危険な関係(1959)
ホーム > 作品情報 > 映画「危険な関係(1959)」
メニュー

危険な関係(1959)

劇場公開日

解説

コデルロス・ド・ラクロの古典小説をジェラール・フィリップとジャンヌ・モローの共演で映画化した恋愛映画。「バーバレラ」「悪徳の栄え」のロジェ・バディム監督が、原作の18世紀フランス貴族社会を製作当時の現代パリの上流社会に置き換え、互いの恋愛を報告し合う夫婦の退廃的な官能美を、スタイリッシュなモノクローム映像とモダンジャズに乗せて描いた。社交界でもひときわ注目を集めている外交官夫妻のバルモンとジュリエットだったが、実際の2人は互いの情事の成果を報告しあうという奇妙な夫婦関係を続けていた。ある時、ジュリエットは愛人だったアメリカ人のコートが18歳のセシルと婚約したことを知り、嫉妬心からバルモンにセシルを誘惑するよう持ちかける。セシルを追って冬のリゾート地まで来たバルモンは、そこで貞淑な人妻マリアンヌと出会い、本気になってしまう。1959年に製作され、日本では61年に劇場初公開。2018年、4Kデジタルリマスター版でリバイバル上映。

作品データ

原題 Les liaisons dangereuses 1960
製作年 1959年
製作国 フランス
配給 セテラ・インターナショナル
日本初公開 1961年5月1日
上映時間 110分
オフィシャルサイト  

他のユーザーは「危険な関係(1959)」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi