二人の殺し屋
ホーム > 作品情報 > 映画「二人の殺し屋」
メニュー

二人の殺し屋

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

ピエール=ビアル・レスーの原作を、ラウール・J・レヴィが製作・監督・脚色したアクション篇。撮影はラウール・クタール、音楽はユベール・ロスタンが担当した。出演はヘンリー・シルバ、ジャック・クラッグマン、エルザ・マルティネッリほか。

ストーリー

建設会社々長ルイドーサは、建設工事の不正利益の追求をうけて投獄され、上院特別調査委員会の査問をうけることになった。委員会は証人として、マルセイユに住むアメリカ人ルディに出頭を命じた。彼の正直な証言をおそれた建設会社の経営陣は二人の殺し屋シャフト(H・シルバ)とフィル(J・クラッグマン)をやとい、ルディを消すことを命じた。特にフィルは、ルディに個人的なうらみがあるからと、この殺しを買ってでたのだ。二人が出発した直後、ニューヨークではルイドーサが釈放されたので、もはやルディを消す必要がなくなった。殺し屋のボス、ハイマンは中止を伝えるべく秘書に二人の殺し屋の後を追わせた。殺し屋たちの泊っているはずのホテルに来た秘書は二人の姿を発見できず、やむなくルデイの事務所をたずねた。しかし、気の早いルディは、彼に説明のチャンスもあたえず、その場に殴り倒してしまった。日曜日の朝、ルディは狩猟に出かけたが、彼の女友だちシルビア(E・マルチネリ)が、ささいなことから嫉妬して帰ってしまった。そんなところへ二人の殺し屋がルディを追ってやってきた。秘書が倒されたので、殺し中止の報を知らないシャフトとフィルはルディにとびかかった。しかし、フィルはルディに個人的なうらみを持っていたのではなく、二人は昔の友人だった。それ故フィルは、この殺しを中止すべくついてきたのであった。これを知ったシャフトはルディを殺してしまい、怒ったフィルはシャフトに拳銃を向けた。ただひとり生き残ったフィルの胸には、友人と仲間を失ったむなしさだけが残るのだった。...

作品データ

原題 Hail! Mafia
製作年 1966年
製作国 フランス・イタリア合作
配給 タイヘイフィルム

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi