「252/生存者あり」で、伊藤英明“親子”が仲良く舞台挨拶 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年12月1日 > 「252/生存者あり」で、伊藤英明“親子”が仲良く舞台挨拶
メニュー

「252/生存者あり」で、伊藤英明“親子”が仲良く舞台挨拶

2008年12月1日 12:00

初の父親役に挑んだ伊藤の 父親オーラに女性ファンは…「252 生存者あり」

初の父親役に挑んだ伊藤の
父親オーラに女性ファンは…
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 震度5強の直下型大地震や東京湾直撃の巨大台風に見舞われた首都・東京を舞台に、レスキュー隊による壮絶な救出劇と、親子愛、夫婦愛、兄弟愛を描いたパニック映画「252/生存者あり」(水田伸生監督)の“親子試写会”が11月30日、東京・豊洲のユナイテッドシネマ豊洲にて行われ、主演の伊藤英明と妻役の桜井幸子、娘役の大森絢音が挨拶した。

伊藤ら3人は、本当の親子のように仲良く手をつないで登場。伊藤は客席の親子連れに「僕自身、初めて父親と見た『トップガン』はいまだに忘れられない思い出。皆さんにもそんな思い出ができたら」とさわやかにコメント。初の父親役については「父親の芝居は難しかったが、絢音ちゃんがしっかりしているので」と大森の演技力を絶賛。「彼女の本当のお父さんと同い年なんですよ。このぐらいの子供がいてもおかしくないんですよね」と話すと、会場の女性ファンからため息がもれた。

その後、慣れた手つきで大森を抱きかかえ、マスコミによるフォトコールに応じた伊藤。握手を求めて押し寄せる女性ファンにも快く応じるなど、落ち着いた態度で父親オーラをかもし出しつつ、「災害を前にして人間は無力だが、家族が手を取り合えば何とかなる。大事な人と見てほしい」と、招待された200組400名の親子に向けてメッセージを送った。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi