アニメ界の新星・新井陽次郎&石田祐康、注目スタジオ発「台風のノルダ」での挑戦 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年6月6日 > アニメ界の新星・新井陽次郎&石田祐康、注目スタジオ発「台風のノルダ」での挑戦
メニュー

アニメ界の新星・新井陽次郎&石田祐康、注目スタジオ発「台風のノルダ」での挑戦

2015年6月6日 13:20

スタジオコロリドの新井陽次郎、石田祐康「台風のノルダ」

スタジオコロリドの新井陽次郎、石田祐康
[拡大画像]

[映画.com ニュース]スタジオジブリ出身の新井陽次郎、学生時代に発表した自主制作の短編アニメ「フミコの告白」「rain town」で評判を得た石田祐康というスタジオコロリドの若手注目株がタッグを組んだ新作「台風のノルダ」。ふたりが「挑戦だった」と口をそろえる本作は、文字通り“台風”のような勢いでスタジオに変革をもたらそうとしている。

石田が監督を務めた短編「陽なたのアオシグレ」に続く、スタジオコロリドの劇場公開第2作となった本作。短編でありながら東宝映像事業部配給による全国公開、人気若手俳優・野村周平の声優起用など、期待値の高さがうかがえる。物語は、ふたりの野球少年・東と西条の仲たがいから始まる。やがてふたりの暮らす島に巨大台風が上陸し、東は不思議な少女ノルダと出会う。

コロリド作品といえば、小学生など幼い子どもを扱ったやわらかいタッチのアニメが代表的だ。しかし、新井は「年齢高めのキャラクターを描くことで、スタジオのスキル向上にもつながると思った」とステップアップを図る。もともと、ふたりのアニメの入り口は「絵を描き始めた中学生の頃『エヴァンゲリオン』の貞本義行さんが好きで、わりとリアルな等身のキャラクターを描いていた」(石田)、「宮崎駿さんや吉田健一さんが描く一枚絵にあこがれてアニメを始めた」(新井)ことだったが、アニメ制作の中で動きをつけやすい子どもにフォーカスしていたふたりにとって、「生っぽい中学生」は大きなチャレンジとなった。

さらに、「楽しく描けることがアニメーションの気持ち良さにつながるので、今までは『楽しく描く』をコンセプトにしていた」現状に対し、新井は「ドラマを描いてみたい」と挑戦。丹念に場面を描くことで、物語として説得力を持たせていった。作画監督を務めた石田は、「こういうものが描きたいから描こう」という「アニメを描くためのドラマ」だったものが、「ドラマのために必要とされる絵を描く」ことにシフトしたと振り返る。


「台風のノルダ」の一場面「台風のノルダ」

「台風のノルダ」の一場面
(C)2015 映画「台風のノルダ」製作委員会
[拡大画像]

「『アオシグレ』や『ポレットのイス』よりもテーマが大きく、暗めの画面で思春期の酸いも甘いもシリアスなことも、求められることはちゃんと描かないといけないので、アニメーション以前にちゃんと絵が描けるかどうかが要求されたんです。今までのコロリドの作品で描きなれていたところから離れて苦労しました」(石田)

新たなキャラクター像、3DCGといった技術面、そして絵の作り方――スタジオジブリで経験を積んだ有望株・新井が考えるコロリドの課題だ。「テレビアニメだとさっとパース線だけ描いて、あとは美術さんにお願いしてしまうことが多いんですが、ジブリの方のレイアウトはすごくしっかり描かれているんです。そういったものは、ジブリで見てきたことを受け継いでいるのかな」と大きな資産となっているようだ。そんな新井に対して、石田も「ひとつひとつ丁寧に描ききる努力を惜しまないところが、ジブリの人が受け継いでいる血脈なのかなと思います。自分だったら『このくらいでいいだろう』と判断するところも、『このくらいやりたい』という感じなんです」。

「宮崎さんやジブリはモブキャラをしっかり描くという方針でやっていて、僕もそれを受け継ぎました。そこに面白みがあると思っているので、主人公以外もちゃんと描くことで、世界観がもうちょっと広がると思います」。しかし、モブキャラクターも「生徒たち全員を物語があるように、そこに生きている人たちを描きたい」と考えていた新井にとって、レイアウトへのこだわりと時間との戦いには葛藤(かっとう)もあった。「モチーフを多くしてしまうと収拾がつかず、説明も疎かになってしまう」と話しながら、「今回やりきれなかったことをいかして次につなげたい」と新たなステップを目指す。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi