400 ¥300 ¥300 ¥1,990
Amazonビデオ iTunes iTunes U-NEXT
※プライム対象 ※31日間無料

「ジュラシック・パーク」シリーズ関連作品

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi