大台風
ホーム > 作品情報 > 映画「大台風」
メニュー

大台風

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「震天動地」「驀進列車」等の原作者として映画界にも有名な米国の劇作家リンカーン・J・カーター氏の原作に成る同名の舞台劇に基づき、グラント・カーペンター氏が脚色し、「人類の心」「ニューヨークの寵児」等と同じくキング・バゴット氏が監督の任に当たった。主役は「嵐」「人類の心」等ジウエル映画に主演したハウス・ピータース氏で、相手は「恩愛のむち」「バタフライ」等出演のルース・クリフォード嬢。その他「想い出懐かし」「虚栄地獄」等出演のリチャード・タッカー氏、「バグダッドの盗賊(1924)」「ロジタ(1923)」等出演のスニッツ・エドワーズ氏等が共演している。劇のクライマックスたる最後の大台風が物凄まじいそうである。

ストーリー

人里離れた山中で荒れくれた樵夫達を指揮しているジャックというおとこあった。人々は彼を「大台風」と呼んでいたが、彼は一日小説家のロス・トラヴァースとその妻ルスに偶然会った。大台風とルスとはかつて恋仲であったが、彼が世界大戦に出征中、同じく戦場にあったトラヴァースは卑劣にも帰国後ジャックは戦死したと言ってルスを妻とした。ジャックはトラヴァースの卑怯な行いの為に独軍に捕らえられていたのである。ルスはその真相を知り、夫の卑劣に愛想を尽かしたが、トラヴァースはこの地を去ろうとした。突然大暴風雨が襲来して材木の堰が切れた時、「大台風」は命を賭して破壊されようとする町を救ったが、彼は激流を材木に乗ったまま下流に押し流されて鉄橋にその材木は衝突して鉄橋を破壊する。トラヴァースとルスがこの地を去ろうとして乗った列車は激流に墜落して、トラヴァースは溺死したが、ルスは「大台風」の決死的な努力で救われた。ルスは自由の身となった。運命の神の心であると、二人は相抱いて喜びに泣いたのであった。...

作品データ

原題 The Tornado
製作年 1924年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi