猫とカナリヤ
ホーム > 作品情報 > 映画「猫とカナリヤ」
メニュー

猫とカナリヤ

解説

ドイツに於いて「裏町の怪老窟」を作って一挙に名声を高めたパウル・レニの渡米後第一回監督作品で戦慄に満ちた探偵劇である。原作はジョン・ウイラードの舞台劇で数年前米英両国に於いて好評を得たもの。それをアルフレッド・A・コーンが映画脚色した。主役は「恋愛保険」「混線脱線スターは誰だ」等出演のローラ・ラ・プラントで、「赤ん坊万歳」「爆笑七日間」等出演のクレイトン・ヘール、「禁断の果実」[武士道華やかなりし頃」出演のフォーレスト・スタンリイ氏が共演し、タリイ・マーシャル、ガートルード・アスター、アーサー・エドモンド・カリュー、マーサ・マトックス、ジョージ・シーグマン、ルシアン・リトルフィールド等が助演している。

ストーリー

奇人と言われたサイラス・ウエストの死後20年その親族たちは不気味な古色蒼然たるウエスト邸に集まって夜中12時を期して故サイラス翁の遺言状を披見した。当然遺産の分与を受けることと予期していた親族の者たちは、意外にも故人の遠縁に当たる美しいアナベル・ウエストが唯一の遺産相続人と指定され、他の者は悉く除外されたので大変に口惜しがった。しかしアナベルは健全なる精神の所有者であることを立証しなければならぬという条件があった。遺言状が読み上げられて後のウエスト邸ではアナベルが中心に奇怪なる戦慄すべき出来事が、次から次へと起こった。そのために彼女は殆ど理性を失ってしまいそうな状態になった。けれどもアナベルを深く愛している青年ポオール・ジョーンズが勇気を奮い起こして活躍し遂に不可解な事件を合理的に解決することが出来た。そして悪計を廻らしていたのは、意外にも美人らしい仮面を被っていたチャールズ・ワイルダーであった。...

作品データ

原題 The Cat and the Canary
製作年 1927年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

動画配信検索

以下のサービス経由で、この作品の全編を今すぐ視聴できます。

猫とカナリヤ 猫とカナリヤ
猫とカナリヤ 猫とカナリヤ
2013年12月27日 2009年7月17日
¥308 ¥500
DMM.com ビデオマーケット
※プレミアムコースの場合

他のユーザーは「猫とカナリヤ」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi