戦火を越えて(1965)
ホーム > 作品情報 > 映画「戦火を越えて(1965)」
メニュー

戦火を越えて(1965)

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

スリコ・ジゲンティの脚本をレゾ・チヘイゼが監督した戦時のヒューマニズムドラマ。撮影はレフ・スーホフとアルチール・フィリパシビーリ、音楽はスルハン・ツィンツァーゼが担当した。出演はゼルゴ・ザカリアーゼ、ケテワン・ボチョリシヴィリ、ウラジミール・プリワツェフ、アレクサンドル・レベデフほか。

ストーリー

ゲオルギー(S・ザカリアーゼ)は戦車隊の将校の息子から、負傷して入院したという手紙をうけとり、病院まで逢いに行こうと決心した。長い長い旅を続けて病院に着いたが、息子はすでに傷が癒え、戦線に復帰した後という。彼はあまり遠くないところに戦車部隊がいると聞かされ、そこまで行こうとした。が、そこは旅行証明書が通用せず、独軍の進攻で危険だった。貨物列車にもぐりこんだが失敗、頼みこんで一兵士となって部隊に正式に編入され、人気者になった。白い吹雪の戦場でついに敵勢を追い払った。さらに西へ進撃、とある橋の上に部隊がさしかかったとき、息子がその橋を渡ったことを記した白墨の文字を見て、ゲオルギーは雀躍した。息子に会える日も近い。しかし、その前にもう一度市街戦をしなければならなかった。大きな建物の三階に味方が封じこめられているのだ。そして、その三階に息子のいることを知った。父と子は二階の独兵を忘れて、一階と三階で、独ソ両軍で、話しあって作られた休止時間に話をした。そのとき、独軍は申し合わせを破って攻撃を始めた。ゲオルギーは先頭に立って突撃し、一気に三階に駆けのぼった。しかし、そこには敵弾に斃れた息子の姿があった。...

作品データ

原題 Soldier's Father Otets soldata
製作年 1965年
製作国 ソ連

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi