異教徒
ホーム > 作品情報 > 映画「異教徒」
メニュー

異教徒

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「南海の白影」に次ぐW・S・ヴァン・ダイク氏の監督作品で「導火線」のジョン・ラッセル氏原作のストーリーから「情炎の美姫」「明眸罪あり」のドロシー・ファーナム女史が脚色したもの。主役を演ずるのは「思い出」「大飛行艦隊」のラモン・ノヴァロ氏で、「コサック(1928)」「旅役者」のルネ・アドレー嬢、「北欧の海賊」「シャーロック・ホームズ(1929)」のドナルド・クリスプ氏、「キット・カーソン」のドロシー・ジャニス嬢等が助演。キャメラは「南海の白影」「冒険児」等のクライド・デ・ヴィナ氏が担任。

ストーリー

洋々たる紺碧の海に浮ぶ南洋の一小島、そこには椰子が実り、珍しい果実が豊富に、大自然の姿そのままに未だ文明の波の影響を受けぬ平和な天地であった。しかし白人の往来漸く繁くなり、貿易船が時折訪れるようになった。島には白人との間に生まれたハーフのヘンリー・シュースミスが豊かな財産を持って怠惰の日を送っていた。この島に流れ着いたアドレは闇に咲く女であるがヘンリーに想いを寄せていた。しかし彼には恋する乙女がいた。白人貿易商のスレーターの養女ティトで、狡猾なスレーターは巧みにこれを利用して法律に無知な彼からココナッツの採取の承諾を得、ついには独占権を譲るとの証書に署名をさせた。彼はヘンリーを説いて商売をさせ、繁盛すれば娘をやらぬものでもないと言ったので怠け者のヘンリーはそれを唯一の楽しみに商売を励んだが、何も知らぬヘンリーは徒に銀行から多額の金を借りだすばかりであった。然るにその金はすべて悪辣なスレーターの手から出ていたのでついに家も財産も彼のために奪われてしまった。その上に野心を持っているスレーターは彼にティトを渡すのがいやさにティトと結婚せんとするが、ヘンリーは彼女を奪って山中の小屋に逃れた。しかしティトは間もなくスレーターの一味に捕えられ船に連れ戻された。ヘンリーはこれを知って彼らの跡を追い船に泳ぎついた。そこには汚れた女アドレもいた。ヘンリーはスレーターと格闘してティトを救い、二人は泳いで逃げると、スレーターがボートで必死と追いかける。その時突如鮫が現われ危機身に迫ったので、彼らは詮方なくボートの方に泳ぎ戻ってきた。スレーターはティトだけを救いヘンリーを亡き者にせんとしたが、彼は巧みにこれを避けつつ隙を見てボートに乗り移る刹那、ボートが傾き、スレーターは過って海中に落ち却って鮫の餌となった。かくてヘンリーとティトの上に幸福がもたらされた。...

スタッフ

監督
脚色
ドロシー・ファーナム
原作
ジョン・ラッセル
撮影
クライド・デ・ビナ

作品データ

原題 The Pagan
製作年 1929年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi