ブルーエンゼル
ホーム > 作品情報 > 映画「ブルーエンゼル」
メニュー

ブルーエンゼル

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

大空に壮麗なジェット飛行を展開するフライング・チーム〈ブルーエンゼルス〉の世界一周デモンストレーションを描くドキュメンタリー。製作・監督はポール・マーロー、脚本はフランク・ハーバート、撮影はデイヴィッド・ガードナー、音楽はフレッド・マイローが各々担当。日本語版監修は清水俊二。イーストマンカラー、ビスタサイズ。1974年作品。

ストーリー

世界一の航空技術とフォーメーションの美しさで知られるアメリカの飛行チーム〈ブルーエンゼルス〉は、スカイ・チャレンジャーの頂点をいくグループだ。Fー4Jファントムの6機編成で、それこそ神技をこえる見事な実演を大空に展開する。チーム・メンバーの名はハーレー・ホール、ケヴィン・オマラ、ジム・マロウスキー、アーニー・クリステセン、スティーヴ・シューメーカー、スキップ・アムステッドの6人。いずれも長身のハンサム・ガイだ。世界一周の実演旅行へ出発の日彼らはFー4Jファントム機に搭乗し、凄まじい爆音と共に滑走路を飛び立っていく。陽炎の向こうにまるで蜃気楼のような機影の奇跡的な美しさ。晴れわたった大空。そこに一分の誤差も許されない4機の超密集編隊飛行と、2機による超低空高速すれ違い飛行がスリリングにくりひろげられる。ほんのわずかのミステイクでも、たちまち死につながってしまう恐るべき緊迫危機。続いて地面スレスレの背面飛行、めまぐるしく機体を回転させるドリリング・フライなどあらゆる高度なテクニックが惜しげもなく叩き出る。こうして最初のアクロバット飛行を成功させた6機は無事に着陸し、大きな拍手をあびた。ふたたび生と死のギャンブルに挑む〈ブルーエンゼルス〉のデモンストレーション飛行が開始される。ここは灼熱のメキシコ。雷雨があがったばかりの大空に6機による超密集編隊飛行がスタート、つづいて4機にヴァリエーション、外れた2機が凄まじい轟音を発して、超低空交錯、背面飛行をダイナミックに演じ分ける。パイロットの表情が極度の危険によってひきつったように歪み、互いの交信の言葉が思わず昂ぶってわななく。1機の脚が出ない。遂に胴体着陸を決意。エアポートは直ちに万全の事故対策の態勢を整える。こうしてメキシコでの一大デモンストレーション飛行をクライマックスに〈ブルーエンゼルス〉は再び世界一周の旅へと、休む間もなく飛んでいく。人間が成し得る最も素晴らしいものを求め、究極の限界へのチャレンジに身を投じながら。(東宝東和配給1時間35分)...

作品データ

原題 Blue Angels
製作年 1974年
製作国 アメリカ
配給 東宝東和

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi